銀行や消費者金融でお金を借りた場合「カードローン専用のキャッシュカード」や「契約書類」が送られてくる場合があります。じつは、この郵送物が原因で家族にばれてしまうケースが多くあるのです。

でも、大丈夫です。自動契約機に郵送物を取りに行くことによって「郵送物なし」でキャッシングサービスを受けれます。

こちら

旦那さんや奥さん、家族に内緒で借入をするなら、郵便物が自宅に送られてこない金融機関を選びましょう。

郵送物への配慮が徹底されているのは消費者金融業者

郵送物への配慮が徹底されているのは、モビット、プロミス、アコムなどの消費者金融業者です。自動契約機でキャッシュカードを発行することで自宅に郵送物が送られてきません。

モビット 「WEB申込完了」で契約すると郵送物なしで借入できる
プロミス 自動契約機でキャッシュカード発行で郵送物なし
アコム 自動契約機でキャッシュカードを発行すると郵送物なし

また、利用明細書もWEBで確認できるので自宅に郵送物が送られてくる心配が一切ありません。郵送物なしで借入するなら上記の金融会社がおすすめです。

ただし、専業主婦の方は消費者金融業者での借入ができません。専業主婦が家族に内緒で借入したい場合は、別ページを参考にみてください。

家族にばれないで借入する方法

家族にばれないで借入するなら、下記の方法で申込をおこないましょう。

  1. WEB申し込み

    WEBで勤務先や自分の情報を入力する。5分くらいで入力完了

  2. 審査

    メールまたは電話で審査回答

  3. カードを発行

    自動契約機でカードローン専用のキャッシュカードと契約書を発行

自動契約機で「カードローン専用のキャッシュカード」や「契約書類」を発行できます。消費者金融業者であれば、この方法で「郵送物なし」での借入が可能となります。しかし、金融会社の中には自動契約機の設備がなくて、郵送物が送られてくるケースがあるので注意しましょう。

銀行カードローンは郵送物が送られて家族にばれてしまう?

新生銀行レイク 自動契約機でカード郵送物受取が可能
みずほ銀行カードローン 口座があれば郵送物なしで借入ができる
東京三菱UFJ銀行バンクイック 自動契約機(TV窓口)でカード郵送物受取が可能
三井住友銀行カードローン 電話のみ郵送物なしで借入できる
イオン銀行BIG 自宅に郵送物が届きます
楽天銀行カードローン 自宅に郵送物が届きます
ソニー銀行カードローン 自宅に郵送物が届きます
オリックス銀行カードローン 自宅に郵送物が届きます
東京スター銀行カードローン 自宅に郵送物が届きます
りそな銀行カードローン 自宅に郵送物が届きます
セゾンカード 自宅に郵送物が届きます

郵送物が届く金融会社は、「簡易書留」や「本人限定受取」で送られてきたり、「カードローン」と記載はなく銀行名だけで届いたりと工夫されて郵送物が送られてきます。封筒に入れて送られてくるので、中を開けない限りはカードローン関係の書類だと分らないように配慮されて届きます。

「郵送物が送られてくる=必ず家族にばれてしまう」と、いうわけではないです。ただし、郵便物が原因で家族にキャッシングがばれてしまうケースが多いので、なるべく送られてこないほうが良いと言えるでしょう。

契約後に自宅に郵送物が届く可能性はない?

利用明細書は、「WEB」や「電話」で確認できるので利用中に自宅に郵送物が届く心配がありません。(※りそな銀行のみ定期的に書類が届くので注意してください。)

ただし、ひとつ注意点があります。郵送物が送られてこない金融業者でも滞納をした場合は「催促はがき」が自宅に届きます。

万が一、返済が遅れてしまいそうな場合は事前に電話をしておくと郵送物を回避できるかもしれません。催促はがきは、返済ができていないことを知らせるために送られてきます。きちんと返済ができない理由を電話、またはメールで伝えて、返済ができる見込みがあると金融機関が判断すれば送られてこない場合もあります。

ポイント女

滞納をしなければ郵送物は送られてきません。返済期日はきちんと守って返せる範囲内で融資を受けましょう。

自宅郵送物・在籍確認なしのキャッシングサービスを参考にしてみてください。

住宅ローンや車のローン審査を受けるときに家族に借入がばれる?

ローン審査のときに借入が家族にばれてしまう可能性は少ないです。

個人情報保護法によって、カードローンの契約情報は、第三者に伝えてはいけないと義務付けられています。したがって、たとえ家族であっても借入に関する情報を知ることができません。

ただし、審査をする信用情報機関は「借入件数」「借入額」をきちんと把握しています。借入件数や借入額が多いと審査にすこし不利になってしまうかもしれません。住宅ローンや車のローンを受けるときは、なるべく借入額を少なくしておくと良いでしょう。