カードローンやクレジットカード、住宅ローンの返済方法は借入先の金融機関によって異なります。

カードローン会社の場合は「残高スライド式」の返済方法が使用されるケースが多いです。毎月の最低返済額(=ミニマムペイント)が借入残高に応じてスライド式に「減少」または「増加」します。

ポイント女

カードローンの返済方法の種類を知るうえで「元利」と「元金」の違いを、あらかじめ把握しておくと理解しやすくなります。

元利と元金のちがい

元利と元金には違いがあります。

元利 あらかじめ指定された金額が毎月引き落とされます。
元金 毎月一定の支払額に加えて利息を支払います。

「元利」よりも「元金」の支払い方法のほうが、借入残高が減少するので早期に完済します。

カードローンの返済方法の多くは「元利」となります。指定された金額から利息を引いた額が、元金の支払いにあてられます。そのため、毎月の返済額が少額だと利息のみしか支払えていない状態に陥ることがあるので注意しましょう。

カードローンの返済方法の種類 メリットとデメリット

元利均等返済方式(がんりきんとうへんさいほうしき)

元利均等方式は、毎回の返済額が一定の返済方法となります。毎月の返済額が一定となるので、支払額が変わらないメリットがありますが、最初のうちは元金に対しての利息の割合が高くなるので支払期間が長くなるデメリットがあります。

使用されるケース 住宅ローン、教育ローン等
メリット 毎月の返済額が一定なので返済がしやすい
デメリット 最初のうちは利息の支払いの割合が高くなるので返済期間が長くなる

元金均等返済方式(がんきんきんとうへんさいほうしき)

元金均等方式は、元金を均等に割った金額と利息の合計を支払う返済方法となります。元金を確実に減らすことができるので支払回数を抑えて返済をおこなえるメリットがありますが、最初の支払いは利息額が高くなるので返済金額が高くなるデメリットもあります。

使用されるケース 住宅ローン
メリット 支払回数が少ないので利息総額が低くなる
デメリット 最初のうちは返済金額が高くなる

リボルビング払い(=リボ払い)

リボルビング払いとは、指定された日時に決まった金額を支払う返済方法のことです。リボ払いは、毎月の返済額が一定となるので支払い負担が少ないメリットがありますが、反対に借入額が増加しても返済額が変わらないので借入をしている感覚が薄れてくるデメリットもあります。

また、借入残高が高額になると、ほとんど利息しか支払えていない状態になって多重債務に陥りやすい返済方法でもあります。リボ払いで返済をおこなう場合は、毎月の支払額で元金が減少しているのかを把握しながら借入をおこないましょう。

使用されるケース カードローン、クレジットカード
メリット 毎月の返済額が一定なので無理なく返済ができる
デメリット 返済額の利息と元金の割合が把握しづらいので多重債務に陥りやすい

その他リボルビング払いの種類

リボ払いは、「低率方式」「定額方式」「残高方式」の3つの種類があります。

毎月、あらかじめ指定した金額を支払うことに変わりはありませんが、支払額に対する元金や利息の割合が変わってきます。

低率リボルビング方式

定率リボルビング方式は、リボ払いの一種で毎月の最低返済額(=ミニマムペイメント)が利用残高に応じて変動する返済方法です。そのため、残高が少なくなるほど最低返済額も小さくなります。おもに、消費者金融会社やクレジットカード会社で利用される返済方法です。

元利定率リボルビング方式

元利定率リボルビング方式は、毎回支払う利息額が一定となる返済方法です。支払額から利息を引いたのこりは、元金の支払いにあてられます。毎月の返済金額が少ないと利息しか支払えていないケースがあるので、利息額と元金の割合を把握して毎月の返済金額を設定すると良いでしょう。

元金定率リボルビング方式

元金定率リボルビング方式は、毎回支払う元金が一定となるので早期に完済がしやすい返済方法となります。確実に元金を減らすことができるので、元利定率リボルビング方式と同額の返済をおこなった場合、支払回数が少なくなります。

定額リボルビング方式

元利定率リボルビング方式

元利定率リボルビング方式は、毎月一定の金額を支払う返済方法です。指定した金額から利息を引いたあとに元金の支払いにあてられるので、元金があまり減少していないことがあります。

元金定率リボルビング方式

元金定率リボルビング方式は、毎月、指定した金額に加えて利息を支払う返済方法です。元金が確実に減少するので早期完済が可能です。最初のうちは返済額が高くなりますが、元金が減るごとに徐々に返済金額も減少します。

残高スライド方式

残高スライド方式は、銀行カードローンで多く使用されている返済方法です。毎月、締日に借入残高が確定してその金額に応じて利息額が決まります。最少の返済金額(=ミニマムペイント)が「定率」または「定額」で階段的にスライドします。

残高スライド定額方式

残高スライド定額方式は、借入残高に応じて毎月の返済額が決まります。そのため、借入残高が減少するとスライドして返済額も減少します。

また、残高スライド定額方式には「残高スライド元利定率リボルビング方式」「残高スライド元金定率リボルビング方式」の2種があり、返済額に加えて利息が支払われるか、返済額から利息を引いた金額が元金に割り当てられるかの違いがあります。

残高スライド元利定額リボルビング方式

残高スライド元利定率リボルビング方式は、毎月、一定の返済額から利息を引いた金額を元金にあてる返済方法となります。残高スライド定額方式の一種となるので、元金に応じて返済額がスライドします。

残高スライド元金定額リボルビング方式

残高スライド元金定率リボルビング方式は、残高スライド定額方式のうちの一種です。毎月、一定の金額に加えて利息を支払う返済方法となります。

残高スライド定率方式

残高スライド定率方式は、返済残高にスライドして定率(=パーセンテージ)が変動します。

残高スライド元金定率リボルビング方式

残高スライド元金定率リボルビング方式は、毎月、一定の返済額から利息を引いた金額を元金にあてる返済方法です。残高スライド定率方式となるので、毎月の返済定額があらかじめ定められた定率によって変動します。

残高スライド元利定率リボルビング方式

残高スライド元利定率リボルビング方式は、一定の返済額に加えて利息を支払う返済方法です。残高スライド定率方式となるので、返済残高に応じて毎月の返済定額が変わります。

元金を減らすと支払回数が少なくなる

返済方法の種類は、さまざまですが元金に対して利息がかかることには変わりありません。そのため、少しでも元金を減らすことで支払回数が少なくなって、借入金を早期に完済することができます。

とくに、返済方法がリボ払いの場合は注意が必要です。毎月の支払額が一定となるので無理なく返済がおこなえますが、元金の支払額よりも利息の支払額のほうが高くなるケースがあります。最悪の場合、利息だけを支払って元金がまったく減っていない状態に陥ることがあります。

元金が減少しないことには、借入金が完済されません。そのため、リボ払いで返済をおこなう場合は、元金が減少する返済金額に設定ましょう。

カードローンの返済方法 Q&A

今月分の返済はおこなったが、2万円ほどお小遣いが余ったので借入金の返済に充てようと思います。その際に追加で返済した支払額に利息はかかりますか?
利息は、毎月の決められた返済のときに支払います。したがって、返済日を過ぎてすぐの支払いであれば、元金の2万円が減って利息はかかりません。

ただし、返済予定日の14日以内に返済した場合は、当月分の支払いとなります。

  • 1月10日に返済(1月分)
  • 1月31日に返済(2月分)
  • 2月10日に返済(2月分)

たとえば、毎月10日が支払日の場合は2月10日の支払いのときに利息はかかりません。


返済額は1万円に設定しているのだが、今月は3万円返せそうです。でも、貯金してまとめて返済したほうが利息がかかりませんか?
返済できるのであれば、貯金をせずに返済にあてるのが良いでしょう。

元金が少なくなるとそのぶん利息が減少します。また、貯金の場合、使用していしまう可能性も考えられるので早期に返済をするのがおすすめです。


130万円の借入金があります。毎月3万円を返済しているのですが生活を圧迫しているので、返済額を1万円に減らしても良いですか?
毎月1万円の返済では、利息が加算されて借入金が増加するだけです。

100万円を超える借入の場合は1回の支払利息が12,000円になるので、毎月1万円の支払いでは元金が減りません。さらに、利息額2,000円が借入金に加算されて借金が増えるだけです。毎月の返済が苦しいかもしれませんが、3万円返すのが無難だと言えるでしょう。

どうしても返済が苦しいようであれば、低金利で借入ができるカードローン会社に乗り換えても良いかもしれません。
※上記は金利15.0%の場合で算出しています。