医療費・入院費用が払えないときに利用できる医療制度

突然の入院で治療費がどうしても支払えない…。

万が一のときを考えて、医療保険に加入しておくのが得策ですが、日々の生活だけでカツカツの状態だとなかなか保険料を支払えないですよね。

ok女

でも、心配はいりません。入院費用が払えないときに利用できる医療制度があります。

医療費用が軽減される医療制度

高額な医療費がかかった場合、後から健康保険組合に申請することで自己負担限度額を越えた金額の払い戻しされる「高額療養費制度(こうがくりょうようひせいど)」があります。

しかし高額療養費制度は、一時的に自分で高額な治療費を負担しなくてはいけないので生活を圧迫してしまいます。

そこで知っておくと良い医療制度が、「限度額適用認定証」になります。

限度額適用認定証は自己負担なしで医療費・入院費用がまかなえる

限度額適用認定証を申請することにより、一ヶ月分の自己負担額を越えた場合、それ以上の支払いをしなくてもよくなります。つまり一時的に自己負担しなくても良いのです。

こちら女

貯蓄額が少なくて一時的に高額な費用を支払えない方は、限度額適用認定証を申請すると良いでしょう。

限度額適用認定証が利用できるのは70歳まで

限度額適用認定証は、70歳未満の方が対象となります。

70~74歳以上の人は自己負担額が2割に減るので負担額が少ないと言えます。75歳以上の人は後期高齢者医療制度により、さらに自己負担額が軽減されます。

十分に優遇されているので70歳以上の方は、一時的に支払いが可能だと判断されています。

医療費の自己負担額の割合

70歳未満 3割
70~74歳 2割
75歳以上 1割

※70歳の方は、「70歳を迎えた月」の翌月から自己負担額が2割に軽減されます。
※障害のある方、未就学児は自己負担額が変わってきます。

治療費、入院費用は健康保険の対象となります。しかし、個室代や食事代等は健康保険の適用外の費用となります。

無利子でお金が借りられる「高額療養費貸付制度」

無利子でお金が借りられる「高額療養費貸付制度」

高額な医療費がかかった場合は、高額療養費制度により払い戻しがされます。

とはいえ、高額療養費制度は申請をしてから支給されるまでに3、4ヶ月以上期間がかかるデメリットがあります。

その間の医療費は自己負担となってしまうのですが、支払いが困難な場合に利用できる「高額療養費貸付制度」という医療制度があります。

高額療養費貸付制度を利用すると、高額医療費の支給見込額の8割を無利子で借入できます。

「高額医療費貸付制度」の申込方法

高額医療費貸付金貸付申込書に必要事項を記入して、次の書類を添付のうえ、全国健康保険協会各支部にご提出ください。

  • 医療機関(病院等)の発行した、保険点数(保険診療対象総点数)のわかる医療費請
  • 被保険者証又は受給資格者票等(原本提示・郵送の場合は写しで結構です。)
  • 高額医療費貸付金借用書
  • 高額療養費支給申請書

どうしても入院費用が支払えない場合は、一度、高額医療費貸付制度の申請をしてみましょう。

ただし、この制度は払い戻し分の金額しか借り入れができません。

したがって、「限度額適用認定証」を申請している方は、払い戻しされる支払い分がないので高額医療費貸付制度を利用できません。

例外として1ヶ月に2、3箇所病院を移動して医療費が高額になった場合は、高額医療費貸付制度を利用できます。

保険証がなくて治療費を全額負担しなければいけない方へ

医療費の支払いで困っている方は、治療が無料、または10%負担で受けられる「無料定額診療制度」があります。

これは、「低所得者」「要保護者」「ホームレス」「DV被害者」「人身取引被害者」などの生活困難者が全額免除、または一部負担で医療診断を受けられる制度です。

無料定額診療制度の利用基準
  • 全額免除は1ヶ月の収入が生活保護基準の 概ね120%以下(一部免除は140%以下)と内規で定め
  • 患者からの申し出や患者の生活困窮を職員が知った場合に医療相談員が面談し、公的制度や 社会資源の活用の可能性を検討したうえで、適合を判定することにしています。

上記の条件に適合した場合は、1~3ヶ月まで全額免除、または一部負担で治療を受けれます。

ただし、すべての医療機関で制度が受けられるわけではないので、無料、定額診断に取り組んでいる事業団体で治療を受けましょう。

医療制度の改革がすすみ、様々な医療制度が見直しされつつあります。もちろん入院したときに多くの人が利用するであろう高額療養費制度の見直しも図られました。

平成29年8月から70歳以上の上限が変わるとされ、より優遇が受けられるようになります。上限見直しについての詳しい概要は厚生労働省より確認してください。