カードローンを滞納について

カードローンを滞納すると、あらゆるデメリットがおこります。

その最大のリスクは、信用情報機関に延滞情報が登録される、いわゆるブラックリストに載ってしまうことです。

事故情報は最大5年残るだけでなく、この情報が登録されている間はカードローンはもとより、クレジットカードや住宅ローン、マイカーローンの審査にも通らなくなります。

借入金の返済を支払う余裕がないからといって、そのままにしておくのは間違いです。

ポイント

滞納をする前にやれるだけのことをしておく必要があります。

カードローン滞納のリスクとデメリット

個人信用情報機関に延滞情報が最大5年残る

カードローンの借入金を滞納すると、個人信用情報機関に延滞した情報が登録されます。

個人信用情報機関とは、名前のほか、住所、ローン契約日、ローン残高などの個人信用情報が保管されている機関のことです。

カードローン会社ではこの個人信用情報をもとに審査がおこなわれ、ローン審査をおこなうたびに情報が開示されるため、たとえ延滞したカードローン会社とは違う金融業者であってもブラックリストに載っていることがバレてしまうのです。

延滞情報は5年スパンでリセットされるのですが、この情報が残っている間は社会的な信用を失ったことになり、クレジットカードを契約することすら難しくなります。

遅延損害金が発生する

遅延損害金とは、いわば延滞料金のようなものです。

たとえばDVDをレンタルして返却日を過ぎてしまうと延滞料が発生しますよね。

カードローンもこれと同じで、延滞した日数分だけ延滞料を支払わなければいけません。

ではカードローンを延滞すると、1日あたりどのくらいの延滞料がかかるのでしょうか。

ビデオショップの場合は、1日数百円と分かりやすく明記されていますが、カードローンの場合は次のように金融業者によって異なるうえ、パーセンテージで表記されています。

そのため、カードローンの延滞金の計算をおっくうに感じてしまう人も多いかもしれません。

遅延損害金

みずほ銀行カードローン 19.9%
三井住友銀行カードローン 19.94%
プロミス 20.0%
アコム 20.0%
新生銀行レイク 20.0%

1日あたりの遅延損害金は、次の計算式に当てはめると算出できます。

借入残高 × 遅延損害金利率(年率)÷ 365 × 延滞日数 = 遅延損害金

たとえば上記で紹介している新生銀行レイクの遅延損害率を計算式に当てはめると、1日あたりの延滞損害金はこのようになります。

(例 借入残高20万円で15日の返済の遅れがあった場合)

20万円(借入残高)× 20%(遅延損害金利)÷ 365 × 15(延滞日数) = 1,644円

このような例で算出した場合、借入金の返済が遅れると、利息とは別に1,644円の遅延損害金が発生します。

返済日が遅れれば遅れるほど、遅延損害金が高くなるので1日でも早く返済をおこなうことが大切です。

カードローンを延滞し続けるとどうなる?

さて、カードローンの借入金を踏み倒すとどうなるのでしょうか。

結論からいうと、延滞し続けても借金を踏み倒すことは不可能などころか、かえって状況が悪化してしまいます。

おおよそ3ヶ月以上、借入金を延滞し続けるとカードローンが利用停止になるだけでなく、契約が無効になり金融業者から一括返済の請求がきます。

カードローンを滞納と一括返済期間

この請求をさらに無視し続けると、裁判所から通知が届きます。それでも支払いを拒否した場合、給料が強制的に差し押さえられるという事態に陥るのです。カードローンを延滞し続けると、ゆくゆくは会社にカードローンの利用がバレて職場に居づらくなることでしょう。

返済する余裕がないからといって、そのまま放っておくといずれ痛い目をみることになります。当然ながら借りたお金はしっかり返さなければいけません。「借金の消滅時効でカードローンの借入金が踏み倒せる!?」のページも合わせてご覧ください。

カードローン延滞を防ぐために他社のカードローンを利用するのは得策?

カードローン延滞を防ぐために、他社の銀行カードローンを利用するのはありだと思います。

しかしそこから借金が膨れ上がってのちに自己破綻に陥る人が多くいるため、この手段を取る場合は一時的な借入であることを理解して、返済以外の目的で使用しないことを肝に銘じる必要があります。

最低返済額を返済すれば延滞情報は残らない

カードローンを利用している人なら知っていると思いますが、カードローンには最低返済額というものがあります。

最低返済額とは、最低限返済すれはいい金額のことで、この金額分を支払えば遅延損害金が発生しないうえ、延滞情報が信用情報機関に残ることはありません。

借入残高や借入先によって最低返済額が異なりますが、100万円借入していたとして、多く見積もっても2万円くらい返済すれば延滞から逃れることができます。

そこで重要なポイントは、無利息で借入できる金融機関を選ぶことです。

たとえば新生銀行レイクの場合、5万円以内の借入であれば180日間利息が無料になる「無利息サービス」があります。

このレイクの無利息を上手に活用すれば、返済の補填ができるほか、半年以内に完済すれば利息0円で利用することができるのです。これを使わない手はないと思います。

借入金を、借入金で返済するというのは必ずしも得策とはいえませんが、セーフティな方法であれば問題ないのではないでしょうか。

レイクでの借入を希望する場合は、「新生銀行カードローン レイクの審査ポイントと特徴」のページも合わせてご覧ください。

どうしても返済が遅れてしまいそうなときは事前に連絡すること

どうしても返済が遅れそうなときは、契約先のカードローン会社に電話連絡を入れるといいでしょう。

事前にしっかり連絡を入れることで返済の意思が伝わり、相手側も安心します。

カードローンの返済が遅れると「催促ハガキ」が自宅に送られてきます。

じつはこの催促ハガキが原因で、家族にカードローンの利用がバレてしまうケースも少なくないのです。

一人暮らしであればよいと思いますが、パートナーや家族と同居している場合、その家族に内緒でカードローンを利用しているという人も多いのではないでしょうか。

◯◯日までに返済をおこないます、このように金融業者へ連絡をしておけば催促ハガキが送られてこないケースも中にはあります。

こちら

返済が遅れそうな場合は、事前にしっかり連絡を入れておき、1日でも早く返済をすることがとても重要です。

延滞を繰り返している人は債務整理へ

延滞を繰り返している人は、借入金を返済するのが難しい状況にあるのではないでしょうか。

完済のめどが立たないようであれば、債務整理をおこなうほかありません。

債務整理とは、借金からの解放を目指した法律のことです。

借入金を減額させたり、借入金を支払う義務から逃れることができたり。一見飛びつきたくなるような内容ですが、当然ながらデメリットもあります。

代表的な例として、信用情報機関に10年近く債務整理をおこなった記録が登録されるほか、高額な手数料がかかることが挙げられます。

しかしデメリットがあるからといって、カードローンの延滞を繰り返していると借金がどんどん膨らんでいってしまいます。

問題が大きくなる前に早めに対処しておくことがとても大切です。

債務整理を検討してみる場合は、「多重債務による債務整理の費用とデメリット」の記事を合わせてご覧ください。