ビジネスパートナー「スモールビジネスローン」 

  1. ビジネスパートナーのバナー

    ビジネスパートナーのスモールビジネスローンは、法人、または個人事業者を対象とした事業者向けのローンです。事業者ローンだけでなく、リーズ業務やレンタル業務もおこなっている企業なので、経営者の人に幅広いサービスを提供しています。

    • ビジネスローン
    • 総量規制対象外
    • スマホ完結
    実質年率 融資限度額 審査時間
    9.98%〜18.0% 50〜500万円 最短当日
    申込資格 即日融資 総量規制対象外
    20〜69歳 ×
    担保・保証人 スマホ完結
    不要(※)

    ※法人の場合のみ連帯保証人が必要になります。

公式サイトはこちら

スモールビジネスローン特徴

  • 来店不要
  • 利息以外の手数料がかからない
  • 最高500万円まで融資可能

スモールビジネスローンは、事業者向けのローンサービスなので、給与所得の方は利用ができません。

来店不要

直接、店舗に行かなくてもWEBのみで契約が完了します。申込はWEBでおこない、必要書類の提出はFAX、または郵送でおこなえるので来店する必要がありません。時間に余裕がない経営者の人でも安心です。

利息以外の手数料がかからない

スモールビジネスローンは、返済方法が口座引き落としになるので、利息以外の手数料が一切かかりません。ビジネスパートナーの口座を持っていない場合は、契約と同時に口座開設がおこなわれます。同行の口座で返済、借入がおこなわれるので手数料が発生しません。

最高500万円まで融資可能

新規契約の場合でも、最高500万円までの融資が可能です。借入金が10万円単位で細かく設定できるだけでなく、限度額の範囲以内であれば追加融資も受けられます。返済中に運転資金や、設備資金が必要になった場合でも安心です。

ビジネスパートナーの審査ポイントと特徴

ビジネスパートナー必要書類

法人 代表者の本人確認書類、登記事項証明書、印鑑証明書、確定申告書2期分
個人事業主 本人確認書類、印鑑証明書、確定申告書2期分、借入計画書

法人の場合と、個人事業者の場合とでは必要書類が異なります。

本人確認書類

  • 運転免許証
  • 保険証

いずれか一点のコピーが必要になります。原則、上記の書類のみで審査がおこなわれますが、保証会社の判断により「通帳のコピー」などの書類も必要になる場合があります。

ビジネスパートナーの金利

実質年率 9.98%〜18.0%

金利は限度額や審査をもとに決定しますが、おおよその利息を計算する場合は、最高金利で算出すると良いです。上限金利により、100万円を超える場合は15%以下になります。たとえば、100万円未満の借入であればおおよそ18.0%だと考えて、100万円を超える借入の場合は15%ほどで算出すると良いでしょう。

ビジネスパートナー申込方法

公式サイトからWEB申込をおこない必要事項を記入します。必要書類のコピーをFAXで送付して審査がおこなわれますが、郵送でのやりとりも可能です。

その後、本審査がおこなわれ、電話にて連絡が入ります。審査通過後は、契約書類等が送られてくるので、必要事項を記入して返送します。これらの手続きがすべて完了したら、口座開設がおこなわれて事業資金が振り込まれます。

このように契約がスムーズにおこなわれば、「2〜3営業日」で融資が受けられます。

その他のビジネスパートナーのポイント

ビジネスパートナーは今日中に融資が受けられる?

ビジネスパートナーは、融資が受けられるまでに最短2営業日かかります。「2営業日」とは、営業している日数から「2日」となります。土日祝日は保証会社の審査がおこなわれていないので、平日であれば「最短2日」で審査回答が得られます。

たとえば、平日月曜日に申し込みをおこなった場合、最短で水曜日には手元に事業資金が入ります。遅くとも3日ほどで融資が受けられるので、融資スピードは比較的早いほうです。

当然ながら、融資が受けられるかは審査次第となります。在籍確認や、書類提出に時間がかかった場合は、融資が受けられるまでの日数が長くなります。

ビジネスパートナーは総量規制対象外?

事業資金を目的とした借入は、個人事業者の場合「例外貸付」にあたり、法人の場合「除外貸付」にあたるので総量規制に該当しません。

そのため、保証会社がおこなう審査で融資可能だと判断されれば、年収の3分の1以上借入が可能になります。

ビジネスパートナーは赤字決算でも融資が受けられる?

赤字決算の場合でも審査は受けられますが、融資が受けられるかは保証会社の判断次第になります。事業審査は、今までの業績、事業計画などをもとに総合的に判断されて融資可能かが決定します。

万が一、審査に受けて落ちてしまった場合でも、今後のローン審査で不利になるケースはほとんどないのでその点の心配は要りません。どこの金融機関でも同じことが言えますが、審査は受けてみないと分からないので、気になる金融機関で一度申込をしてみると良いでしょう。

ビジネスパートナー貸付条件
融資額 実質年率 利用対象
50〜500万円 9.98%〜18.0% 20歳〜満69歳まで
遅延損害金 返済期間 返済方式
20.0% 最長5年 残高スライド元金定額リボルビング返済
融資対象者 担保・保証人
法人、または個人事業主 不要
マネナビの【オススメNO.1】
三井住友銀行カードローン

  • 土日祝日でも即日融資が可能
  • 借入限度額800万円
  • 審査時間が最短30分で早い

公式サイトはこちら