車検代・車検費用が払えないなら無利息サービスがおすすめ

自動車車検は、新車や中古購入なら3年、その後は2年おきに受ける必要があります。

車検費用の相場は10万円前後と言われており、車が劣化状態にあるとさらに費用がかかる場合もあります。

知っている人も多いと思いますが、車検が切れている車で公道を走ると罰則を受けてしまいます。

では、具体的にどういった罰則を受けるのか説明していきましょう。

車検が切れた車を公道で走らせた場合の罰則
  • 違反点数6点(前歴がない場合)
  • 30日間の免許停止
  • 6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金

車検切れだけでなく、自賠責保険も切れている状態だとさらに罰則が厳しくなります。

自賠責保険も切れた状態だと「無保険車運行」とされ、違反点数6点に加え12カ月以下の懲役または50万円以下の罰金刑となります。「無車検車運行」と「無保険車運行」をダブルで行うと違反点数が12点なので、免停も避けられません。

車検が切れた状態で公道を走り、交通事故を起こしてしまった場合には任意保険(自動車保険)も無効になってまいます。

ポイント

車検は、かならず有効期限内に受けましょう。

車検の費用相場はどのくらい?

車検の費用相場はどのくらい?

車検は、自賠責保険料・重量税・印紙代などの法的費用が必ずかかります。

それにプラスされて点検整備費用がかかるため、車の状態により車検費用が異なります。

法的費用(36,270円~) + 点検整備費用(20,000円~) = 車検の費用

法的費用は小型自動車や大型自動車などの「車種」によって変わってきますが、点検整備費用は「車検業者」や「車の劣化状態」によって変わってきます。

車検費用の相場

自動車の種類 車検費用の相場
軽自動車 5〜7万円
小型自動車 6〜9万円
中型自動車 8〜10万円
大型自動車 9〜11万円

軽自動車で車へのダメージが少なければ車検費用は5~7万円程で済みますが、大型乗用車で車の劣化が激しい場合は、15万円を超えるかもしれません。

車検切れは追加費用がかかる?

車検切れの画像

車検切れの状態であっても、車検の費用は変わりません。

しかし車検が切れている車は公道を走ることができないため、その際にレッカー代や仮ナンバーの発行費用が追加でかかります。

そのうえ通常の書類と合わせて、自賠責保険証の原本と車検証などの書類も用意しないといけません。

車検切れの状態で車検を受けると、結果的に余分な費用や手間がかかってしまうのです。

どうしても車検費用が払えない場合は、そのまま放っておくのではなく、無利息キャッシングサービスを受けましょう。

180日間無利息サービスのある金融機関で車検費用を支払う

180日間無利息サービスのある金融機関で車検費用を借入するのがおすすめです。

クレジットカードは翌月に返済しなくてはいけないため、一括返済が困難な場合は無利息サービスのある金融会社でキャッシングするのが得策です。

新生銀行レイクは、無利息で180日間もしくは30日間お金を借りることができます。

リボ払いよりも無利息サービスを上手に使うのが賢いお金のやりくり

車検費用10万円をショッピングリボで支払った場合、毎月2.5万円で返済していくと利息が4,230円かかります。

レイクの無利息サービスを活用すると、リボ払いと同様の条件であったとしても利息が1,887円しか発生しません。

10万円の車検費用を借入した場合の比較

リボ払いよりも、無利息サービスを利用したほうが2,343円もお得なのです。

借入方法 総利息
リボ払い 4,230円
無利息カードローン 1,887円

このように無利息サービスを上手に活用することで、賢くお金のやりくりができます。

車検を受ける会社で分割払いは可能?

オートローンを利用すれば分割の支払いも可能ですが、リボ払い同様に利息がかかってきます。

借入額が10万円程であれば、リボ払いや貸金業者と利息がそこまで変わらないので、やはり無利息のカードローンの利用をおすすめします。

車検が切れてしまうと、普通に車検を出すよりも費用や手間がかかります。

そうなる前に無利息キャッシングサービスを利用して、期限内に車検をクリアするのが得策です。

無利息サービスを検討しているなら、「無利息期間のあるカードローン|金利0円でかしこく借入しよう」の記事も合わせてご覧ください。