イオン銀行カードローンBIGカードローン

  1. イオン銀行カードローンセレカのロゴ

    平成18年3月、イオングループは銀行業務を開始しました。これにあたり、個人向け貸付(カードローン)サービスもはじめました。圧倒的に低金利でカードローンが利用できるのが、イオン銀行の最大のメリットと言えるでしょう。それだけでなく、イオンショッピングの利点を、最大限に生かしたカードローンサービスを展開しているので、イオンをよく利用する方にもおすすめです。

    • 低金利
    • 即日融資
    • 専業主婦
    • スマホ完結
    • 総量規制対象外
    実質年率 借入限度額 審査時間
    3.8~13.8% 30~800万円 最短即日
    申込資格 即日融資 専業主婦
    20~65歳 〇(口座あり)
    スマホ完結 総量規制対象外 在籍確認
    あり

公式サイトはこちら

イオン銀行カードローンBIGの特徴

  • 300万円までなら免許証のみで借入がおこなえる
  • 非常に低金利で高額融資が可能
  • イオン銀行の口座があれば即日融資も可能

300万円までなら免許証のみで借入がおこなえる

原則、300万円までは収入証明書不要で借入がおこなえます。健康保険証や、免許証などの身分証明書で借入がおこなえるので、必要書類がとても少ないです。

ただし、個人事業主、もしくは法人代表の方は収入証明書の提出が必要になるので注意しましょう。

非常に低金利で高額融資が可能

イオン銀行カードローンは、非常に低金利で借入がおこなえるだけでなく、最大800万円の利用が可能です。借入額が高くなればなるほど金利が下がるシステムとなっているので、高額融資を受けたい方にぴったりのカードローンです。

イオン銀行の口座があれば即日融資も可能

イオン銀行の普通預金口座を持っている方は、最短で当日中の借入が可能です。

ただし、口座を持っていない場合は即日融資が受けられないので他社の銀行カードローンを利用しましょう。詳しくは、下記のページを参考にしてみてください。

ポイント女

イオン銀行カードローンは、「低金利で借入したい人」「収入証明書不要で借入したい人」「イオン銀行の口座を持っている人」におすすめです。

イオン銀行カードローンBIGの審査ポイントと特徴

利用限度額の設定が高い銀行は審査が厳しい

最初の借入限度額が高い銀行カードローンは、比較的、審査が厳しい傾向があります。
通常、銀行カードローンは、「10万円」からの借入になるケースが多いのですが、イオン銀行は「30万円」からの借入になります。

30万円以下の貸付けはおこなっていないので、審査設定が高いと言えるでしょう。
ちなみに、銀行に比べて、審査に通過しやすいと言われている消費者金融業者は、「1,000円~1万円」からの利用限度額になります。少額融資にも対応しているので、比較的、審査に通過しやすいと言えるでしょう。

イオン銀行カードローンは、多少審査が難しいかもしれませんが、借入審査に通過すれば、非常に低金利で借入がおこなえます。他社の銀行カードローンの審査に通過したかたが、あとでイオン銀行の金利の低さをみて、「イオンで審査を受ければよかった」と後悔するほどです。

後ほど悔やむよりも、ますは審査を受けてみることをおすすめします。

イオン銀行は100万円を超える融資の審査が厳しい

イオン銀行は、100万円を超える融資から、100万円ずつ(単位)の借入になります。

たとえば、借入希望が150万円の場合でも、「100万円」もしくは「200万円」になるので、希望額ぴったりの借入はおこなえません。融資額が高くなるとその分、審査が厳しくなるので、借入限度額は、自身の信用情報を踏まえた上で判断しましょう。

審査の際には、信用情報(個人情報)、勤続年数、雇用形態、年収、他社の借入額、などが判断材料になります。これらの情報が優秀な方であれば、審査に通過する可能性が十分にあると言えるでしょう。

審査回答が来ない場合は審査が混み合っている

「申込から3日経っても、審査結果が届かない。審査に落ちたのか?」と不安になる方がとても多いのですが、在籍確認や、申し込みが殺到して審査に時間がかかっているだけなので、問題はありません。

イオン銀行は「最短即日回答」となっていますが、あくまで「最短」だという認識をしたほうが良いです。状況に応じては、数日間、審査に時間がかかる場合があるので、審査回答がなかなか来ないからといって不安になることはありません。

万が一、審査に落ちた場合は、きちんと利用者に連絡が入るので、このような状態の際はしばらく待ちましょう。

イオン銀行カードローンBIGの必要書類

借入金額により、必要になる書類が異なります。

30~300万円 本人確認書類
301万円~ 収入証明書類

本人確認書類

本人確認書類は、下記の書類のいずれか一点が必要になります。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 各種健康保険証
  • 住民票、または住民票記載事項証明書
  • 印鑑登録証明書
  • 在留カード(外国籍の方)
  • 特別永住者証明書(外国籍の方)

収入証明書類

原則、300万円を超える借入の場合は、下記のいずれか一点の収入証明書類が必要になります。

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書(直近2ヶ月)
  • 住民税の課税決定通知書
  • 課税証明書(直近3ヶ月以内のもの)
  • 納税証明書その2

今日中にイオン銀行カードローンBIGで借入する方法

イオン銀行カードローンBIGは、「イオン銀行の普通預金口座」を口座を持っている場合に限り、即日融資が受けられます。口座を持っていない場合は、即日融資が受けられません。

イオン銀行の口座なし

イオン銀行の口座がない場合は、融資を受けるまでに7日程かかるので、即日融資が受けられません。どうしても今日中に融資が受けたい場合は、他社の銀行カードローンを利用すると良いでしょう。

土日祝日でも、審査は実施しているので、最短即日で審査の結果がわかります。しかし、カードローン専用のキャッシュカードが自宅に届くまで融資は受けられません。

また、口座を持っている方で、インターネットバンキングへの登録ができない場合も、カードが届くまでは融資が受けられません。

イオン銀行の口座あり

イオン銀行で即日融資を受けるなら、「イオン銀行ダイレクト(インターネットバンキング)」に登録する必要があります。

登録をしている方は、そのままイオン銀行ダイレクトより、申し込みができますが、未登録の方は、イオン銀行ダイレクトの申込をおこなってから、契約手続きをしましょう。

イオン銀行ダイレクトを利用すれば、土日祝日でも即日融資が受けられますが、手続き完了の目安が夕方頃までになるので、遅くとも14時までには申し込みをおこなうと良いでしょう。

また、借入金は、イオン銀行ATMのみ引き出しが可能になるので、必ず「イオン銀行ATM」に行く必要があります。

こちら

後日、「カードローン専用のカードローンカード」が自宅に届くので、そちらを利用すれば、提携先のATMで「借入・返済」がおこなえますが、カードが届くまでに1週間ほどかかります。

即日融資を受ける場合は、イオン銀行に行く必要がある点のみ、あらかじめ把握しておくと良いでしょう。

イオン銀行カードローンBIG申込方法

「イオン銀行カードローンの口座を持っていない場合」「口座を持っているがイオン銀行バンキングへの登録ができない場合」は、融資を受けるまでにおおよそ1週間~10日ほどかかります。

口座を持っていない場合

  1. WEB申し込み
  2. 電話による仮審査の回答
  3. 本審査(必要書類を提出)
  4. 後日、自宅にカードが届く(1週間)
  5. 融資可能

口座を持っている場合

  1. イオン銀行ダイレクトで申し込み
  2. 最短即日融資
  3. イオン銀行ATMで引き出し

口座を持っている方でも、イオン銀行ダイレクトへの登録ができない場合は、口座を持っていない場合と同様の申込方法になります。

イオン銀行カードローンBIGの返済方法

イオン銀行の最低返済額 3,000円~

イオン銀行カードローンは、利用残高に応じて返済額が異なります。

たとえば、10万円以下の返済の場合、最低返済額が「3,000円」になります。借入額が40万円を超えると、最低返済額が「5,000円」になり、50万円ごとに5,000円ずつ増加します。

毎月の支払いが返済金額を下回らなければ、遅延損害金が発生しません。他社の銀行カードローンよりも、最低返済額が低めに設定されているので、毎月の返済負担が少ないと言えるでしょう。しっかりと返済がおこなえるか不安な方でも安心です。

イオン銀行カードローンBIGの返済方法

基本的には、毎月7日(※)に、最低返済額の金額が口座から引き落とされますが、インターネットバンキングや、提携ATM、などで追加返済もおこなえます。

※土日祝日の場合は、翌平日の引落になります。

口座引き落とし 毎月7日、自動的に引き落としがされます
インターネットバンキング 24時間いつでも追加返済がおこなえます
提携ATM 提携先のATMで追加返済がおこなえます

イオン銀行ATMや、インターネットバンキングであれば、利用手数料無料で返済がおこなえます。追加で返済をおこなう場合は、そちらを利用すると良いでしょう。

提携先のコンビニATM

ゆうちょ銀行ATM、みずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、イーネットATM、ローソンATM、 width=

イオン銀行ATMは、手数料無料で利用がおこなえます。追加借入・追加返済をおこなう場合はそちらを利用すると良いでしょう。

イオン銀行カードローンBIGは家族や会社にばれないで借入できる?

在籍確認の電話連絡や、自宅への郵送物が原因で、「家族・勤め先」にカードローンの利用がばれてしまうケースがありますが、イオン銀行であれば安心です。これらへの配慮が徹底されています。

イオン銀行カードローンBIGの在籍確認

イオン銀行の在籍確認は、すべての方が対象になるわけではありません。保証会社の審査により、必要だと判断された場合のみおこなわれますが、おおかた「在籍確認がある」場合のほうが多いようです。

また、電話連絡は銀行名ではなく、担当者の個人名でおこなわれるので安心です。できる限りプライバシーに配慮されているので、連絡が来た場合でも会社の人にバレてしまう可能性が少ないと言えるでしょう。

イオン銀行カードローンBIGの郵送物
郵便物なし WEB申し込み カード郵送なし
× ×

イオン銀行カードローンBIGは、必ず自宅に郵送物が届きます。

口座を持っている方でも、「カードローン専用のカードローンカード」が送られてきますが、その他の書類は一切送られてきません。この郵送物は、イオン銀行と書かれた封筒で送られてくるので、中を開けない限りは、カードローン関係の書類だと分らないように配慮されています。

万が一、家族の方が受取った場合でも、封筒を開けて中まで確認する可能性は少ないでしょう。郵送物が原因で、カードローンの利用がバレてしまう可能性が非常に少ないと言えます。

その他のイオン銀行カードローンBIGのポイント

イオン銀行カードローンBIGは年収の3分の1以上借入ができる?

イオン銀行カードローンBIGは、総量規制対象外にあたるので、年収の3分の1以上借入が可能です。

パート・アルバイト・派遣社員のかたでも、審査に通過すれば非常に低金利で、年収の3分の1以上融資が受けられるのでおすすめです。

イオン銀行カードローンBIGは専業主婦でも借入ができる?

専業主婦の場合、配偶者に収入があれば、利用限度額50万円まで融資を受けられます。専業主婦の方への増額融資も不可になっているので、極度額50万円以上の利用はおこなえません。

しかし、他社の銀行カードローンよりも、非常に低金利で利用ができるので、利息を抑えて借入したい主婦の方、イオンをよく利用する主婦の方、におすすめのカードローンだと言えるでしょう。

イオン銀行カードローンBIGはおまとめローン・乗り換えができる?

イオン銀行カードローンBIGは、「おまとめ・乗り換え」を目的としたプランではありませんが、借り換えはおこなえます。

現在、利用しているカードローンよりも、イオン銀行のほうが低金利で借入ができるなら、乗り換えをおこなっても良いかもしれません。

ただし、100万円を超える借入から、100万円単位での借入になる点のみ注意しましょう。

たとえば、130万円の借入がある方が、おまとめをおこなう場合、「100万円でのおまとめ」もしくは「200万円」でのおまとめになるので、「全額おまとめできない」または「余分に借入をしてしまう」状態に陥るかもしれません。このように、細かく借入範囲を設定できない点だけ、あらかじめ把握しておくと良いでしょう。

全額おまとめ希望の場合は、おまとめローンに向いている金融機関の利用をおすすめします。そちらの利用であれば、「1万円単位」もしくは「10万円単位」で借入範囲を設定できるので、全額おまとめも可能だと言えるでしょう。

イオン銀行カードローンBIGの貸付条件
融資額 実質年率 利用対象
30~800万円 3.8%~13.8% 満20~65歳
遅延損害金 返済期間 返済方式
19.8% 1年(自動更新) 残高スライド方式
担保・保証人
不要
マネナビの【オススメNO.1】
三井住友銀行カードローン

  • 土日祝日でも即日融資が可能
  • 借入限度額800万円
  • 審査時間が最短30分で早い

公式サイトはこちら