三井住友銀行カードローンは増額融資が可能ですか?

三井住友銀行カードローンは、増額融資(ぞうがくゆうし)が可能となります。

増額融資は、再審査をおこなった上で可能か否かが判断されます。再審査によって増額可能と判断されれば追加融資を受けることができます。

ただし、再審査の際にネガティブな情報が出てきた場合、借入限度額が減少されることがあります。

そのため三井住友銀行カードローンを利用中に一度でも滞納がある場合や、転職をして勤続年数が短くなった場合などは、増額融資をおこなわないほうが良いかもしれません。

ポイント女

増額融資は、信用実績が重要になってきます。一度も滞納をしたことがない返済履歴が優秀な人であれば、利用可能額の増枠を望める可能性が高いでしょう。

増額融資とは?

増額融資とは、契約極度額(=借入の上限)を引き上げることです。

たとえば、三井住友銀行カードローンの利用限度額が50万円の場合、増額申請をすれば80万円まで極度額が引き上げられるかもしれません。

増額融資を受けることで金利が低くなったり、融資額が増額されるメリットがあるので借入金を増やしたい場合は増額申請をおこなうと良いでしょう。

いくらまで限度額の増枠ができる?

三井住友銀行カードローンの最大利用限度額は800万円になりますが、当然ながら誰もがこの金額の借入をおこなえるわけではありません。

限度額の増枠は、極度額までの借入になります。極度額とは信用情報、借入額、勤続年数などのあらゆる要素をもとに判断された、契約者ごとの借入できる最大限の範囲です。

極度額は人によって変わってきますので一概にいくらまで借入ができるとはいえませんが、おおよそ年収の3分の1から半分になるケースが多いといわれています。

三井住友銀行カードローンの増額融資の審査ポイント

借入金の返済が一度も遅れていない

借入金の返済の遅れが一度でもあると増額融資の審査に通過しません。

なぜなら、増額融資の審査には信用が不可欠だからです。増額融資は、信用によって成り立ちます。そのため、一度も滞納していない人であれば、増額してもしっかりと返済してくれるとみなされて追加融資可能と判断されるのです。

しかし、一度でも滞納があると追加融資をおこなっても、返済してくれない恐れがあると判断されて審査落ちとなってしまいます。

さらに、滞納を何度もおこなっているような場合、再審査をおこなうことで融資額が減額されることがあります。そのため、返済履歴に「滞納」の記録がある場合は増額審査を受けないほうが良いでしょう。

6ヶ月以上信用実績を積み重ねている

数ヶ月の返済実績では、信頼性の判断が難しいです。そのため、6ヶ月以上は信用実績を積み上げてから増額審査を受けましょう。

また、6ヶ月以上返済実績が優秀な人は三井住友銀行から増額融資の連絡があるかもしれません。連絡があった場合は、増額融資が望める可能性が非常に高いといえるでしょう。

勤務先や年収が変わっていない

増額融資の審査を受ける際に、勤続先や年収が変わっていると審査に影響がでる場合があります。とくに、転職した場合は、勤続年数が短くなってしまうので審査に不利になるかもしれません。

また、年収が大幅に減っている場合も同様です。収入が減ったことによって融資額が減額されることがあります。反対に、以前申し込んだ際よりも収入が増加している場合は増額融資が望める可能性が高くなります。その場合は、審査に有利になるといえるでしょう。

また、転勤などで職場が変わった場合は審査に不利になることはありません。ただし、増額審査を受ける際に、前の申込情報の勤務先が異なる場合は、その旨を伝えましょう。

しっかりと伝えていないと、前回の申込の際に「虚偽の申告」をしたとみなされてしまうかもしれません。信頼性を失ってしまう可能性があるので注意しましょう。

三井住友銀行カードローンの増額融資のデメリット

増額融資の審査を受けた際に、下記にあてはまる場合は借入限度額が減額される恐れがあるので注意しましょう。

  • 一度でも滞納がある場合
  • 年収が大幅に減少している場合
  • 転職している場合

増額融資の審査の際に、個人信用情報機関の個人情報が開示してみられます。そのため、他社の借入金やクレジットカードの返済履歴に一度でも滞納がみられる場合は、マイナスな印象を与えてしまって融資額が減額されることがあります。

信用情報は、顧客の同意がないと開示できないため再審査を受けたときに、借入額が減額される可能性は十分にあるのです。そのため、信用情報に不安要素がある場合は増額融資を希望しないことをおすすめします。

優良顧客には三井住友銀行カードローンから連絡がある

借入金の返済実績の優秀な顧客には、三井住友銀行から「増額融資の案内」があります。案内がきた場合、増額融資が望める可能性が非常に高いので、再審査を受けてみると良いでしょう。

増額案内が来ていない人は、プロミスの貸金業法に基づくおまとめローンのプランを利用してはいかがでしょうか。公式サイトに記載はありませんが、プロミスはおまとめローンに積極的なカードローンです。

通常のフリーキャッシング、おまとめローンをしたい旨をオペレーターに伝えると相談に乗ってもらえて、現状にあったプランを提案してくれます。

プロミスの公式サイトを見てみる

正直なところ、増額案内が来ていない場合は審査に通過するかどうかは五分五分なので、プロミスのおまとめローンを利用したほうが、三井住友銀行で増額をするよりもキャッシング成功率がぐっと高くなります。

プロミスは、おまとめローン商品のみ証書貸付による、年収の3分の1を超える融資が受けられます。

ポイント女

増額案内がきているなら三井住友銀行で増額の申込へ。そうでない場合はプロミスの貸金業法に基づくおまとめローンの利用をおすすめします。

三井住友銀行カードローンの増額融資 Q&A

増額融資の審査の際に再度、在籍確認がおこなわれますか?
三井住友銀行カードローンは、増額融資の審査の際に在籍確認がおこなわれます。

三井住友銀行カードローンで増額融資を受ける場合は、通常のカードローン審査と同じように在籍確認がおこなわれます。

そのため、三井住友銀行とは名乗らずに担当者の個人名で連絡がくるのでプライバシーに配慮されて連絡があります。また、在籍確認がおこなわれるので、追加融資を受ける場合は会社が営業している日に申込をすると審査回答を早く得ることができます。

カードローン増額をおこなう場合は、なるべく会社の営業日が良いでしょう。


増額融資の審査回答を得られるまでどのくらいの時間がかかりますか?
三井住友銀行カードローンの増額融資の審査スピードは最短30分です。

三井住友銀行カードローンで増額融資を受ける場合、通常のカードローンと審査時間が一緒です。そのため、最短30分で増額可能かが判断されます。

ただし、勤め先への在籍確認が取れない場合や信用情報に不安要素がある場合は、増額審査に多少時間がかかるかもしれません。


借入してすぐに増額融資を受けることは可能ですか?
三井住友銀行カードローンで借入してすぐに増額融資を受けるのは難しいと思われます。

三井住友銀行は、借入審査によって借入限度額が決められているので、カードローン審査を受けてすぐに増額申請をしても審査結果は変わりません。

たとえば、カードローン審査の時点で限度額50万円と判断された場合、すぐに増額申請をおこなっても結果は同じ50万円となります。

ある程度、信用を重ねてから増額申請をすると良いでしょう。


三井住友銀行カードローンで増額融資をおこなった場合、収入証明書は必要になりますか?
300万円以内の利用限度額であれば収入証明書類を用意する必要がありません。

三井住友銀行カードローンは、300万円を超える借入の場合のみ収入証明書類が必要になります。そのため、極度額が300万円以内であれば収入証明書なしで追加借入をおこなうことができます。


三井住友銀行カードローンは年収の3分の1以上の増額も可能ですか?
総量規制対象外となるので年収の3分の1以上の増額の可能性があります。

三井住友銀行カードローンは、総量規制対象外となるので年収の3分の1以上の増額融資が望める可能性があります。

ただし、借入できるかは再審査次第となります。信用情報に問題がなければ、年収の3分の1以上の融資も可能かもしれません。


増額するのと他社の金融機関で新規契約をするのはどちらがおすすめですか?
増額案内が来ていない人は、新規のフリーキャッシングを利用するのがおすすめです。

三井住友銀行カードローンは、優良顧客に対しては積極的にキャッシングをおこなうのですが、そうでない場合は、審査が厳しくなる傾向があります。

とくに現在の銀行カードローンは、金融庁から警告を受けており、過度な貸付が禁止されています。ようするに、三井住友銀行のような銀行カードローンは以前よりも増額キャッシングが受けづらい状況にあるのです。

三井住友銀行から増額案内が来ていない人は増額審査に通過しづらいと考えられるため、新規のフリーキャッシングを利用しましょう。

プロミスであれば貸金業法に基づくおまとめローンにより、年収の3分の1を超えるキャッシングがおこなえます。