みずほ銀行カードローンの審査ポイントと特徴

みずほ銀行カードローンの審査ポイントと特徴

みずほ銀行カードローンは、三代メガバンクであることから安心と感じる人が多くいます。

銀行のカードローンの中でも低金利なうえ、最大1,000万円までのキャッシングサービスが受けられるので、幅広いニーズから定評があります。

みずほ銀行カードローンの特徴

みずほ銀行

  • 三代メガバンクのなかで最も低金利
  • 口座があると郵送物なしでキャッシング可能

三代メガバンクのなかで最も低金利

みずほ銀行カードローンは、三代メガバンクのなかでも最も低金利です。三井住友銀行と比べても、最高金利が0.5%低くなり、融資額が上がるにつれてこの差は大きく開いていきます。

口座があると郵送物なしでキャッシング可能

みずほ銀行カードローンは、口座を持っていると郵送物が一切届くことなくキャッシングサービスが受けられます。

カードローンの契約をおこなうと、大抵キャッシング専用のキャッシュカードが自宅に送られてくるのですが、みずほ銀行は手持ちのキャッシュカードとローンカードが一体型になるので、ローンカードが届くことなく融資が受けられるのです。

郵送物が届かないということは、家族やパートナーにバレずにキャッシングができることにもなります。

ok

低金利でキャッシングサービスを受けたいなら、みずほ銀行カードローンを強くおすすめします。

みずほ銀行カードローン

  1. 三代メガバンクのなかで最も低金利

    口座があると郵送物なしでキャッシング可能

    実質年率 借入限度額 スマホ完結
    年3.5%〜14.0% 10〜1,000万円

申し込みはこちら

みずほ銀行カードローンの審査ポイント

みずほ銀行カードローンの審査ポイント

低金利だからやや審査が厳しい

審査に通過しやすいかどうかは金利に比例するということをご存知でしょうか。

金利が低いほど審査の成約率は上がりますし、その逆に金利が低くなるにつれて審査に通過しづらくなります。

みずほ銀行カードローンは、比較的に低金利でキャッシングサービスが受けられることから、審査が難しいカードローンともいえます。

とはいえ、みずほ銀行カードローンの審査は、信用情報に不安要素がみられなければ審査に通過する可能性は十分にあるといえます。

しっかりと勤続先があり、安定した収入があれば問題ありません。

自己破産者・任意整理・ブラックの経験がない人

過去にクレジットカードの滞納や自己破産などの履歴がある人は、審査に通過するのが難しいといえます。しかしこれはみずほ銀行カードローンに限った話ではなく、他のカードローン会社でもいえることです。

金融事故の履歴がある顧客は、「CRIN(クリン)」という相違交流システムにより金融機関全体で情報が共有されています。

この情報は最大5年経過しないと削除されませんので、これらの履歴がある場合はカードローンからクレジットカードまで。あらゆるローン審査に通過するのが難しくなります。

利用額が10万円以下のケースは審査に落ちる

みずほ銀行カードローンでは10万円以下の貸付けをおこなっていませんので、借入希望額は10万円からであることを念頭に置いておくといいでしょう。

借入希望額を10万円以下にすると、利益が見込めないと判断されて審査落ちになるかもしれません。

みずほ銀行カードローンの審査の流れ

みずほ銀行カードローンの通帳

公式サイトからWEB完結申込みを選択し、カードローンの申込みをおこないます。口座がない場合は、申込と並行して口座開設の手続きがおこなわれますので、口座の「あり」「なし」で申込先が異なります。

いずれもおおよそ10分ほどでWEB申込みは完了し、しばらくすると保証会社であるオリエントコーポレーションから確認の電話が入ります。

申込後に確認の電話連絡が入る

みずほ銀行カードローンの申し込み画像

みずほ銀行カードローンは保証会社がオリエントコーポレーションになりますから、ここからは保証会社により審査がすすめられていきます。

保証会社から確認の電話連絡が入ったということは、まずは第一関門である仮審査に通過したことになります。

このとき電話ではなく、メールで連絡が届いた場合は、残念ながら機械によるスコアリング審査により、審査落ちしたことになります。

電話では、申込内容やキャッシングの目的を聞かれたり、在籍確認の方法などが伝えられます。

在籍確認がおこなわれる

電話を切った後、おおよそ5〜10分くらい経過すると勤務先への在籍確認がおこなわれます。

在籍確認が取れ次第、保証会社から電話が入り提出する書類の案内があります。

本人確認書類
運転免許証、特別永住者証明書/在留カード、パスポート、身体障碍者手帳、住民基本台帳カード、健康保険証
収入証明書類
源泉徴収票、住民税決定通知書または課税証明書、納税証明書、確定申告書、給料明細書

必要書類については、審査状況などにより異なります。指定された書類の用意が難しい場合は、代案が出されますので、上述している書類がないからといって焦る必要はありません。

少なからず本人確認書の提出は必要になりますので、あらかじめ用意しておくといいでしょう。

本審査に通過後、融資が受けられる

みずほ銀行カードローンのキャッシュカード

無事に本審査にも通過すると、いよいよ融資が受けられます。融資金の受け取り方法は、口座の「あり」「なし」で異なります。

口座がある場合

口座がある場合は、手持ちの口座に融資金が振り込まれます。平日15時までなら、振込みがおこなえるため、審査結果がわかり次第、早々にお金が振り込まれます。

手持ちのキャッシュカードがそのままローンカードとして利用できるので、郵送物が自宅に送られてくることなく、キャッシングサービスが受けられます。

口座がない場合

口座がない場合は、キャッシング専用のローンカードが自宅に届き次第、融資金を受け取ることができます。このローンカードが郵送されてくるまでに、3〜5日くらいの日数がかかります。

なかなか審査結果が来ない方へ

みずほ銀行カードローンは、審査が混み合っていると審査結果がなかなか返ってこないケースがあります。決して審査に不利な情報が見つかったというわけではなく、ただ単に申込が殺到して保証会社がパンクしているだけなので、不安になる必要はありません。

しばらく待てば必ず審査結果は分かりますが、どうしても早々に結果が知りたい場合は、問い合わせて審査情報を確認してみるといいでしょう。

催促の電話を入れたからといって審査に不利になることはありません。少し抵抗を感じるかもしれませんが、みずほ銀行のカードローン専用ダイヤルに連絡を入れれば今の審査状況を教えてもらえます。

みずほ銀行カードローンの返済方法

みずほATMの画像

みずほ銀行カードローンは、自動的に口座から引き落としがおこなわれるので、わざわざ自分でATMに行って返済する必要がありません。毎月の返済がラクにおこなえるシステムになっています。

みずほ銀行の最低返済額 10,000円~

みずほ銀行カードローンの返済額は、借入残高に応じて異なります。返済額は残高スライド方式となっており、50万円以下なら10,000円、100万円以下なら20,000円が毎月口座から引き落とされます。

みずほ銀行カードローンの返済方法

みずほ銀行カードローンの返済方法は、次の通りになります。

自動引き落とし 毎月10日に自動的に引き落としされます。
ATMでの返済 提携先のATMを利用して自分のタイミングで返済できます。
みずほダイレクト 電話やWEBなどのやり取りだけで返済がおこなえます。

みずほ銀行カードローンは、毎月10日に必ず自動的にお金が引き落とされます。10日に返済が間に合わなかった場合、追加返済の場合は、コンビニATMやみずほダイレクトで返済がおこなえます。

みずほ銀行カードローンの貸付条件

融資額 実質年率 利用対象
0万~1,000万円 3.0~14.0% 満20~満65歳
遅延損害金 返済方式 担保・保証人
19.9% 残高スライド方式 不要
みずほ銀行カードローンは、メガバンクなうえに低金利という安心要素が強いカードローンです。カードローンを利用してみたいけど不安という人でも、みずほ銀行であれば安心できるのではないでしょうか。

みずほ銀行カードローンは、当サイトでも毎日といっていいほど申込のある人気のカードローンになります。低金利で借入するには、ここより良い条件のところは難しいでしょう。

みずほ銀行カードローンの申し込みはこちら


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.