レイクの返済について|端数残高・一括返済する方法

新生銀行レイクは、カードレス対応になりレイクカードなしでの返済が可能になりました。

レイクは、一般的な銀行カードローンと比べるとやや金利が高く、長期的な返済はあまり好ましくありません。

レイクの借入金を返済する場合においては、「2年」を目処に完済していくことをおすすめします。

レイクの返済方法は?返済日はいつになる?

レイクの自動契約機

レイクは、カード発行をするかしないかで返済日が異なります。

レイクの返済日について

カードレス 14日or27日
カード返済 自分で好きな日にちを指定できる

カードレスは、自動引き落としでの返済になりますので、返済日が限られています。

カードレス利用中にカード発行をして、好きな日にちに返済日を変更することも可能です。

レイクの返済が遅れそう、もしくは返済が遅れている場合は、「レイクの返済が遅れるとどうなる?【支払日の期限を変更する方法】」の記事を合わせてご覧ください。返済日の変更方法について紹介しています。

レイクの返済方法について

レイク返済ガイドの写真

レイクの返済方法は、5パターンあります。

web返済 三井住友・りそな・ゆうちょ・楽天などの銀行のネットバンキングより返済可能
レイクATM  一括返済が可能となります 
自動引き落とし 登録先の銀行口座から自動的に引き落とされます
提携ATM 近くのコンビニから深夜でも返済が可能です
銀行振込 銀行振込のみ手数料がかかりますが、一括返済が可能です

銀行振込のみ手数料が発生しますが、その他の返済方法であれば引き出し・返済などの利用手数料がすべて無料になります。

インターネットバンキングがもっとも利便性が良く、追加返済がおこないやすいので登録しておくと便利です。

web返済 レイクATM 自動引落とし 提携ATM 銀行振込
夜間返済 × × ×
一括返済 × ×
端数返済 × ×
手数料無料 ×
来店不要 ×

ただ、カードレスの場合においては、レイクATMや提携ATMで返済をおこなうことができませんので、これらの返済方法を利用したい場合は、レイクの自動契約機でカードを発行する必要があります。

レイクで1000円未満の端数残高を返済するには?

レイクは、コンビニで端数残高の返済をおこなうことができません。

1,000円未満の端数利息を返済したい場合は、「web返済」「レイクATM」「銀行振込」のいずれかの方法になります。

レイクATMは1,000円単位の返済となるため、この方法で端数残高を返済するなら、ピッタリの金額ではなく、千円を持参していく必要があります。

レイクATMで1,000円の返済すると、端数残高との差額がお釣りとして来ます。

その他の返済方法であれば、ピッタリの金額で端数残高の返済をおこなうことが可能です。

レイクは、返済を続けていくと最終的に端数残高が残り、これを返済しない限りはレイクの借入金を完済したことにはなりませんので、ご注意ください。

レイクで一括返済する方法

レイクで一括返済する方法

レイクで一括返済する場合は、返済当日にレイクのオペレーター、もしくはレイクの会員ページで「返済総額」を確認する必要があります。

レイクの利息は、日割り計算となっており、1日ごとに利息が加算されていく仕組みになっているためです。

まずは返済総額を確認する

返済総額は、レイクのオペレーターに問い合わせる、もしくはレイクの会員ページから確認ができます。

レイクの会員ページで確認する場合は、カード番号、契約時に設定した暗証番号、生年月日を入力し、ログインすると取引状況が確認できる画面へと移行します。

レイク会員ページの画像

この完済金額の数字が、「返済総額」にあたります。

レイクATM・web返済なら手数料無料で一括返済できる

レイクの一括返済は、「web返済」「レイクATM」「銀行振込」でおこなえます。

銀行振込のみ利用手数料がかかりますが、その他の方法であれば手数料無料で一括返済ができます。

レイクATMの画像

レイクATMで返済をおこなう場合は、レイクカードをATMに挿入すると、画面に「全額返済」のボタンが表示されますので、これにタッチして案内にしたがって一括返済をおこなっていきます。

カードを忘れてしまっても、登録している携帯番号、生年月日、カードの暗証番号の入力で、レイクATMを利用することができます。

ただ、カードレスで契約している場合は、カード発行をしないとレイクATMの利用ができませんので、併設されている自動契約機よりカード発行をおこなってからレイクATMを利用しましょう。

レイクはコンビニで一括返済ができない

レイクはコンビニのATMと提携をしていますが、コンビニでは硬化の取り扱いがなく1,000円未満の返済がおこなえないため、一括返済をすることができません。

コンビニでは全額返済がおこなえませんので、硬化の取り扱いが可能なレイクATMを利用するようにしましょう。

レイクで完済するための返済アドバイス

レイクで完済するための返済アドバイス

レイクは、最低返済額が低く設定されているため、毎月の返済負担が少ないメリットがありますが、そのぶん最低返済額だけの返済では完済するまでに時間がかかります。

レイクで完済するためには、「2年」を目安に返済していくことをおすすめします。

レイクの最低返済額

レイクは、100万円の借り入れで最低返済額の返済をした場合、完済までに71ヶ月(6年弱)かかります。

これは返済を始めてから15ヶ月までは、返済額の半額以上が利息分の支払いになり、元金が減っていかないためです。

15〜18% 12〜15%
1〜100,000円 3,000円 3,000円
100,001〜200,000円 5,000円 5,000円
200,001〜300,000円 7,000円 7,000円
300,001〜400,000円 9,000円 9,000円
400,001〜500,000円 12,000円 11,000円
600,001〜700,000円 18,000円 15,000円
700,001〜800,000円 20,000円 17,000円
800,001〜900,000円 23,000円 19,000円
900,001〜1,000,000円 25,000円 21,000円

最低返済額だけの返済では、返済までにかなりの月日を要することになりますので、余裕がある月はその都度追加で返済をしていくことが大切です。

レイクの返済シミュレーションについては、「レイクの金利は高い?無料?30万・50万・100万の利息はいくら?」の記事で紹介していますので、そちらも合わせてご覧ください。