新生銀行レイクは、申込日の当日でも融資が受けられる銀行系カードローンです。総量規制対象外なので、年収の3分の1以上借入が可能になります。

ok女

レイクは、銀行カードローンの中でも融資スピードが非常に速いです。仮審査の回答が、申込をおこなった直後に表示されるので融資可能かすぐに分ります。今すぐ借入希望なら「レイク」を利用すると良いでしょう。

新生銀行カードローンレイクで即日融資を受ける方法

新生銀行カードローンレイクで即日融資をする方法は2つあります。

スマホやガラケー、インターネットで契約が完了する「WEB完結」

平日の14時までの契約完了でWEBのみで契約が完了します。

WEB申込み後の「自動契約機での契約」

自動契約機とは、無人契約機やローン契約機と呼ばれている契約機のことです。自動契約機で本審査やキャッシュカードの受取ができるので、土日祝日でも21時(※)までの契約完了で即日融資がおこなえまます。

※自動契約機によっては営業時間が異なる場合があります。

「WEB完結」と「自動契約機での契約」どちちらがおすすめ?

スマホやインターネットで契約が完了する「WEB完結」を魅力的に思う人が多いと思いますが、利便性が良いのは、WEB申込み(審査)→自動契約機での契約方法です。

WEB完結は、振込でのキャッシングとなるので土日祝日・平日14時以降に即日融資をおこなうことができません。平日14時以降、土日祝日、年末年始は、銀行業務が閉まるので振込がおこなえないのです。

また、WEB完結の場合、後日自宅にカードローン専用のキャッシュカードが自宅に郵送されてきます。そのため、家族や旦那さんにばれずに借入したい人は、自動契約機での受取を選択すると良いでしょう。

「WEB完結」のメリットとデメリット

WEB完結のメリット

  • 勤め先や自宅から一歩も出ないで契約が完了する

WEB完結のデメリット

  • 平日14時までに契約が完了しなくてはいけない
  • 数日後、自宅に郵送物が送られてくる(契約書類、キャッシュカード等)

「自動契約機での契約」のメリットとデメリット

自動契約機での契約のメリット

  • 土日祝日・平日14時以降でも「21時まで」の契約完了で当日融資が可能
  • 自動契約機で郵送物が受け取れるので家族や旦那さんに借入がばれない

自動契約機での契約のデメリット

  • 自動契約機に行かなくてはいけない
こちら

WEB完結で即日融資をおこなう場合は、平日14時までの契約完了が条件となります。土日祝日・平日14時以降の借入の場合は、自動契約機で本審査を受けなくてはいけません。また、自動契約機での契約の場合でもWEBから申込み(審査)が可能です。

即日融資の申込方法

平日14時までの当日融資 WEB完結・自動契約機での契約
平日14時以降
土日祝日の当日融資
自動契約機での契約

WEB完結(=即日振込み)の場合は、平日14時までに契約が完了していることが条件となります。

WEB完結(即日振込み)での契約方法

WEB完結は、最短1時間で申し込み~手続きまで完了します。ただし、在籍確認や審査がスムーズにおこなえなかった場合は手続き完了までに時間がかかる場合があります。

  1. WEB申し込み

    仮審査の回答が申込画面に表示される

  2. 審査

    必要書類を携帯電話で撮影してアプリで送る

  3. 口座振り込み

    本審査通過後、銀行口座にお金が振り込まれます(最短5分)

WEB完結の場合は、口座振り込みによって融資が受けられます。また、振込先の口座指定がないのでメガバンク(みずほ銀行、東京UFJ銀行、三菱東京UFJ銀行)、地方銀行、ゆうちょう銀行などへの振り込みも可能となります。融資スピードだけでなく振込先の口座指定がないのもレイクの魅力のひとつです。

自動契約機での契約方法

自動契約機で契約する場合は、事前にWEB申込を済ませておきましょう。

事前にWEB申込をした場合 30分で契約完了
事前にWEB申込をしなかった場合 50分で契約完了

自動契約機に行く前に事前にWEB申込をしておかないと、自動契約機の中で30分ほど待たなければいけません。

WEB申込をしておくと契約がスムーズにおこなえるので、自宅、またや勤務先で事前にWEBで申込をしてから自動契約機に行くと良いでしょう。

  1. WEB申し込み

    仮審査の回答が申込画面に表示される

  2. 審査

    必要書類を持って自動契約機へ

  3. カード発行

    本審査通過後、その場でレイクカード発行

  4. お金を引き出す

    レイクカードでコンビニや提携ATMからお金を引き出す

こちら女

自動契約機での契約であれば、その場で郵送物が受け取れるので「郵送物なし」で借入がおこなえます。また、レイクは利用明細をWEBで確認できるので、契約後も郵送物が一切自宅に届きません。家族や旦那さんにばれずに借入するなら「自動契約機での契約」がおすすめです。

新生銀行レイクで今日中に借入するなら21時までの契約完了が必須条件

レイクの自動契約機は24時間営業していますが、はじめて契約をする場合の対応は21時(※)までとなります。つまり、21時までに契約が完了すると申込日の当日に融資を受けることができます。

また、審査が必ずしもスムーズにいくとは限らないので、遅くとも20時までには自動契約機に行くのがおすすめです。すこし余裕をもって審査を受けましょう。

※一部店舗異なります。自動契約機の営業時間の詳細はレイクの公式ページを参考にしてください。

勤務先が休日で在籍確認ができない場合は大手消費者金融会社へ

勤務先が休日で在籍確認のプロセスがクリアできない場合は、大手の消費者金融会社(=プロミス、モビット、アコム)での借入がおすすめです。

大手の消費者金融会社は、書類のみで在籍確認がクリアできます。そのため、勤務先が休日で在籍確認がおこなえない場合でも、給料明細書や社会保険証などの書類で在籍確認がおこなえるので即日融資が受けられます。

また、大手の消費者金融業者とレイクの金利は変わりません。プロミスに限っては、レイクよりも金利が0.2%低くなります。金利で比較をした場合、条件が変わらないといえます。

ただし、大手の消費者金融業者は総量規制の対象となるので、年収の3分の1までの利用限度額となります。年収の3分の1以上の融資を受けたい場合は、銀行カードローンを利用するしかありません。

しかし、銀行カードローンは必ず在籍確認のための電話連絡が勤め先にあります。レイクだけでなくその他の銀行カードローン会社も同様です。そのため、会社が休日のときに年収の3分の1以上の融資を受けるのは難しいといえるでしょう。

やはり、会社が休みの日に即日融資を受けるなら消費者金融業者でキャッシングサービスを受けるのがおすすめです。