カードローン借金で就職や転職に影響

カードローンで借金をしても、就職や転職に影響することはありません。

契約情報は、プライバシー保護法によって第三者に知られてしまわないように配慮することが義務付けられています。

そのため就職先だけでなく、たとえ家族であっても借金をしているのを知られることはないのです。

就職や転職先に借金していることがバレない?

就職や転職先に借金バレない

キャッシング情報は個人信用情報機関によって管理されており、第三者が契約者の情報を知るためには、利用者の同意書が必要になってきます。

そのため、本人が個人情報の開示に同意しない限りは、就職先にカードローンを利用しているのを知られることないのです。

信用情報は、会員会社が消費者から信用情報機関への照会・登録に関する同意を取得したうえで利用されています。

信用情報機関では、会員会社に以下の内容について申込書類や契約書などに明記し、消費者から同意を取得することを義務付けています。

そのため本人が知らないうちに信用情報機関に登録されることはありません。

就職や転職先の企業から、信用情報機関への紹介・登録に関する同意書を求めらた場合は契約情報を見られることがあります。

しかし、仮にみられたとしてもカードローンの借り入れが原因で内定が取り消されることはありません。

たとえばクレジットカードでリボ払いを利用する人は多くいますよね。

借金と聞くとマイナスなイメージを持つ方がいますが、正直なところリボ払いもカードローンもそこまで差異はありません。

こちら

リボ払いを利用しているからと言って、企業の内定が取り消される可能性は少ないのではないでしょうか。

同様にカードローンでも同じことが言えるでしょう。

カードローンを利用すると不利になることがある?

住宅ローンを組む際には、なるべく借入額が少ないほうが良いでしょう。

クレジットカード、銀行カードローン、消費者金融、マイカーローンなどのあらゆるローン契約の中で住宅ローンの審査はもっとも厳しいです。

カードローンだけでなく、クレジットカードのリボ払いも同様です。

住宅ローンを申込するときは、なるべく借入額を減らして審査に挑みましょう。

一度でも滞納をするとローン契約を結ぶときに不利になります。必ず、返せる範囲でキャッシングをおこないましょう。

ブラックリストに載ると就職や転職に不利になる?

ブラックリスト(=金融事故)とは、数ヶ月間、返済が遅れると個人情報機関に滞納した記録が残ることです。

しかし、事故情報はローン審査の際に不利になるだけで、就職に不利になることはないと思われます。

お金の貸し借りは、信用取引の上で成り立ちます。信用ができない人にお金を貸すのって抵抗がありますよね。

滞納をすると、クレジットカードや銀行カードローン、住宅ローン、車のローン、携帯電話の割賦金などの審査に不利になるので滞納をしないように注意しましょう。

こちら女

ブラックリストに載っても就職への影響はありません。

しかし、今後のローン審査に影響がでるため滞納はしないようにしましょう。

自己破産をすると就職不利になる?

自己破産をすると金融会社での就職に不利になります。

貸金業者に勤める人は、下記の条件に当てはまる場合、登録が拒否されます。つまり、働くことを認めてもらえないのです。

登録拒否要件

  • 自己破産者
  • 刑罰に処されて、執行猶予を終えてから5年経過していない者
  • 暴力団員ではなくなってから5年経過していない者

これらの条件にあてはまる場合は、貸金業者に勤めることができません。

とくに自己破産の場合は経過年数がありません。

銀行からすればどんな事情があれ、お金を貸して返って来なかったわけですからね。

すこし酷ですが、債務整理をおこなった場合は、金融機関の就職不利になってもしょうがないと言えるでしょう。

カードローンを利用する場合は、返せる範囲で借り入れをしましょう。自己破産をしてしまうと、あらゆる状況で不利になってしまいます。

自己破産についての詳しい情報は「自己破産後も借入は可能?何年経過すればお金が借りれる?」の記事を合わせてご覧ください。