銀行カードローンや消費者金融でお金を借りた場合、「カードローン専用のキャッシュカード」や「契約書類」が自宅に送られてくる場合があります。じつは、この郵送物が原因で家族にカードローンの利用がばれてしまうケースが多くあるのです。

ポイント女

家族にばれないでカードローンの利用をするなら、郵送物なしで借り入れができる金融機関を選びましょう。

大手の消費者金融業者は郵送物なしで家族にばれないで借入できる

大手の消費者金融業者(プロミス、アコム、モビット)は、web申し込みをした後に自動契約機や無人契約機にキャッシング専用のカードを受取りに行くことで自宅に郵送物が送られてきません。

とくにモビットの場合は、「WEB申込完了」で契約をすると、自宅に郵送物が一切送られてきません。また、モビットはネットダイレクトが可能なので、キャッシュカードを自動契約に取りに行く必要もありません。さらに、書類のみで在籍確認がおこなえるので、家族だけでなく会社にも内緒で借入ができます。

誰にもばれずに借入するならモビットがおすすめです。

銀行カードローンは郵送物なしでの借入が可能?

自動契約機のある銀行カードローンであれば、web申し込みをした後に契約書類やカードローン専用のローンカードを取りに行くことで自宅に郵送物が届きません。

また、借入先の口座を持っている場合も郵送物なしで借入ができる銀行カードローンもあります。

郵送物なしで借りれるカードローン

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行口座をもっていれば、手持ちのキャッシュカードをそのままローンカードとして使用できるので自宅に郵送物が届きません。ただし、口座を持っていない場合は契約書類、ローンカードが自宅に届きますが、中を開けない限りはカードローン関係の書類だと分らないようになっています。

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンは、自動契約機があるので郵送物なしでの借入が可能です。また、三井住友銀行の口座を持っていれば、手持ちのキャッシュカードをそのままローンカードとして利用できるので「WEB完結」が可能となります。そのため、口座がある場合は自動契約機に郵送物を受取りに行く必要もありません。

三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック

三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックは、口座を持っていれば手持ちのキャッシュカードにローンサービスをそのままプラスできるので自宅に郵送物が届きません。また、口座がない場合でも「テレビ窓口」で契約書類やローンカードを受取ることができます。ただし、運転免許証がある場合のみテレビ窓口での受け取りが可能となります。

新生銀行レイク

銀行系カードローンのレイクは、自動契約機があるので自宅郵送物なしでの借入が可能となります。WEB申し込み後に自動契約機で、キャッシュカードや契約書類を受取ることで郵送物は送られてきません。

郵送物の届くカードローン

郵送物が届く場合でもプライバシーに配慮されて送られてくるので安心です。そのため、必ず家族にカードローンの利用がばれてしまうわけではありません。

イオン銀行BIGカードローン

イオン銀行BIGカードローンは、カードローン専用のキャッシュカードが自宅に届きます。封筒には「イオン銀行」と書かれており、カードローンという記載はないので、中を開封しない限りはカードローン関係の書類だとわからないように配慮されて送られてきます。

楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローンは、自宅に郵送物が届きますが、送り先を勤め先に設定することができます。その際は、「楽天銀行」と書かれた封筒やはがきで届くので、中身を空けない限りはカードローンの申し込みだとはわかりません。しかし、一度だけ自宅に確認の通知はがきが届きます。シークレット通知として届くので、プライバシーに配慮されて送られてきます。

ソニー銀行カードローン

ソニー銀行は、カードローン関係の書類とキャッシュカードが自宅に届きますが、本人受け取り限定の郵便で送られてきます。そのため、自分以外の人が郵送物を受け取る心配がありません。

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンは、契約後に郵送物が2通届きます。そのため、郵送物なしでの利用は難しいですが、中を開けない限りはカードローン関係の書類だと分らないように配慮されています。

りそな銀行カードローン

りそな銀行カードローンは、所在確認のために3ヶ月ごとに自宅に郵送物が必ず届きます。郵送物なしの借入は難しいと言えるでしょう。

東京スター銀行カードローン

A4サイズのオレンジ色の「東京スター銀行」と書かれた封筒が、自宅に届きます。また東京スター銀行の郵送物は、必ず自宅受取りになります。審査結果やキャッシュカードなど複数の郵送物が自宅に届くので、家族にバレないでお金を借りるには少し難しいかもしれません。

契約後の利用明細や返済遅れの催促は?

カードローンの利用明細書は自宅に届く?

カードローンの利用明細はWEBや電話で確認することができます。そのため、カードローンの利用明細書の受取を拒否することができるので自宅に届く心配がありません。

また、金融業者からのおしらせや案内などもメールで届く場合が多いので、カードローン利用中も郵送物が届く可能性が少ないと言えるでしょう。

返済の遅れは「催促ハガキ」が自宅に届く

借入金の返済が滞った場合、「催促ハガキ」が自宅に届く場合があります。電話で本人と連絡が取れれば郵送物が送られてこない場合もありますが、金融機関によって対応が異なるので通知はがきが送られてくると認識しておいたほうが良いでしょう。

通知はがきが原因で家族にばれてしまうケースはとても多いです。また、通知はがきが送られてきて家族にばれてしまうケースは最悪です。お金を借りたうえに返済できていないことがばれてしまいますからね。カードローンの利用は、必ず返済できる範囲でおこないましょう。

返済の遅れがなければ、カードローン利用中に郵送物が届く心配はありません。