三井住友銀行カードローンは総量規制の対象外?

三井住友銀行カードローンは総量規制の対象外であり、年収3分の1を超えた融資にも対応してもらえます。

総量規制とは、個人の借入総額を年収3分の1までに制限した法律のことで、この対象となるのは消費者金融などの貸金業者になります。

三井住友銀行の画像

三井住友銀行カードローンは貸金業者ではなく銀行にあたり、そもそも適応される法律に違いがありますので、総量規制の対象から外れるのです。

三井住友銀行カードローンは総量規制対象外になる

三井住友銀行カードローンは、総量規制の制限にあたる貸金業法ではなく、銀行法が適応されますので、総量規制の対象外となります。

総量規制の対象となる借り入れについては、借入総額が年収3分の1までと制限されますが、総量規制対象外になる借り入れにおいては、この法規制の範囲を超えたキャッシングが可能となります。

総量規制の年収制限
三井住友銀行カードローン 対象外(年収3分の1以上)
消費者金融 対象(年収3分の1まで)

三井住友銀行カードローンは年収制限(3分の1)を超えたキャッシングができる

三井住友銀行カードローンは総量規制対象外となりますので、年収3分の1を超えたキャッシングがおこなえます。

ただ、現在では自主規制により銀行のカードローンは、貸し付けを自主的に制限している状態にありますので、総量規制をオーバーした借入に対応してもらえるかどうかは、ケースバイケースになります。

三井住友銀行でキャッシングしている写真

三井住友銀行カードローンが、年収3分の1を超えた貸し付けをおこなったとしても、確実に返済できるという信用力があると判断されれば期待通りの融資が受けられますし、そうでなければ総量規制を超えた借り入れが難しくなります。

三井住友銀行カードローンは他社から借り入れがあっても借りれる?

三井住友銀行のカードローンは、自主規制により個人の貸付額を年収2分の1から年収3分の1までに引き下げているのが現状です。

しかし実際に三井住友銀行カードローンへ問い合わせてみたところ、自主規制をおこなってはいるものの、基本的には銀行法が適応されるため、総量規制を超えた借り入れにも対応しているとのことでした。

他社から借り入れがあっても、すでに年収3分の1を超えた借り入れがあっても、返済できる見込みがある方であれば融資に対応してもらえる、というのが正解といえます。

審査を受けてみないことには融資に対応してもらえるかの判断がおこなえないため、まずは三井住友銀行へ審査申し込みをしてみるといいでしょう。

三井住友銀行カードローンでの審査申込を希望される場合は、「三井住友銀行カードローンの審査の流れと在籍確認について徹底解説!」の記事を合わせてご覧ください。

いずれ三井住友銀行カードローンも総量規制の対象になる!?

三井住友銀行だけでなく銀行のカードローンは、総量規制の対象外となるのが一般的です。

しかし、銀行カードローンの過剰貸し付けにより自己破産者が増加の一途をたどり、銀行も規制の対象にするべきではないか、という声が弁護士らを中心に上がってきています。

規制の対象となることを避けたい銀行は、これを回避するべく貸付額を自主的に制限する、いわゆる自主規制の姿勢を見せていますが、それでも自己破産件数が減少しない場合においては、銀行も消費者金融のように融資額の制限が設けられるかもしれません。

三井住友銀行カードローンの自主規制の背景にあるものとは?

そもそも、なぜ消費者金融などの貸金業者は規制が設けられているのかと言いますと、グレーゾーン金利と呼ばれる高金利の貸付により自己破産者が増加したことが背景にあるとされています。

自己破産問題を緩和するために施行された法律が、総量規制になります。

規制が設けられたことで貸金業者は縮小しつつありましたが、その一方で規制のないことを強みとする銀行は、カードローン残高が消費者金融の2倍を超えるまでに膨れ上がりました。

社会的な立場に置かれている銀行が、過剰な貸付をおこなっていては社会の秩序が乱れるとされ、三井住友銀行を含む銀行のカードローンは厳格化審査を発表して、貸付額の引き下げをおこないました。

借り過ぎないことが大切

三井住友銀行などの銀行カードローンが、貸し過ぎを防止するべく自主規制をおこなっていますが、利用者側も借り過ぎに注意しなければいけません。

当然ながら三井住友銀行カードローンで借りたお金は、三井住友銀行に返していき、全額返済する必要があります。

年収3分の1を超えた借り入れをしても、返済できるのかどうかはご自身が一番よく分かっていると思います。

カードローンを利用する際には保証会社により返済能力の審査がされますが、まずは自身でシミュレーションをおこない完済できると判定してから、審査申し込みへと踏み切ることが大切です。