無職でもお金借りられる

今仕事をしていないけど、どうしてもお金が必要…。

そういった場合でもお金を借りる方法があります。

下記の条件に該当しているのであれば、仕事をしていなくても民間企業でお金を借りることができます。

無職の人でも銀行カードローンで借入ができる条件

  • 専業主婦(主夫)で、配偶者に安定した収入がある

無職の人でも消費者金融業者で借入できる条件

  • 年金受給者
  • 家賃収入がある

条件に該当しない場合は、残念ながら民間企業で融資を受けることができません。

とはいえ、お金を借入できる方法は他にもあります。

貸金業者から借入できない場合は、国からお金を借りる「生活福祉資金貸付制度」を利用すると良いでしょう。

ポイント女

生活福祉資金貸付制度を利用すると国からほぼ無金利でお金を借りることができます。

無職や仕事をしていない人がお金を借りる方法

無職でお金を借りる場合は、次の2つの方法があります。

悪徳金融業者でお金を借りる

借入方法のひとつと言えますが、悪徳金融業者は無登録で金融業を営む違法事業者です。

取り立て・違法金利の貸付けなどがおこなわれる可能性が高いので、ヤミ金を利用してはいけません。

生活福祉資金貸付制度を利用して国からお金を借りる

社会福祉法人の社会福祉協議会がおこなっている「生活福祉資金貸付制度」は、低所得者や高齢者、障碍者の生活を支えることを目的としている貸付制度です。

生活福祉資金貸付制度の審査に通過すれば、国からほぼ無理しで融資が受けられます。

生活福祉資金貸付制度の対象者(貸付け条件)

生活福祉資金貸付制度の画像

低所得世帯

資金の貸付けにあわせて必要な支援を受けることにより独立自活できると認められる世帯であって、必要な資金を他から借り受けることが困難な世帯(市町村民税非課税程度)。

障害者世帯

身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた者(現に障害者総合支援法によるサービスを利用している等これと同程度と認められる者を含みます。)の属する世帯。

高齢者世帯

65歳以上の高齢者の属する世帯(日常生活上療養または介護を要する高齢者等)。

低所得世帯の場合の貸付け条件

  • 失業や収入の減少によって生活が困難な場合
  • 本人確認ができる
  • ハローワークで雇用保険の受給資格を得られない人
  • 今後、働いて償還する見込みがある人

次に就職先が決まっていてそれまでに生活するお金がどうしても足りない場合や、病気や妊娠により生活するお金に困っている場合など。

生活費の工面が難しい状況におかれている人は「生活福祉貸付制度」を受けることができます。

生活福祉資金貸付制度の貸付け金額一覧

緊急小口資金の画像

生活福祉資金貸付制度は、保証人がいる場合は無利息で、保証人がいない場合は1.5%~3.0%の低金利で国からお金を借りることができます。

利用目的によって貸付金額が異なります。

緊急小口資金

緊急でお金が必要な場合は、最大10万円まで保証人不要で無利子でお金を借りることができます。

住宅入居費

敷金、礼金など賃貸契約を結ぶ際に必要なお金を最大40万円のお金を借りることができます。
保証人がいる場合は、無利息で借りることができます。保証人がいない場合でも、低金利(年1.5%)でお金を借りることができます。

生活支援費

単身の場合は、最大15万円、2人以上の場合は、最大20万円までお金を借りることができます。
住宅入居費と同様の条件で、保証人が要る場合は、無利息でお金を借りることができます。

生活福祉資金貸付制度の申込み方法

社会福祉課の窓口の画像

生活福祉資金貸付制度の申込方法は、居住形態によって変わってきます。

そのため、「居住あり」「居住なし」では申し込み方法が変わってくるので注意しましょう。

住居がある場合
  1. ハローワークで求職登録をする

    働ける状態であれば、ハローワーク(職業安定所)への求人申し込みまたは、職業相談をする必要があります。

  2. 社会福祉協議会窓口で申請書をもらう
  3. 審査通過後に、口座にお金が振り込まれる
住居がない場合
  1. 地方自治体で住居手当を申請する
  2. 審査通過後に、家主か不動産屋の口座にお金が振込まれる
  3. 住居がある場合と同様の手続きする

各自治体によって貸付け条件が異なりますので、詳細については住んでいる市町村の社会福祉協議会へ直接問い合わせてください。

生活福祉資金貸付制度の審査について

生活福祉資金貸付制度の審査

生活福祉資金貸付制度の審査期間

生活福祉資金貸付制度は、毎週月曜日が書類締め切り日となります。

最短の審査通過は以下の通りになります。

例:2015年9月11日(金)書類申請 → 審査通過後 9月末口座振り込み

最短で2週間でお金が振り込まれますが、書類等の手続きがスムーズにいった場合のみです。

平均して1ヶ月以上は、手元にお金が入るまでに時間がかかると理解しておくと良いでしょう。

生活福祉資金貸付制度の審査に通過しない人の特徴

生活福祉資金貸付制度の審査では、返済できる見込みがあるのかが判断されます。

生活が困難な人でも多重債務を抱えている場合は、「返済できない」と判断される可能性が非常に高いといえるでしょう。

また、以下にあてはまる場合も制度を受けられないかもしれません。

生活福祉貸付制度を受給できないケース
  • 複数業者から借入金がある
  • 生活福祉で借りた貸付け金が返済できていない

多重債務を抱えている場合は、自己申告をしなくても指定信用情報機関に保管されている個人情報によってバレてしまいます。

上記の条件にあてはまらない場合でも、働く意思がない場合や返済をする意志がないとみなされた場合は、生活福祉資金貸付制度の審査に通過しません。

生活福祉資金貸付制度の審査基準

  • 現在、住民登録されている住所に住んでいる
  • 昨年度の収入状況
  • 金融業者から借入があるか
  • 使用する目的
  • 今後、返済できる見込みがあるか

生活福祉資金貸付制度は、あくまでお金を一時的に借りることができる制度です。

そのため、働いて借入金を返済する意志があるかどうか、不適切な使用目的ではないかが審査の際に問われます。

生活福祉資金貸付制度の必要書類

生活福祉資金貸付制度を受ける場合は、下記の書類すべてが必要になります。

必要書類

(1)総合支援資金の借入申込書(社会福祉協議会の窓口で交付します)
(2)健康保険証または住民票の写し
(3)世帯の状況が明らかになる書類
(4)連帯保証人の資力が明らかになる書類
(5)求職活動などの自立に向けた取り組みについての計画書
(6)借入申込者が、他の公的給付制度または公的貸付制度を利用している場合、または申請している場合は、その状況が分かる書類(ハローワークが発行します)
(7)借入申込者の個人情報を、総合支援資金の貸し付けに必要な範囲において関係機関に提供することについて記載されている同意書
(8)住宅入居費の借り入れを申し込む場合の添付資料
(a)入居する住宅の不動産賃貸契約書の写し
(b)不動産業者の発行する「入居予定住宅に関する状況通知書」の写し
(c)自治体の発行する「住宅手当支給対象者証明書」
(9)総合支援資金の借用書
(10)その他、社会福祉協議会が必要とする書類

お金がどうしても必要な場合は、国から貸付け制度を受けることをおすすめします。

必要な支援を受給してその後、生活を再建していけば良いのです。

悪徳業者からお金を借りても、負債が増え状況が悪化してしまいます。

しっかりと支援をしてくれる制度があるので、安全な方法で融資を受けましょう。

クレジットカードの現金化には注意が必要

インターネットや、雑誌、電車広告などで、クレジットカードの現金化という言葉を目にしたことはないでしょうか。

しかし、これらを運営しているのは悪徳業者です。

クレジットカードの現金化とは、実際に商品を購入し、それを転売して現金に変える方法です。

つまり、クレジットカードで購入した商品を中古屋さんに売って現金に還元するのです。

しかし、この方法は法律的にはグレーゾーンなのですが、悪徳業者が増え実際にお金が支払われないケースが続出しています。

これ以上被害者を増やさないために、2011年8月には実際に逮捕者もでています。

クレジットカードの現金化をおこなっている事業者は、闇金融業者よりも悪質なので注意しましょう。