クレジットカードが払えないの画像

クレジットカードの支払を一回でも遅れるとヤバイって聞いたんですけど本当ですか?
カードの返済遅延って、そんなに信用情報汚しますか?連絡したとしても同じですか?

その通りです。クレジットカードの支払いが一回でも遅れると信用情報に傷が残ります。

クレジットカードの支払いが一回でも遅れると信用情報に傷が残ります。あらかじめわかっているのであれば早めにクレジットカード会社に連絡しておくと良いでしょう。

ストップ

クレジットカードを滞納すると、今後どのように不利になるのかを説明しましょう。

クレジットカードを滞納するとどうなる?

クレジットカードを滞納

クレジットカードの利用料金を滞納すると、住宅ローンや自動車ローン、あるいはカードローンなど。あらゆるローン審査に通りづくなります。

これらのローン契約は、過去5年間のクレジットヒストリー(※)などの信用情報をもとに審査されます。

つまり、クレジットカードの滞納があると、ローン審査を受けるときに不利になるのです。

今のところローンを組む予定がない人でも、将来的にローンを利用する人も多いのではないでしょうか。

※クレジットヒストリー…クレジットカードの利用歴史

5年間もローン審査に不利になる

とくに住宅ローンは審査が厳しいです。男性の場合、ほとんどの人が自分の名義で住宅ローンを契約しますよね。

いざとなったときに、審査に落ちてしまったり、審査に通った場合でも希望額の融資が受けられなくなります。

また女性も他人事ではありません。

住宅ローンの契約の際に夫婦の収入を合算して計算する場合があります。

収入を合算することで審査に有利になったり、借入額の増額が見込めるからです。

その際に、女性の信用情報に傷がついているとローン審査に通りづらくなってしまうのです。

住宅ローンだけでなくその他の審査も同様です。

クレジットカードを滞納すると、滞納から5年間はあらゆるローン審査に通らなくなります。

クレジットカードの返済が遅れる時は連絡するべき

滞納をする前に、クレジットカード会社に返済が遅れるという旨を連絡しておくべきです。

クレジットカード会社は、貸金業法の規定第16条第1項第6号により、「交渉の経過の記録」をすることが義務付けられています。

債務者との電話やメール、訪問でのやり取りを記録として残しておかなくてはいけません。

取引経過の記録

債務者等との交渉の経過の記録を貸金業者の帳簿に記載させることとする。

もしも自分がお金を貸す側だったら、連絡なく返済が遅れている人と、連絡があって返済が遅れている人とでは、信頼性が変わってきますよね。

後者の人のほうが信頼できませんか。

それと同じことが言えます。連絡があったほうが貸し手も安心しますし、信用を失う可能性が小さくなります。

連絡した情報は記録として残るので、どうしても支払期日に間に合わない場合は、クレジットカード会社に連絡しておいたほうが良いと言えるでしょう。

どのくらい滞納するとブラックリストに載るの?

クレジットカードの画像

カード情報は、すべて指定信用情報機関(JICC、CIC)によって管理されています。

基本的には、61日以上~3ヶ月未満の延滞で、「異動情報(ブラックリスト)」として5年間記録に残ります。

異動情報とは、「約定返済日より61日以上または3ヶ月以上支払が延滞しているもの」を指します。

それなら2ヶ月以内の延滞であればブラックリストに載らないのと思われるかもしれませんが、カード会社によっては数日間でブラックリストに載ることがあります。

延滞した記録は、詳細に残るので一日でも延滞しないほうが良いのです。信用情報に傷がついてしまいます。

「3ヶ月以上返済しないとどうなるの?」と、疑問に思いませんか?

支払期日を3ヶ月以上過ぎた場合は、債務不履行(さいむふりこう)になり一括返済を求められる可能性があります。

契約が解除されて、決められた期日までにお金を支払わないといけなくなってしまいます。

ポイント女

支払いができない場合は、裁判になることがあるので支払期日は必ず守りましょう。

クレジットカードの返済はお金を借入して返済するべき?

借入金も滞納しないで返済できるのであれば、カードローンを利用しても良いかもしれません。

最近は、利息無料で借入できる無利息サービスをおこなっているカードローンが増えてきています。

そのため、一時的に借入をしてクレジットカードの返済にあてるのも良い方法かもしれません。

無利息期間中に返済できれば、利息がかからずにお金を借りることができます。

つまり、無料でお金が借りられるのです。このように、カードローンを賢く活用すると大変便利です。

無利息サービスを利用するなら、「無利息期間のあるカードローン|金利0円でかしこく借入しよう」の記事を合わせてご覧ください。