三井住友銀行はおまとめローンできる?

三井住友銀行カードローンは、金利4.0〜14.5%で最大800万円の融資が受けられるうえに、審査のスピードが速く、おまとめローンに最良の条件が揃っています。

おまとめローンをするなら、是非とも三井住友銀行を利用したいところですが、そもそも借入金のおまとめ・借り換えに対応してもらえるのでしょうか。

三井住友銀行の写真

三井住友銀行には、おまとめ・借り換え専用のローンプランはありませんが、webに「おまとめ・借り換えを希望している」という旨を伝えると、総量規制を超えた融資にも対応してもらえます。

三井住友銀行カードローンはおまとめローンができる

現在、三井住友銀行を含む銀行のカードローンは、自主規制により貸付額を年収3分の1までに制限しています。

しかし借入目的がおまとめ・借り換えの場合においては、その範囲を超えた借入も可能となります。

三井住友銀行はおまとめローン・借り換えローンで、年収3分の1を超えた融資に対応してもらえるのです。

三井住友銀行カードローンのおまとめ審査基準について

三井住友銀行カードローンは、おまとめ・借り換えの場合においても、通常のカードローンと同じように審査がされますが、前向きに融資を検討してもらえる可能性が高いと考えられます。

おまとめローンなどの借入れは利益収入が見込めると判断されるため、金融機関からすると獲得しておきたい属性になるからです。

三井住友銀行内の画像

完済したことを証明する「完済証明書」などの提出も不要で、身分証明書と収入証明書の提出でおまとめローンが可能かどうかが早々に判断されます。

返済能力があれば積極的な融資が期待される

三井住友銀行は、おまとめローンに対して前向きな融資姿勢が期待されますが、それは確実に返済できる見込みがあると判断された場合に限られます。

金融機関は、貸付をしても返してもらえなければマイナスになってしまいますので、当然ながら借りたお金が返せることが前提条件となります。

三井住友銀行で借り入れをして返せる余力さえあれば、十分におまとめローンの審査に通過する可能性があると判断されます。

三井住友銀行のおまとめローンに向いている人

ok女

借入金利が14.5%を超えているなら三井住友銀行でおまとめ!

現在の借入金利が年14.5%を超えている

すでにある借入金利が年14.5%を超えている場合においては、三井住友銀行のおまとめで金利が下がる可能性があります。

たとえば、A社とB社(それぞれ金利18.0%)で借入残高が100万円だった場合、三井住友銀行に借り換えすることで、次のように毎月の返済額が軽減されて、利息総額が大幅に引き下がります。

実質年率18%の借り入れの場合

返済期間(回数)  返済額 利息総額
100万円 3年以内(35回) 37,000円 291,958円
4年以内(47回) 30,000円 396,689円
5年以内(58回) 26,000円 502,157円

三井住友銀行でおまとめローンした場合

返済期間(回数)  返済額 利息総額
100万円 3年以内(36回) 35,000円 234,058円
4年以内(48回) 28,000円 316,732円
5年以内(59回) 24,000円 398,948円

三井住友銀行で金利18.0%の借入残高100万を借り換えすると、「103,209円」の利息総額の軽減が見込めます。

※5年で完済した場合においての事例です。

一度も滞納をしていない方

これは三井住友銀行に限った話ではないのですが、一度でも滞納や延滞などの情報があるとカードローンの審査に通過しづらくなります。

とくにおまとめローンは、確実にお金を返せる人に対しては積極的に融資をしてもらえますが、そうでない場合においては門前払いを食らう羽目になります。

恐らく過去にローンの滞納履歴があると、三井住友銀行に申し込みをしても仮審査の時点で審査落ちとなるでしょう。

三井住友銀行でおまとめローンの申込方法

三井住友銀行でおまとめローンをする場合においても、通常のカードローン申し込みと同じ方法でおこなっていきます。

申込情報を記入して送信ボタンを押すと、三井住友銀行から申込完了を知らせるメールが届きます。

三井住友銀行カードローン審査の申込完了画面

このメールが届いてから20〜30分ほどすると仮審査の結果がでますので、これに通過すれば三井住友銀行の保証業務を担当しているSMBCコンシューマーファイナンスから携帯電話に確認の連絡が入ります。

その際に借入目的が聞かれますので、「おまとめローンを希望している」という旨を伝えると、それに沿った内容で審査が進められていきます。

あとは必要書類を提出して在籍確認を済ませれば、融資可能かどうかが判断されます。

三井住友銀行カードローンの審査の流れについては、「三井住友銀行カードローンの審査の流れと在籍確認について徹底解説!」の記事で詳しく説明していますので、そちらも合わせてご覧ください。

三井住友銀行カードローンでのおまとめと総量規制の関係性

三井住友銀行カードローンは銀行法の対象となるため、総量規制の対象にはなりません。

そのため法律上、三井住友銀行カードローンは法規制の範囲を超えた年収3分の1以上の融資がおこなえます。

三井住友銀行にとっておまとめローンはローリスクで金利収入が大きい

三井住友銀行のような銀行カードローンは、そのほとんどが消費者金融などのサラ金が保証業務を担っており、貸付をして契約者が貸し倒れをしてもその損失金額を負担するのは、銀行ではなく審査をおこなったサラ金業者になります。

三井住友銀行の自動契約機の写真

銀行にとっておまとめローンは、リスクが少なくリターンが大きいため積極的に貸付をする姿勢にありました。

銀行カードローンの貸付残高は、2013年では3兆5442億円だったものが、2016年には5兆1227億円へと急増し、個人向けローンの貸付が過熱状態にありました。

しかし、三井住友銀行などの銀行カードローンの貸付残高が増加するのと比例し、個人の破産申請いわゆる自己破産者が年1.2%も増加しました。

こうした自己破産者の増加は銀行カードローンが背景にあるとされ、金融庁が警告を鳴らして「状況次第では銀行のカードローンも貸付規制を設ける」と示唆しました。

収入証明書さえ提出すればおまとめローン審査に通過する!?

三井住友銀行カードローンは、金融庁からの警告を受けて貸付額を年収2分の1から年収3分の1までとし、年収を把握するための収入証明書類の限度額を300万円から50万円に引き下げる自主規制を発表しました。

三井住友銀行のカードローンは貸付を制限しているものの、あくまで自主的なものになりますので、確実に貸付額が年収3分の1までとされるわけではありません。

三井住友銀行にとっておまとめローンは、利益収入が見込めるだけでなく、新規開拓ができるというメリットも兼ね備えていますから、返済能力さえ認められれば前向きに融資を検討してもらえます。

現在、三井住友銀行に限らず銀行のカードローンは、年収の把握を徹底させる姿勢にありますから、おまとめローンを希望される場合においては、確実に収入を証明する書類の用意をしておくといいでしょう。