横浜銀行カードローン

  1. 横浜銀行は、神奈川県横浜市に拠点をおく日本最大の地方銀行です。総資産が地方銀行の中でもっとも多いので1,000万円までの高額融資が受けられます。さらに、低金利で借入ができることから、横浜・東京都を中心に人気のカードローンとなります。横浜銀行カードローンは、低金利で高額融資を受けたい人におすすめです。

    • 低金利
    • 即日融資
    • 専業主婦
    • スマホ完結
    実質年率 借入限度額 審査時間
    1.9~14.6% 10~1,000万円 最短即日
    申込資格 即日融資 専業主婦
    20~69歳
    スマホ完結 在籍確認
    あり

    ※横浜銀行を利用する場合は、居住またはお勤めが神奈川県内全地域、東京都内全地域、群馬県内(前橋市、高崎市、桐生市)の人に限ります。

公式サイトはこちら

横浜銀行カードローンの特徴

  • 口座がなくても即日融資が受けられる
  • 低金利で最大1,000万円までの借入が可能

口座がなくても即日融資が受けられる

横浜銀行の普通預金口座を持っていなくても、即日融資が受けられます。

口座がある場合と、口座がない場合とでは融資方法が異なるので、詳しくはページ内に記載されている「今日中に横浜銀行カードローンで借入する方法」をご覧ください。

低金利で最大1,000万円までの借入が可能

横浜銀行カードローンは低金利なだけでなく、地銀最大の1,000万円の融資が受けられます。WEB完結申込みも可能なので、契約がおこないやすい特徴も兼ね備えている優れたカードローンです。

ポイント女

横浜銀行カードローンは、「低金利で借入したい人」「高額融資を受けたい人」におすすめです。

横浜銀行カードローンの審査ポイントと特徴

仮審査に通過したら本審査は書類審査のみ

横浜銀行カードローンの審査方法は、「仮審査」「本審査」と分れています。仮審査では返済能力の調査や在籍確認がおこなわれて、本審査では書類に不備がないかが調べられます。

そのため、仮審査に通過した場合、本審査に落ちる可能性は低いです。ただし、申込情報の住所と書類の住所が違う場合や、嘘の申告があった場合は本審査で落ちてしまいます。

本審査を受ける前に書類に不備がないかをあらかじめ確認しておくと良いでしょう。

限度額は年収の3分の1まで

横浜銀行カードローンは、高額融資が可能となりますが返済能力を超える貸し付けはおこなえません。審査次第となりますが、極度額(最高借入限度額)は「税金を含む年収の3分の1」となります。そのため、希望借入金額を記入する際は返済できる範囲内の金額を記入しましょう。

また最初のうちは信用リスクの判断が難しいので借入範囲が限られますが、信用をかさねれば増額融資が可能となります。しっかりと延滞なく返済がおこなえれば高額融資が受けられる可能性は十分にあるといえるでしょう。

アルバイト・パート・派遣・専業主婦の人でも審査に通過する

横浜銀行カードローンは、雇用形態の規制がないのでアルバイト・パート・派遣・専業主婦の人でも審査に通過する可能性は十分にあります。

ただし、信用情報に問題がないことが前提となります。過去にクレジットカードや借入金の滞納がある場合は審査に不利になりますが、雇用形態が原因で審査に落ちることはありません。

横浜銀行カードローンの必要書類

300万円まで 本人確認書類
301万円~ 本人確認書類、収入証明書

本人確認書類

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 在留カード

横浜銀行カードローンは、10万円単位の借入となるので、利用限度額が310万円以上になる場合は収入証明書が必要になります。

収入証明書

  • 源泉徴収票
  • 納税証明書
  • 確定申告書
  • 住民税決定通知書

今日中に横浜銀行カードローンで借入する方法

横浜銀行カードローンは、口座を持っているか否かで即日融資の方法が異なります。横浜銀行の支店口座がある場合はWEBのみで契約が完了しますが、口座がない場合は支店でキャッシュカードを発行しなくてはいけません。土日祝日は銀行が閉まってしまうので即日融資がおこなえません。

「口座あり」即日融資の方法

横浜銀行の支店口座がある場合は、WEB申込を平日の朝10時までにおこないます。その後、午後12時までにインターネットで契約書類をダウンロードします。「契約書類」に必要事項を記入して、「必要書類」のコピーと一緒にFAXで横浜銀行に送ります。

審査に通過すると、お持ちの横浜銀行の普通預金口座にお金が振り込まれます。また後日手持ちのキャッシュカードとは別に、カードローン専用のキャッシュカードが自宅に簡易書留郵便で送られてきます。

  1. 平日朝10時までにWEB申込完了
  2. 平日12時までに必要書類と契約書をFAXで送る
  3. 書類に不備がなければ即日融資可能となる

「口座なし」即日融資の方法

横浜銀行の普通預金口座を持っていない場合は、口座開設をする必要があります。

そのため、平日の朝11時までにキャッシュカードが即日発行できる支店に行かなくてはいけません。11時を過ぎると、即日融資ができなくなります。

口座開設や審査のプロセスをクリアできれば、夕方頃までには口座にお金が振り込まれます。あとは、発行された手持ちのキャッシュカードを使って、提携先のATM、または横浜銀行ATMでお金が引き出せます。

  1. 平日11時までに横浜銀行の支店でキャッシュカードを発行する
  2. 審査通過後、お金が口座に振り込まれる

土日祝日の即日融資

横浜銀行カードローンは、土日祝日の即日融資ができません。平日のみ即日融資可能となります。

土日祝日に即日融資をおこないたいのであれば、「即日融資 今すぐ借りたいときのカードローンと審査ポイント」を合わせてご覧ください。土日祝日でも即日キャッシングが受けられるカードローンを紹介しています。

こちら

横浜銀行カードローンで即日融資をする場合は、WEB申込後に電話で即日融資希望と伝えましょう。即日融資をおこなう場合は、通常の契約方法と異なるので注意しましょう。

横浜銀行カードローンの申込方法

通常の申し込みの場合は、横浜銀行の口座を持っている場合も、口座を持っていない場合も契約方法は同じとなります。ただし、口座がない場合は口座開設のための書類を記入する必要があります。

※即日融資希望の場合は契約方法が異なります。注意しましょう。

  1. WEB申込
  2. 審査

    電話で仮審査の回答があり、自宅に契約書類が郵送されます

  3. 契約書類と必要書類のコピーを送ります
  4. 書類に不備がなければ融資可能

    自宅にキャッシュカードが自宅に郵送されます

こちら女

横浜銀行カードローンは、通常の申し込みの場合、申込~融資可能となるまで1週間~10日ほどかかります。即日融資を希望する場合は、必ずWEB申込後に「即日融資希望」と電話連絡を入れましょう。

横浜銀行カードローンの返済方法

横浜銀行の最低返済額 2,000円~

横浜銀行カードローンは、借入残高10万円の場合、最低返済額が2,000円になります。他社の銀行カードローンよりも最低返済額の水準が非常に低いので、返済できるか不安な人でも安心して利用できます。

横浜銀行カードローンの返済方法

横浜銀行カードローンは、毎月「10日」が定例返済日となります。基本的には、自動引き落としでの返済となりますが、追加返済をおこなう場合はインターネットバンキング(はまぎんマイダイレクト)、または提携ATMでの返済が可能です。

口座引き落とし 毎月「10日」に自動的に引き落としされる
インターネットバンキング 24時間、借入・返済手数料無料で利用できる
提携ATM 提携先のATMから返済・借入が可能です。

横浜銀行カードローンは、毎月の返済金額、返済日が決められています。ただし、返済金額は50万円の借入の場合でも1万円となるので無理なく返済をおこなえます。もちろん、コンビニATMやインターネットバンキングで追加返済をすることも可能です。

提携先のATMでの返済は手数料が発生する場合があるので、インターネットバンキングに登録をして借入返済をおこなうのがおすすめです。インターネットバンキングの利用であれば24時間、借入・返済が無料でおこなえます。

横浜銀行カードローンの全額返済の方法

横浜銀行で全額返済をおこなう場合は、横浜銀行の支店で直接返済をおこなうか、提携先のATM、またはインターネットバンキングの利用で全額返済がおこなえます。

提携先のコンビニATM

 横浜銀行、イーネットATM、ローソンATM、セブン銀行ATM、イオン銀行ATM

コンビニATMを利用する場合、時間帯によって手数料が発生する場合があります。
※イオン銀行のATMのみ返済がおこなえません。

横浜銀行カードローンは家族や会社にばれないで借入ができる?

勤め先への在籍確認や、自宅への郵送物が原因で会社や家族にカードローンの利用がばれてしまうケースがあります。

横浜銀行カードローンは、在籍確認や郵便物が自宅に届きます。在籍確認はプライバシーに配慮されて連絡があるので会社にばれてしまう可能性は少ないですが、郵送物が原因で家族にばれてしまうことがあるかもしれません。

横浜銀行カードローンの在籍確認

横浜銀行カードローンは、在籍確認が必ずおこなわれます。専業主婦の場合は自宅へ。勤め先がある場合は会社と自宅に在籍確認の電話連絡が入ります。

在籍確認とは、所在や会社に勤務しているかを確認するためにおこなわれます。直接、本人と連絡が取れなくても勤務していることや所在していることが分れば在籍確認のプロセスをクリアできます。

横浜銀行カードローンの場合、銀行名ではなく個人名で電話連絡をしてもらうことも可能です。その場合は、WEB申込後にオペレーターに電話連絡をしてその旨を伝えましょう。できる限りプライバシーに配慮されて電話連絡が入るので、用件は絶対に第三者に伝えない決まりになっています。そのため、家族や会社にカードローンの利用がばれてしまう可能性は少ないといえるでしょう。

横浜銀行カードローンの郵送物
郵便物なし 利用明細書なし カード発行なし
× ×(毎年4月、10月に届く) ×

横浜銀行カードローンは、契約の際に「キャッシング専用のキャッシュカード」「契約書類」の2通が簡易書留郵便で自宅に送られてきます。

毎年4月、10月に利用明細書が必ず送られてくるので郵送物を避けるのが難しいといえるでしょう。所在確認もふまえて利用明細が送られてくるので、支店に受取に行くのも不可能です。

横浜銀行カードローンは、必ず自宅に郵送物が届くので、郵送物なしで借入をしたい場合は、郵送物に配慮されている金融会社を利用すると良いでしょう。

横浜銀行カードローンのその他のポイント

横浜銀行カードローンは専業主婦でも借入が可能

横浜銀行カードローンは、専業主婦の人への貸付けをおこなっています。もちろんパートやアルバイトによって収入がある主婦の人も利用可能です。

他社のカードローン会社の場合は利用限度額が決められていることが多いのですが、横浜銀行カードローンは利用限度額が設定されていません。つまり、審査次第では50万円を超える融資も望めるかもしれません。

横浜銀行カードローンはおまとめローンが可能?

横浜銀行カードローンは、おまとめローンのプランを取り扱っていませんが、乗り換えをおこなうことは可能です。乗り換えの場合は、WEB申込の際に「借入用途」を選択する欄あるので「ローン返済」と選択しましょう。

横浜銀行カードローンは、低金利での借り入れが可能ですが、限度額100万円以上の場合さらに借入金利が下がります。現在の借入先よりも低金利の銀行カードローンに乗り換えるなら横浜銀行を検討してみても良いかもしれません。

横浜銀行カードローンは学生でも利用できる?

横浜銀行カードローンは、学生の人への貸付けをおこなっていません。そのため、大学生、専門学生、大学院生は利用することができません。年齢を満たしている場合でも、派遣やアルバイトによって収入がある場合でも契約不可となります。

しかし、他社の銀行カードローンであれば学生の人でも利用できます。三井住友銀行カードローンなら、学生の人でも利用することができます。また三井住友銀行カードローンは、横浜銀行よりも0.1%低い金利で借入ができますし、同じ保証会社にあたるSMBCコンシューマーファイナンスとなります。そちらを検討してみると良いでしょう。

横浜銀行カードローンセレカの貸付条件
融資額 実質年率 利用対象
10万円~1000万円 1.9~14.6% 満20~69歳
遅延損害金 返済期間 返済方式
18.0% 1年(自動更新) 残高スライド方式
担保・保証人
不要
マネナビの【オススメNO.1】
三井住友銀行カードローン

  • 土日祝日でも即日融資が可能
  • 借入限度額800万円
  • 審査時間が最短30分で早い

公式サイトはこちら