お金借りるなら安心のカードローン審査情報まとめ
マネナビは、借り入れするときの不安や疑問と徹底的に向き合って作成されたサイトです。自分が審査に通るのか?誰にもバレずにお金が借りれるか?など、お金を借りる人の様々な不安を解消します。どなたでも安心してお金が借り入れできるように努めさせていただきます。
こちら

どこよりも正確に!どこよりも分かりやすく!どこよりも審査情報に網羅する!を、モットーに心を込めて作られたサイトです。参考にしてください。

お金を借りる方法

お金を借りるには多種多様な方法がありますが、その中でもおすすめは銀行カードローンで借り入れされることです。

カードローンは金利がかかるものの、即日即金でお金が手元に入ります。

家族や知人(親・友人・会社・彼氏彼女)からお金を借りる

家族や知人にお金借りるのイメージ画像

親・友人・会社・彼氏・彼女からお金を借りることが最も身近な選択肢といえますが、借り入れがしやすいのと同時に金銭トラブルが起きやすい方法でもあります。

それが家族間のお金の貸し借りであっても、金銭トラブルを防ぐためにお金を貸したことを証明する「借用証(借用書)」の作成を要します。

借用書の法的な効力を持たせるには、いくつかの決まりごとを守る必要があり、後から金銭トラブルに発展する可能性も考えられるため、実現性の低い方法といえます。

国から融資を受ける

国からお金を借りるのイメージ画像

公的制度を利用すれば国からほぼ無利子でお金を借りることができますが、この方法には時間と手間がかかるデメリットがあります。

市役所を通しての手続きとなりますので、どうしてもやり取りに時間がかかり、手元にお金が入るまでに最短でも1ヶ月を要します。

郵便局(ゆうちょ銀行)でお金を借りる

郵便局のイメージ画像

ゆうちょ銀行には「定額貯金」や「定期預金」などを担保にお金を借りることができる、貯金担保自動貸付けという借入方法があります。

借入限度額は、定期預金額に利息をプラスした金額の90%以内となり、1冊の通帳につき最高300万円までとされています。

ただ、ゆうちょ銀行の普通預金を利用しているだけでは貸付が受けられず、担保なしの借り入れが不可なのがネックです。

「結論」お金を借りるなら銀行カードローンがおすすめ

お金を借りるなら銀行カードローンがおすすめ

金銭トラブルなしで、即日即金の借り入れするなら、カードローンをおすすめします。

ここまでお金を借りる主方法を例示しましたが、その中でも銀行カードローンは、無担保で即日借り入れがおこなえるので大変便利です。金利が低く、誰もがキャッシングしやすいメリットもあります。

即日即金 担保・保証人 金利が安い 安心
カードローン 最短60分 不要 最大180日無利息 安心
家族・知人から借りる 可能 不要 無料 金銭トラブル
国から融資を受ける 不可 必要 金利1%未満 安心
郵便局で借りる  可能 必要 約定金利+最大0.5% 安心

即日即金!今すぐお金が借りられる安心のカードローン

カードローンのイメージ画像

以前まで、低金利でお金が借りられるという理由から銀行のカードローンをおすすめしていましたが、現在において銀行の借り入れは審査厳格化の状態にあります。

当サイトでは、まず審査に通過することが重要だと考えていますので、貸付に対して積極的な消費者金融での借り入れを強くおすすめします。

今すぐ借りたい!即日融資ならプロミス

プロミスのイメージ画像

プロミスは、土日や祝日でも最短1時間でキャッシングがおこなえます。

プロミスは申込みから借り入れまでのスピードが速いだけでなく、さらにweb申込後に急ぎでキャッシングしたいという旨を伝えると優先的に審査をおこなってもらえます。

即日融資に対してとても積極的な姿勢にありますので、今すぐお金を借りたい人におすすめのカードローンです。

プロミスの公式サイトはこちら

さらに借りたい!借り換えならアイフル

アイフルのイメージ画像

アイフルは、借り換え専用のローンプラン「かりかえMAX」で、年収3分の1を超える融資に対応してもらえます。

アイフルの借り換えプランは特徴的で、今よりも確実に金利が下がるローンプランを提案してもらえるのです。

アイフルの借り換えは、web申込後に「借り換えしたい」という旨を伝えると詳しい説明がされます。

アイフルの公式サイトはこちら

利息を抑えたい!無利息ならレイク

レイクのイメージ画像

新生銀行カードローン レイクには、「30日間」「5万円まで180日間」の選べる2つの無利息サービスがあり、これが最特徴とされています。

極端にいえばレイクの30日間無利息を選択し、翌月までに返済をすれば、たとえ100万円の借り入れであっても利息0円でお金が借りられるのです。

レイクの審査時間は「申込み完了画面に表示」されるので、60分ほどで利用限度額内のキャッシングがおこなえるようになります。

レイクの公式サイトはこちら

キャッシングの不安要素を解消!安心のカードローンの条件

カードローンのイメージ画像

これから初めてカードローンを利用するにあたり、いくつか不安要素や疑問点があると思います。

低金利・無利息のカードローンを選ぶ

即日融資できるカードローンを選ぶ

電話連絡・郵送物なしのカードローンを選ぶ

金利が安い 即日融資 郵送物なし
アイフル 無利息あり 可能 対応してもらえる
プロミス 無利息あり 可能 対応してもらえる
レイク 無利息あり 可能 対応してもらえる

上述で紹介しているカードローンは、これら3つの条件を満たしており、即日即金だけでなく安心要素も兼ね備えています。

金利が安い(低金利・無利息)

かつて低金利といえば銀行のカードローンといわれていましたが、最近では無利息サービスを展開する金融機関が増えており、消費者金融も銀行のカードローンも金利の安さにほとんど差異がないと言われています。

中でも、レイクは5万まで180日間無利息でキャッシングサービスが受けられます。

銀行のカードローン=低金利?

銀行カードローン 年14.0%〜18.0%
消費者金融系 年17.8%〜18.0%
短期的な借り入れには無利息のカードローンがおすすめ

5万の借り入れを半年間した場合

最低金利の銀行カードローン 2,058円(利息)
消費者金融系(レイク) 0円(利息)

いずれの借り入れにおいて金利がそこまで変わらないにも関わらず、「銀行=低金利」というイメージが消費者間で根付いており、これに各メディアやFPが警告を鳴らしているほどです。

銀行でも消費者金融でも、カードローン自体にそこまで金利差はありません。無利息であればより得!という認識を持っておくといいでしょう。

無利息期間の選べるレイクで借りてみる

即日キャッシングができる

プロミスは、来店不要で早ければ60分でキャッシングできます。

お金が必要と考える人の多くが、今すぐお金を借りたいと思っているのではないでしょうか。

明日食べるお金もない状態において、即日即金で借り入れできるカードローンは、なお利便性が高いといえます。

融資スピードが早いのは消費者金融

銀行カードローンは、審査スピードが早くなりつつあるものの、やはり融資速度は消費者金融のほうがスピーディーです。

銀行カードローン 早くて90分〜120分
消費者金融 早くて60分

銀行カードローンは、審査ノウハウが高い消費者金融に保証業務を委託しているため、審査回答が得られる時間にそこまで差異はないものの、書類などのやり取りに時間がかかり結果早くても90分を要します。

消費者金融は、審査スピードが早いのはもちろん、融資までのやり取りが最小限化されており早々にお金が手元に入ります。

融資スピードが早いプロミスで借りてみる

家族や会社に内緒で借り入れができる

結論からいいますと会社への電話自宅への郵送物なしでキャッシングしたいなら、アイフルでお金を借りる必要があります。

会社への電話(在籍確認)なしの借入方法

カードローンは審査時に、在籍確認という勤務しているかどうか確認するための電話連絡がされます。

カードローン会社から勤務先に電話がかかってくるわけですから、これをネックに思う人も多くいると思います。

在籍確認の電話のイメージ画像

アイフルでは在籍確認が難しい状況において、web申込後にその旨を伝えると電話ではなく在籍していることが確認できる書類提出で、この工程をクリアできます。

自宅への郵送物なしの借入方法

自宅に届く郵送物が原因で、カードローンの利用が家族にバレてしまうケースが多発しています。

自宅への郵送物を避けるには、当然ながらカードローン専用のキャッシュカードや契約書類が送られてこない金融機関で借り入れをする必要があります。

カードローンの郵送物のイメージ画像

アイフルなら、web申込時に「家族に内緒で借りる」という郵送物の受取り方法が選択でき、自宅への郵送物なしの借り入れに対応してもらえます。

電話・郵送物なしのアイフルで借りてみる

お金を借りたいけど審査に自信ない!審査に通らない可能性はある?

カードローンでお金を借りるには、一定の安定した収入と、20歳以上の年齢制限を満たしている必要があります。

カードローンの貸付条件

  • 一定の安定した収入がある
  • 20歳を超えている

このような貸付条件を満たしていれば、一般的に働いている人はもちろん、主婦・学生、年金受給者でもキャッシングが可能です。

主婦でもパート収入があれば借り入れできる

主婦において、パートなどにより一定の収入と年齢規制、いずれの条件も満たしていれば借り入れがおこなえます。

専業主婦なら銀行カードローンがおすすめ

専業主婦は、配偶者に一定の安定した収入があれば借り入れがおこなえます。

ただ、法規制により消費者金融では借り入れすることができませんので、専業主婦でキャッシングをするなら、総量規制対象外の銀行カードローンを選択するのが適切です。

学生でもアルバイト収入があれば借り入れ可能

学生でもカードローンで借り入れがおこなえますが、アルバイトなどによる一定の安定した収入と年齢規制などの借入条件を満たしている必要があります。

未成年者なら学生ローンがおすすめ

法律では未成年者でも婚姻していれば成年者として扱われるとなっていますが、 消費者金融や銀行のカードローンのほとんどが未成年者(20歳未満)への貸付けをおこなっていないのが現状です。

年齢制限を満たしていない場合においては、20歳を超えるまで待つか、20歳未満でも借り入れができる学生ローンの利用をおすすめします。

無職なら公的融資がおすすめ

カードローンは一定の安定した収入があること、が前提条件されていますので、残念ながら無収入において借り入れができません。

無職でお金を借りたいなら、国からお金を借りる「公的制度(生活福祉資金貸付制度)」を利用されてはいかがでしょうか。一時的に必要資金を援助してもらえます。

お金を借りたいけど審査に通らない!どうすればいい?

キャッシング審査に通らないのイメージ画像

カードローンの借入条件を満たしており、それでも審査に通らない場合においては次の方法が有効だと考えられます。

  1. 親からお金を借りる
  2. 国からお金を借りる
  3. 他社のカードローンへ申し込む

1、2の方法が難しいようであれば、より難易度の低いカードローン会社へ申し込みをされてはいかがでしょうか。

カードローン会社により、やや審査の難易度が異なってきます。

審査通過率の高いカードローンを選択する方法

各カードローン会社には、次のような成約率(審査通過率)が掲示されています。

各金融機関の審査通過率

アイフル 47.3%
プロミス 43.9%
レイク 36.6%

※2017年上半期のIR情報より

銀行カードローンのレイクよりも、アイフルなどの消費者金融のほうが審査通過率が高いという結果が出ています。

他社のカードローンへ申し込みをされる際には、アイフルのような成約率が高いカードローンへ申し込みされるのがベストです。

キャッシング審査に通過するコツ

申込情報は、正しく入力しましょう。虚偽の申告データは審査落ちの原因となります。

  • 返済能力内で借り入れする
  • 勤続年数が長い
  • 短期間に2社以上申し込みしない

キャッシング審査で重視されるのは、「履行遅滞(過去の返済履歴)」です。

過去5年間のクレジットカードや携帯電話料金の返済実績が優秀な人は、キャッシング審査に通過する可能性が十分にあるといえます。

返済能力内で借り入れする
お金の貸し借りは、信用取引によって成り立ちますので、支払能力が見込まれない人への貸付けはおこなえません。

返済できないような極度額を超える金額の要求は、貸し倒れリスクがあると誤判断されてしまうかもしれません。

借入したい金額ではなくて、返せる範囲の金額でお金を借りましょう。

※極度額は借入できる限度額の範囲を表します。借入希望が50万円だったとしても極度額が30万円の場合は、30万円までしか借入ができません。

勤続年数が長い
勤め始めて日が浅い人は、審査に落ちる傾向があります。とくに銀行カードローンは、勤続年数を重視してみています。

まだ働いて数ヶ月しか経過していなかったり、在籍が固定でなかったり。勤続年数が短い場合においては、銀行カードローンと比べると審査に通りやすい消費者金融でキャッシングすることをおすすめします。

短期間に2社以上申し込みしない
1ヶ月間に3社以上の申し込みは「申し込みブラック」になり、審査に通りづらくなります。

審査に通った場合でも、借入限度額が10万円以下のケースが多いです。

「どこが良いかわからないから、とりあえず申し込んでみよう」とか、「とにかくお金が必要だから色々申し込んでみよう」と、いったことは辞めましょう。

過去の返済履歴が優秀な方でも、信用を失って借入できる可能性がグッと下がります。

ポイント

審査に自信がないなら、積極的な融資が期待できる消費者金融でキャッシングしましょう。

キャッシング審査の必要書類について

基本的にカードローンは、身分証明書のみで借り入れがおこなえますが、次のような条件に当該する場合においては、身分証明書と合わせて収入証明書の提出が必要になります。

身分証明書類
運転免許証、健康保険証、パスポートなどのいずれか1点
収入証明書類
源泉徴収票、支払調書、年金通知書、青色申告決算書、確定申告書、収支内訳書、納税通知書、所得証明書、年金証書、給料の支払明細書などのいずれか1点

現在の銀行カードローンは厳格審査の姿勢にありますので、少しでも不安要素が見られたり、複数業者からのキャッシングしていたりすると、収入証明書の提出を求められます。

収入証明書類が必要になるケース

  • 消費者金融は借入合算額が100万円を超える場合
  • 銀行カードローンは1社からの借入額が50万円を超える場合

審査に落ちてしまい、もう1度、同じ金融業者から申し込みをする場合

審査落ちをして、もう1度、同じ金融機関から申込をする場合は、6ヶ月以上期間を空けてから申し込みをしましょう。

金融業者は、個人情報保護法の保有個人データによって、6ヶ月以内に個人データを削除することが義務付けられていますので、半年を経過すれば顧客情報が削除されます。再度、申し込みをすることが可能です。

お金を借りるときに使える言い訳

お金を借りるときに使える言い訳

キャッシング審査では、事業性資金の目的で使用しないかどうかを確認するために、借り入れ目的を聞かれるケースが多いです。

キャッシング審査において使える、お金を借りるときの言い訳を紹介していきます。

借り入れ目的は、明確に伝えることでより与信性が高まります。

車が故障して修理のためにお金が必要になった

乗っている自動車がいつ故障するかは、所有者でさえ予想がつかないものです。

車が故障して急にお金が必要になったという言い訳は、急にお金が必要になっただけで、返済能力は十分にあると判断されてキャッシング審査を有利に運べます。

食費や公共料金の支払いのために…

食費や公共料金のためにお金を借りるのは、貸し倒れのリスクがあると判断されてキャッシング審査のときにマイナスな印象を与えてしまうのではと思われるかもしれませんが、このような少額借入をしている人は半数を超えています。

もちろん食費や公共料金の言い訳をした場合においても、キャッシング審査に通過している人は多く、不利な影響を与えてしまう心配はありません。

冠婚葬祭のために必要

身内や友人などの不幸は、予想のつかない自体となるわけですから急にお金が必要になるのも納得がつきます。これは、カードローン会社だけでなく家族からお金を借りる際にも言い訳として使えるのではないでしょうか。

お金を借りたいけど借りれない〜絶対に闇金はNG〜

090金融のイメージ画像

はじめてお金を借りる人の多くは、ヤミ金とサラ金(消費者金融)を同じものだと考えているようですが、これらは全くの別ものになります。

闇金とサラ金は全く別物

ヤミ金は、無登録で金融業を営んでいる鼻から法律を守る気がない業者になります。

違法金利での貸付、取り立てなどの法律で禁止されている行為がおこなわれるため、ヤミ金でキャッシングをすると返済できない状況に陥るだけでなく、精神的にも追い込まれて日常生活に大きな影響を及ぼしてしまいます。

合法のサラ金業者(消費者金融)なら安心

その一方で消費者金融は、取り立て行為などが法律により厳しく規制されているので、たとえ返済が遅れたとしても、せいぜい信用情報機関に延滞情報が残るくらいです。

お金を借りたいけど借り入れできないのであれば、国からの支援や制度を利用されるといいでしょう。

安全にお金を借りる秘訣【多重債務に陥らないために大切なこと】

安全にお金を借りる秘訣

次で紹介している3つのポイントは、安心してカードローンを利用するルールであるのと同時に、多重債務を未然に防ぐためのコツでもあります。

正しいお金の借り方
  • ヤミ金業者を利用しない
  • 借入日から3年までに完済する
  • もう一度、そのお金が本当に必要なのか考える

ヤミ金業者を利用しない

安全にお金を借りるならヤミ金を利用せずに、法律をしっかり守っている消費者金融、もしくは銀行カードローンを利用しましょう。

借入日から3年までに完済する

カードローンは3年を目安に返済をおこなうのが基本です。

もしも借入をしてから返済するまでに3年を超えてしまいそうな場合においては、返済能力を超えていると判断されます。

「返済能力を超える=多重債務に陥る」ケースが多いため、返済と借入のバランスを見直す必要があります。

日本貸金業界のホームページで「返済余裕度診断」と「返済シミュレーション」を利用することができます。返済計画の立て直しを図ってみてください。

もう一度、そのお金が本当に必要なのか考える

最後にもう一度、そのお金(モノ)が本当に必要なのかをしっかり考えてみてください。

カードローンは、将来のお金が前借りできるものになりますが、魔法のように次々とお金が出てくるわけではありません。

何も考えずに使用していると消費欲は暴走をしてブレーキが効かなくなってしまいます。

そのモノが本当に必要なのか、お金を貯めてから買うべきなのか。冷静に見極めてからキャッシングをするように心がけることが大切です。

安全なマネーライフを送るには「計画性が大切」

無計画にカードローンを利用すること、ヤミ金を利用しないこと、これさえ回避すればカードローンは、生活の手助けをしてくれるような存在になります。返済は3年以内におこなうこと。これを忘れずにどうか安全にカードローンを利用してください。

目的別で選ぶカードローン

総量規制対象外カードローン

総量規制オーバーの借り入れをしたい

通常、消費者金融は貸付額が年収3分の1までとされていますが、総量規制の例外貸付により年収3分の1を超えた借り入れに対応してもらえます。総量規制オーバーの借り入れをするには、審査難易度や金利を比較して選択することが大切です。

記事を読む

低金利・無利息カードローン

低金利・無利息のカードローンで利息を抑えたい

低金利のカードローンであれば、利息負担を抑えて借り入れがおこなえます。ただ、低金利よりも無利息のほうが利息が抑えられるケースがありますので、その見極めが肝心となります。

記事を読む

即日融資カードローン

早くお金を手に入れたい

早くお金を手に入れるには、審査スピードが早く、希望時間までに融資してくれる金融機関を選択することがポイントです。一括りに即日融資といっても、いつまでに、どのような方法で借り入れしたいかで選択するべきカードローンが異なります。

記事を読む

おまとめローン・借り換えローン

おまとめ・借り換えで返済をラクにしたい

おまとめローン・借り換えローンにより借入金を1本化することで、毎月の返済がラクになり利息負担が軽減されます。今、確実に金利が下がるおまとめをするなら間違いなく消費者金融です。消費者金融は「顧客に一方的に有利となる借り換え」という法規制があるため金利が下がるローンプランの提案がされます。

記事を読む

主婦でも借りれるカードローン

主婦でもお金借りたい

働いている主婦の方はもちろん、専業主婦の方でも融資に対応してくれるキャッシング会社は数多くあります。専業主婦でキャッシングをするなら銀行カードローンを選択する必要があります。

記事を読む

郵送物・電話連絡なしカードローン

家族や会社に内緒で借りたい

家族や会社に内緒で借り入れするなら、おすすめは自宅郵送物・会社への電話連絡なしのカードローン会社を選択することです。このようなカードローンであれば、家族や会社にバレずにキャッシングすることが可能です。

記事を読む