三井住友銀行カードローンは、口座がなくても即日融資・即日振込に対応しています。

三井住友銀行の「口座あり」「口座なし」で即日融資の方法が変わってきます。

口座あり

  • インターネットバンキングを利用して21時までに契約を完了させる。

口座なし

  • WEB完結なら平日15時までに契約を完了させる。
  • ローン契約機で21時までに契約を完了させる。

自動契約機やインターネットバンキングを利用すれば、土日祝日でも即日融資が受けられます。「口座なし」でWEB完結を希望する場合は、平日15時までに契約手続きをすべて完了させましょう。

こちら女

三井住友銀行カードローンは、最短30分の融資スピードがあるうえ、土日祝日の融資、WEB完結にも対応しています。銀行カードローンで今日中に融資を受けたいなら、三井住友銀行カードローンの利用がおすすめです。

三井住友銀行カードローンは口座があると即日融資に有利

三井住友銀行カードローンは、三井住友銀行の口座があると即日融資に有利です。

  • ローン契約機に行かなくても郵送物なし
  • 審査書類の提出なし
  • 21時までWEB完結可能

「口座あり」なら、SMBCダイレクト(インターネットバンキング)を利用することができます。SMBCダイレクトは、WEBのみでカードローン契約がおこなえるうえ、21時までの契約完了で振込融資が受けられます。

また、手持ちのキャッシュカードにローン機能がそのまま追加されているため、郵送物も一切届きません。申し込みをおこなって審査結果が出れば、手持ちの口座にお金が振り込まれるので、あとは近くのファミリーマート、セブンイレブン、ローソンなどのコンビニATMでお金を引き出すだけです。

もちろん、三井住友銀行の自動契約機でも引き出し可能です。SMBCダイレクトを利用すると審査書類を提出する必要もないので、非常に好条件で即日融資が受けられます。

三井住友銀行カードローンは口座なしでも即日融資・WEB完結が可能

銀行カードローンは、口座を持っていないと即日融資が受けられない場合が多いのをご存知でしょうか?ほとんどの銀行カードローンは口座を持っていないと即日融資が受けられません。

しかし、三井住友銀行カードローンは口座がなくても即日融資が受けられるうえ、他社の銀行口座への振込融資もおこなっていただけます。振込融資は、銀行業務が閉まる15時までに手続きが完了していることが条件なので、できる限り早く申込をおこなうと良いでしょう。

15時を過ぎた場合でも、ローン契約機でカードローン専用のキャッシュカードを発行すれば即日融資が受けられます。WEB申込をおこなって仮審査の回答が得られたら、21時までにローン契約機で手続きを完了させましょう。

口座なしでWEB完結するなら15時までの契約完了が必須

「ローン契約機にわざわざ行くのが面倒」そう思う方は、振込融資を利用するのがおすすめです。インターネットやスマホなどのWEBのみで、すべて契約手続きがおこなえるためWEB完結が可能です。「WEB完結=振込融資」になるので、15時までに契約を完了させることが条件になります。

ただし、WEB完結をおこなうと後日、自宅に郵送物が届くため、郵送物なしで借入したいのであればローン契約機を利用することをおすすめします。

ローン契約機を利用すれば郵送物が届かない

web申し込みをしたあとに、ローン契約機で郵送物の受け取りが可能です。

ローン契約機を利用すれば自宅に郵送物が一切届きません。その場で契約書類やローンカードを受け取ることができます。

「ローン契約機に行くのは面倒」と、思う方がほとんどだと思いますが、その場で郵送物を受け取ることができるので、家族に借入を知られたくないのであれば無人契約機を利用しましょう。

三井住友銀行カードローンが即日融資に向いている理由

土日祝日でも即日融資が受けられる

三井住友銀行カードローンは、土日祝日でも審査をおこなっています。これには、審査をおこなっているSMBCコンシューマーファイナンスグループのプロミスが関係してきます。

保証会社であるプロミスが審査をおこなっているため、土日祝日でも融資が受けられるうえ、大手消費者金融と変わらない最短30分で審査回答が得られます。1月1日以外、毎日即日融資に対応していただける非常に優れたカードローンです。

「口座あり」「口座なし」でもWEB完結可能

三井住友銀行カードローンは、口座あり、口座なしに関係なくWEB完結が可能です。自宅や職場から一歩も出ないで契約が完了します。

口座ありでWEB完結をおこなうことができる銀行カードローンは多くありますが、口座なしでWEB完結がおこなえる銀行カードローンは滅多にありません。非常に柔軟に対応していただけるので、口座を持っていない方でも利用しやすいです。

最短30分の審査スピード

三井住友銀行カードローンは、最短30分で審査回答が得られるので即日融資が受けられる可能性が非常に高いです。

「即日融資可能」と広告に記載されているにもかかわらず、蓋を開けてみたら即日融資がおこなえない銀行カードローンは意外と多くあります。このような銀行カードローンの場合、審査が混み合っているや、申し込みが殺到しているという理由から審査回答が得られるまでに2〜3営業日もかかって、融資を受けるまでに時間がかかります。

即日融資をするなら、広告に騙されないようにしっかり見極めることが大切です。見分け方のポイントはやはり審査スピードです。三井住友銀行カードローンであれば、最短30分で審査回答が得られるので安心です。

三井住友銀行カードローン即日融資の申し込み方法

「口座あり」「口座なし」で即日融資の方法が変わってきます。

「口座あり」の融資までの流れ

  1. 公式サイトからインターネットバンキングにログインする
  2. 審査結果が電話、またはメールで届く
  3. 普通預金口座にお金が振り込まれる

「口座なし」の融資までの流れ

  1. 公式サイトからWEB申込を選択
  2. 審査結果が電話、もしくはメールで届く
  3. 必要書類提出
  4. ローン契約機での借入、もしくは振込融資

口座がある場合と、口座がない場合だと、融資方法が異なるので気をつけましょう。

今日中に融資を受けるために必要なこと

在籍確認のクリアは必須

即日融資を受けるなら、在籍確認をクリアすることが必須です。在籍確認は、申込者が記入した勤務先に勤めているかを確認するための電話連絡のことです。この在籍確認をクリアしなければ、融資は受けられません。そのため、申込当日に会社が営業している、もしくは会社の誰かが電話に出られる状態であることが条件になります。もちろん、本人が電話に出られる状態でもOKです。

在籍確認をネックに思う方もいるようですが、銀行から電話がかかってくるだけなので会社や第三者に借入がばれてしまう心配はありません。銀行が「◯◯さんはいますか」と聞いて、電話に出た方が「◯◯は本日休みです」「◯◯はいま席を外しています」などと回答が得られれば在籍確認をクリアしたことになります。ようするに、本人が電話に出られなくても在籍していることが分かれば大丈夫です。用件も、本人以外には絶対に口外されないので安心です。

どうしても在籍確認をネックに感じるようであれば、申込後、三井住友銀行カードローンプラザにその旨を伝えましょう。電話をかける際の名前を銀行名ではなく個人名に変更していただけたり、電話がかかってくる時間帯を指定できたり、できる限り寄り添った対応をしていただけます。

在籍確認を逃れる方法はありませんが、在籍確認の不安を取り除くことはできます。申込途中で「やっぱり辞めたい」と思えばそのままキャンセルすることもできるので、強引に契約を勧められる心配もありません。メガバンクなので安心してカードローンを利用することができます。

300万円を超える借入は収入証明書が必要

300万円を超える借入をおこなう際は収入証明書類が必要になります。正確にいうと三井住友銀行カードローンは10万円単位の借入となるので、310万円以上の借入で収入証明書が必要になり、300万円以下の借入であれば収入証明書は必要ありません。

収入証明書が必要な場合は、給与明細や所得証明書、確定申告書等などのいずれか一点をあらかじめ用意しておくと契約がスムーズにおこなえます。当然、収入証明書が用意できなければ融資は受けられません。高額融資を受ける場合は、収入証明書が必要になる金額を確認したうえで申込をおこないましょう。

21時までにすべての手続きが完了すること

三井住友銀行カードローンで即日融資を受けるなら、口座ありも、口座なしも、21時までにすべての手続きが完了していることが条件になります。

たとえば「口座あり」の場合は、インターネットバンキングを利用して21時までに契約が完了すれば振込で融資をしていただけます。「口座なし」の場合は、振込融資が受けられるのが15時までになりますが、自動契約機を利用すれば21時までの契約完了で当日中に融資が受けられます。

三井住友銀行カードローンは、他社の銀行カードローンよりも即日融資に対応していただける時間が長いため、今日中に融資が受けられる可能性が非常に高いです。