アコムで総量規制以上の借り入れをする方法

アコムは、証書貸付による総量規制超えの専用ローンで、年収3分の1を超えた借り入れが可能となります。

つまり、アコムはすでに借入額が年収3分の1を超えている場合においても、300万円までの融資に対応してもらえるのです。

「それって総量規制に引っかかるのでは?」と思われるかもしれませんが、この借入方法は総量規制のではなく、総量規制のに当たるため年収3分の1を超える借り入れがあったとしても融資が受けられます。

アコムは総量規制以上の借り入れができるとはいえ、通常とはキャッシング方法が異なりますので、あらかじめその点を理解した上で申込をおこなうようにしましょう。

アコムで総量規制以上の借り入れをするには?その方法と流れ

アコムの写真

アコムは、通常のカードローンではなく、「貸金業法に基づく借換え専用ローン」の利用で、年収3分の1を超えたキャッシングが受けられます。

webに総量規制超えの借り入れをしたい旨を伝える

まずは、通常のカードローン申込と同様に、web申込をおこないます。

に、アコムのオペレーターさんに電話連絡を入れて、「年収3分の1を超える融資を受けたい」という旨を伝えます。

そうするとアコムのオペレーターさんから、総量規制超えのキャッシングについての詳しい案内をしてもらえます。

アコムの申込画面

通常のキャッシングとは提出する必要書類が違う

基本的にアコムは、運転免許証の提出のみで融資が受けられるケースが多いのですが、総量規制を超えた借入の場合においては、運転免許証と合わせて次のような、いずれか一点の書類が必要になります。

総量規制超えの必要書類
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 税類通知書・所得(課税)証明書
  • 給料明細書

先ほど掲示した運転免許証にプラスして収入証明書と、口座番号が確認できる書類とその口座の届出印なども必要になります。

やはり総量規制超えの借入は、通常のキャッシングよりも借入額が大きくなりますから、そのぶん提出する書類が多くなることを理解しておくといいでしょう。

勤務先への在籍確認がされる

通常のカードローンと同様に、当然ながら在籍確認もおこなわれます。

アコムはできる限り、プライバシーに配慮して在籍確認がおこなわれるため、会社の人にキャッシングがバレてしまう心配はありません。

アコム在籍確認の写真

審査回答が得られる

必要書類の提出、在籍確認に無事にクリアすると、審査回答が得られます。

早ければ午前中の申込で、午後には審査回答が得られるほどスムーズに融資に対応してもらえます。

アコムから融資金が振り込まれる

すべての審査工程を終えると、アコムから融資金が振り込まれます。

アコムATMの写真

アコムの「借換え専用ローン」の詳細

貸付限度額 1万円〜300万円
実質年率 7.7%〜18.0%
使用用途 貸金業者債務の借換え
担保・連帯保証人 不要
貸付対象者 20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方
必要書類 運転免許証(交付を受けていない方は個人番号カードや健康保険証等)

※顔写真がない書類の場合は別途書類が必要
※お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要

アコムの申し込みはこちら

アコムで総量規制を超えた借り入れができるのはなぜ?

アコムで総量規制を超えた借り入れができるのはなぜ?

そもそも総量規制とは「借りすぎ・貸しすぎ」を防ぐためのもので、法規制により貸付額が年収3分の1までとされていますが、その借り入れのすべてが総量規制に当たるわけではありません。

主に総量規制の対象となる借り入れは、アコムなどの消費者金融での借り入れやクレジットカードがこれに当たり、いずれの借り入れの場合においても規制の対象にはならない「例外と除外」になる貸付があります。

総量規制の解釈をややこしくさせているのは、この例外と除外されるケースがあるからです。

総量規制の除外と例外については、「総量規制オーバーでも借りれる!年収3分の1以上借りれるカードローン」という記事で詳しく説明していますので、より理解を深めたい人はそちらを合わせてご覧ください。

アコムの総量規制超えの借り入れは例外貸付に当たるから

では、本題であるアコムで総量規制超えの借り入れができるのは、なぜなのかについて説明していきましょう。

アコムで総量規制超えの借り入れができるのは、総量規制の例外となるからです。

総量規制の例外貸付のひとつに、「顧客の一方的有利となる借換え」というものがあります。

そう聞いただけではピンとこないと思いますが、一般的にはおまとめローンという言葉で広く浸透しています。

他社の借入金をまとめる目的の場合において総量規制の例外となり、すでに総量規制をオーバーしている借り入れがあっても融資が受けられるのです。

総量規制の例外貸付が設けられたのは街金への歯止め策

消費者金融で総量規制を施行することにより、街金業者への利用が増えるのではないかという懸念が生まれました。

アコムなどの消費者金融でも、銀行でも、借り入れができなかった人が、最終的に駆け込む場所が街金になるからです。

これでは過剰融資への歯止めをかけるどころか、むしろ多重債務者をさらに増加させてしまうことになりかねません。

こうした総量規制の穴とされる部分を埋めたものが、「顧客の一方的有利となる借換え」であるおまとめローンになります。

総量規制の例外が設けられた背景を知ることで、なぜアコムで総量規制以上の借り入れができるのかを理解できるのではないでしょうか。

アコムの総量規制以上の審査に通過するのは難しい?

アコムの外観の写真

確かに借入額が大きくなればなるほど、審査に通過するのが難しくなる傾向にありますが、元大手の消費者金融マンいわく、消費者金融での借り入れは書類が揃っており、在籍確認さえ取れれば、よほど問題がない限り審査に通すといわれています。

総量規制ができたことにより、消費者金融で借り入れをする人がぐっと減りました。

アコムなどのサラ金業者は、貸付をメインとして商売を成り立たせているわけですから、貸付に対してとても前向きな姿勢にあります。

アコムで総量規制以上の審査に通過したいのであれば、指示された書類の不備がないかどうかを念入りに確認してから提出するように心がけるといいでしょう。