三井住友銀行カードローンは学生でも借り入れできる?

三井住友銀行カードローンは、学生の方でもキャッシングをすることができます。

ただ、三井住友銀行カードローンの利用条件は、20歳以上69歳以下であり、一定の安定した収入があることとなっていますので、これを満たしていることが前提となります。

三井住友銀行の画像

学生が三井住友銀行カードローンでキャッシングする場合において、親や学校に知られることなく借り入れすることも可能です。

まずは、親バレしないでキャッシングする方法を知った上で、三井住友銀行カードローンの審査申込をおこなうといいでしょう。

三井住友銀行カードローンは学生でも借り入れ可能!郵送物なしで親バレしない

三井住友銀行カードローンは、学生の方でも借り入れができるだけでなく、郵送物なしで借り入れできる方法がありますので、親にバレずにキャッシングすることが可能となります。

じつは、家族にカードローンの利用がバレてしまう原因として最も多いのが、この自宅に届く郵送物になります。

契約書類やカードローン専用のキャッシュカードが自宅に届き、これを家族に見られてしまうとキャッシングを利用していることがバレてしまうのです。

三井住友銀行で親バレしないでキャッシングする方法

三井住友銀行カードローンは、ローン契約機を利用して手続きを完了させることで郵送物なしでキャッシングがおこなえます。

三井住友銀行のローン契約機の画像

親バレしないで借り入れするには、webに三井住友銀行カードローンから申込時に記入した携帯電話に連絡が入ります。

この際に、提出する書類や在籍確認などの案内がありますので、その指示に従って審査をすすめていくと早ければ2時間ほどで融資可能かどうかが判断されます。

融資可能と判断された場合においては、三井住友銀行内に設置されているローン契約機、もしくはプロミスの自動契約機で手続きをおこなうことで、契約書類やカードローン専用のキャッシュカードなどの郵送物をその場で受け取ることができます。

三井住友銀行カードローンで親バレするケース

基本的に三井住友銀行カードローンは、ローン契約機で手続きをおこなうことで、郵送物なしでキャッシングをすることが可能となりますが、返済が遅れた場合においてはその旨を知らせるハガキが自宅に届きます。

この郵送物が原因で、三井住友銀行カードローンの利用が親バレしてしまうかもしれません。

三井住友銀行カードローンでキャッシングをするなら、契約時にローン契約機を利用するだけでなく、利用中に滞納しないようにすることも大切になります。

三井住友銀行カードローンの限度額は?学生はいくらまで借り入れできる?

三井住友銀行カードローンの限度額は?学生はいくらまで?

三井住友銀行カードローンは、学生の場合においても年収3分の1までの融資に対応してもらえます。

かつて三井住友銀行カードローンは、総量規制対象外のため年収3分の1を超える融資が可能とされていましたが、現在は自主規制により貸付額を制限している状態にあります。

信用力に問題がみられなければ、年収3分の1までの融資に対応してもらえますが、それ以上の融資については信用を積み重ねることが重要になります。

三井住友銀行と学生ローンどっちの利用がおすすめ?

学生がキャッシングするのであれば、三井住友銀行カードローンを利用するのがベストです。

学生ローンとは、学生専用のローンサービスのことをいいます。

学生ローンは、通常のカードローンよりも借入限度額が小さくなる傾向にありますが、学生専用とうたっている訳ですから融資に対してとても前向きな姿勢にあります。

三井住友銀行と学生ローンの比較

限度額 金利 親の同意書
三井住友銀行 年収3分の1まで 4.0%~14.5% 必要なし
イー・キャンパス 1〜50万円 14.5%〜16.5% 必要なし
マルイ 1〜50万円 15.0%〜17.0% 必要なし
アイシーローン 1〜50万円 10.0%〜20.0% 必要なし
カレッジ 1〜50万円 17.0% 必要なし
学生ローンのデメリット

「学生ローン」と聞くとイメージが良いかと思われますが、その多くは一般的に借金をするのと差異はありません。

上述で紹介している学生ローンは、貸金業法の元で貸し付けがおこなわれているのですが、中には安定した収入がなくても借入できた事例があり、その対応が伺えます。

収入がなくても借り入れできる業者においては、悪徳金融業者といえますので、キャッシングしないことをおすすめします。

収入がないにも関わらずキャッシングしてしまうと自らで返済がおこなえない状態へと陥り、いずれ親の力を借りる羽目になります。

学生が親バレしないでキャッシングするのであれば、きちんと返済能力を審査してもらえる銀行で借り入れするのがベターです。

限度額が多いのは三井住友銀行カードローン

学生ローンよりも三井住友銀行カードローンのほうが限度額が多く、金利も低くなる傾向にあります。

学生ローンは50万円までの融資に対応してもらえると記載されていますが、そのほとんどが10〜20万円の少額なものになりますので、高額な融資は期待できません。

学生ローンは借入額が少額になるだけでなく、学生証や免許証などの提出書類が多くなりますので、融資を受けるのであれば三井住友銀行カードローンのほうがよりキャッシングがしやすいといえるでしょう。