新生銀行レイクの増額融資のポイント

新生銀行レイクは、増額融資がおこなえる状態になると、会員ページに増額案内が表示されます。

レイクで増額申請をおこなうなら、会員ページに増額の表示がでるタイミングでおこなうのがベストです。

とはいえ、増額表示が出ていなければ増額が受けられないのか、利用後どのくらい経過すれば増額申請できるのか。

これらの知っておきたいポイントを理解した上で、レイクで増額申請をおこないましょう。

レイクから増額案内がきたら審査に通過したようなもの

レイクはある一定の期間、利用を続けていると会員ページに増額申請の通知が表示されます。

もしもこの通知が表示されていない場合は、会員ページから利用限度額のアップを選択すると簡単な入力だけで、いくらまで増額融資が受けられるかという結果が早々に分かります。

レイクには人工知能AIの導入と、独自の高いノウハウシステムがあるからこそ、増額融資の結果がすぐにわかるのです。

増額の表示がされている場合、あるいは増額の確認をして増額可能だと判断された場合は、すでに審査に通過しているも同然です。

あとは申込手続きをすすめて、電話で必要事項の確認がおこなわれたら限度額の増額が受けられます。

ポイント女

レイクの会員ページに増額表示がでている人は、最短10分ほどで増額キャッシングがおこなえます。

新生銀行レイクの増額融資の審査ポイント

レイクのカード画像
これから増額審査を受ける場合は、あらかじめ審査ポイントをチェックしておきましょう。

滞納をしていない

レイクの増額には、滞納をしていないことが増額の前提条件になります。

一度でも滞納があるとブラック扱いとなり増額審査だけでなく、他社のカードローン審査にすら通過しづらくなってしまうからです。

数週間の返済実績

レイクに限った話ではないのですが、増額融資にはある一定の返済実績が必要になります。

この返済実績により、返済していく意思や能力が確認できるからです。

レイクは早ければ数週間、遅くとも3ヶ月くらいで増額できるかどうか判断されるため増額が受けられるまでのスピードは他の銀行カードローンと比べて早いほうです。

他社からのキャッシングがあっても増額が受けられるケースが多い

レイクのような銀行カードローンは、他社からもキャッシングをしていると増額審査に通過しづらい傾向にあるのですが、レイクなら他社での借入金があっても審査に通過しているケースがとても多くあります。

中には、はっきりと他社からの借入金があると増額できないという旨を明記している銀行カードローンもあるほどです。

レイクは増額融資に積極的なカードローンなので、他社からの借入金があっても十分に審査に通過する可能性が考えられます。

新生銀行レイクで1万円→200万円の限度額の増枠をしてみた

レイクの会員ページを開いて借入可能額の横に「増額確認」というボタンが表示されていれば、増額融資が受けられます。

2017年4月8日に申込をしたのですが、その2週間後でも増額融資に対応してもらえました。

この増額確認をクリックすると、増額可能額が表示されます。

管理人の場合は、200万円までの増額に対応してもらえるようです。

ここから下に書かれているフリーダイヤルに電話連絡をすると、増額審査の手続きがおこなわれます。

電話でのヒアリング後10分ほどで、利用限度額のアップに成功しました。

収入証明書を提出するのが面倒だったので100万円の増額にしましたが、収入証明書を提出すれば200万円の増額も可能とのことでした。

新生銀行レイクの増額融資 Q&A

増額融資 Q&A

レイクは申込後どのくらいでお金が手元に入りますか?
最短10分ほどで手元にお金が入ります。

すでに会員ページに増額表示が出ている人は、申込手続きから最短10分くらいで手元にお金が入ります。

レイクの会員ページから増額申込をすると、すぐにレイクから電話がかかってきて必要事項や申込確認がおこなわれます。

この確認におおよそ10分ほど時間がかかり、これが終了次第、登録先の口座にお金が振り込まれます。

会員ページに増額の表示がされていない場合は、この手続きの時間プラス審査の時間が加わりますが、レイクは申込後すぐに審査結果が画面に表示されるので、ほとんど待つことなく増額キャッシングが受けられます。

レイクの増額融資は書類提出が必要ですか?
100万円を超える限度額の場合に、収入証明書の提出が必要になります。

つまり、増額をしても融資額が100万円を超えなければ書類の提出すらおこなうことなく、増額融資が受けられるのです。

書類提出の必要もないからこそ、おおよそ10分というスピードで増額キャッシングがおこなえるのではないでしょうか。

増額審査のときに在籍確認の電話連絡はおこなわれますか?
基本的にレイクは、増額審査のときに在籍確認がおこなわれません。

例外として職場を転職していたり、信用情報に不安要素がみられたりした場合は、在籍確認がおこなわれることがありますが、そういった特別なケースでない限りは、勤務先への在籍確認がおこなわれることは滅多にありません。

在籍確認なしで追加融資を受けたいなら、他社のカードローンを利用するのではなく、レイクで増額キャッシングを受けましょう。

レイクで増額を検討している人は、「新生銀行カードローン レイクの審査ポイントと特徴」のページも合わせてご覧ください。

増額して借入金をまとめるならレイクと消費者金融どっちがいい?
消費者金融で借入金を1本化することをおすすめします。

レイクは増額融資を受けても金利がほとんど下がりません。実際に管理人も100万円の増額をしましたが、金利は下がりませんでした。

しかしプロミスなどの消費者金融のおまとめローン商品は、借入金を1本にまとめられるだけでなく、金利が下がることもあります。

またプロミスは総量規制の対象になりますが、おまとめローンのみ総量規制の例外となり、年収の3分の1の融資が受けられます。

プロミスの公式サイトには、おまとめローンの記載がありませんが、フリーキャッシング申込後に、オペレーターに電話連絡をしておまとめローンを利用したい旨を伝えると相談に乗ってもらえます。

プロミスは、借入金のおまとめに積極的な対応をしてもらえます。