借入情報は、個人情報になるので配偶者である旦那さんや奥さんでも知ることができません。

また、審査結果は「可能」か「不可能」かのみ通知されます。ローン審査に落ちた場合でも、審査落ちの理由は契約者本人でも知ることができません。

ポイント

ただし、ローンの審査を受ける金融業者には借入していることが伝わります。

借金があっても家族(嫁や主人)にばれないで「住宅ローン」「車のローン」の審査を受けられる?

ローン会社は、目的外使用の禁止によって「加入指定信用情報機関から提供された信用情報を返済能力以外の目的に使用し、第三者に提供してはいけない。」と、義務づけられています。

つまり、貸金業者(ローン会社)は「契約」「審査」の内容を第三者に伝えてはいけないと決められているのです。そのため、ローン審査の際に借入していることが家族にばれてしまう心配はありません。

家族に内緒の借金がある場合でも、「住宅ローン」や「車のローン」の審査を受けるときにばれてしまう心配はないと言えるでしょう。

ポイント女

ただし、申込の際に「借入の有無」を記入する欄があります。そのときに、借入をしていないと答えてしまうと「虚偽申告」となって審査に落ちてしまうケースがあるので注意しましょう。

ローン審査は、個人情報信用機関によって返済能力が調査されます。金融会社は「CRIN(クリン)」という情報を共有するシステムを導入しているので、他社の借入情報等をすべて把握しています。そのため、嘘の申告があるとすぐにばれてしまいます。「虚偽の申告をする人=与信審査に問題あり」と、判断されて審査に落とされてしまいます。とくに、住宅ローンや車のローンは、借入額が高額になるのでより細かく調べ挙げられるので、虚偽の申告は絶対にばれてしまいます。

家族がいる前で申込情報を記入するとばれてしまうので、なるべく家族がいないところで申込をおこなうと良いでしょう。

借金があっても住宅ローンや車のローンの審査に通る?

お金を借りるときは、総量規制の対象であるか、対象でないのかが重要となってきます。総量規制とは、年収の3分の1以上のお金を借入することができないという規定です。

しかし、これの対象となるのは、消費者金融会社やクレジットカード会社からの借入です。住宅ローンや車のローンの場合は、総量規制の対象外となるので年収の3分の1以上の借り入れをすることができます。

つまり、借金がある場合でも、住宅ローンや車のローン審査に通る可能性が十分にあるのです。

他の借金に関する住宅ローンや車のローンの審査基準

  • 過去10年間に債務整理(自己破産、任意整理)をおこなっていない
  • 過去5年間に2~3回以上借金の返済が遅れていない
  • 過去5年間にクレジットカード、携帯電話などの料金を滞納していない
  • 一定の安定した収入がある
  • 勤続年数が長い
  • 嘘の申告をしない

特に注意したい審査ポイント

  • 年間の返済額が合算して年収の40%以下であること
  • 70歳までにローンの返済が完了すること
  • 無担保借入(教育ローン、住宅ローン、マイカーローン)の返済額が、年間で年収の50%の返済比率であること

金融機関や年収によって、年間の返済比率のパーセンテージが変わってきます。銀行やローン会社によっては年間の返済額が25%以下のところもあります。年間のローン返済額が高額になってしまう場合は月々の返済額を減らしましょう。

借入額によって審査の難易度が変わってくるので一概には言えませんが、以上の条件を満たしている場合は、審査にそこまで影響はないと思われます。

過去5年間の支払い情報などを、個人信用情報機関で確認することができます。心配な場合は、一度確認してみると良いかもしれません。

配偶者と収入を合算すると「住宅ローン」「マイカーローン」審査に有利になる

配偶者と合算してローン審査を受ける場合は、相手の給料が半額になります。

(自分の年収+(配偶者の年収÷2))=合算した年収額

こちら

夫婦共働きの場合は、配偶者と合算してローン審査を受けた方が、審査通過率が上がります。

年間返済額が、借金と合わせて返済比率が年収の40%を超えるは、配偶者と合算して事前審査を受けることをおすすめします。

マイカーローンや住宅ローンは、審査を受けてみないと通るのかが分りませんが、個人情報保護法により、家族に秘密でローン審査を受けることもできます。あなたにきちんと返済能力があると認められれば、借金がある場合でも融資を受けることができます。

住宅ローンの審査を受ける前にクレジットカードやキャッシング枠を減らすと審査に有利!?

あらゆるローン審査の中で、融資額が高額になる住宅ローンの審査はとくに厳しいです。

そのため、クレジットカードやカードローンのキャッシング枠も「借入総額」とみなされてしまうことがあります。ローン会社や不動産会社によっても変わるので一概には言えませんが、なるべく借入枠が少ないほうが有利だと言えるでしょう。

審査に通過するかどうか不安な人は、住宅ローンの事前審査を受ける前に、クレジットカードの枚数を減らしたり、キャッシングの借入額をできる限り減らしましょう。