アイフル返済

アイフルに限らず、カードローンを利用したら返済日は必ず訪れるものです。

アイフルで元金30万円の返済が遅れると、1日あたり162円の遅延損害金が発生します。

しかし、このように遅延損害金が発生するだけでなく、返済が遅れれば遅れるほどデメリットが大きく膨れ上がります。

では、この返済が遅れるとその後にどのようなデメリットが生じ、具体的にどうなるのかを説明していきましょう。

アイフルの返済が1日でも遅れるとどうなる?

アイフルの写真

結論からいうとアイフルの返済が1日でも遅れると、遅延損害金が発生し、個人情報機関に延滞情報が登録されて、最終的には財産が差し押さえられてしまいます。

アイフルはCICという個人情報機関に加盟しており、その機関に延滞情報が登録されると、いわゆるブラックリストに載ってしまい今後ローン審査を受ける際に不利になります。

1日目 とくに音沙汰なし
1週間後 書面にて返済を促される
1ヶ月後 アイフルから電話がかかってくる
3ヶ月後 裁判所から支払催促が届く

1日の返済遅れ

1日くらいの遅れであれば、そこまで大きなデメリットはありません。

とはいえ、1日でも返済が遅れると遅延損害金が発生し、信用情報に傷がついてしまうことがあるので、できるだけ早く返済をおこなうようにしましょう。

1週間の返済遅れ

返済日から1週間ほどの遅れがあると、アイフルから自宅に催促のハガキが届きます。

支払いが遅れているという旨が記載された内容のハガキが届くので、家族にキャッシングを内緒にしている人は、これが届く前に返済をおこなうといいでしょう。

1ヶ月の返済遅れ

1ヶ月ほど返済が遅れると、アイフルから登録先の携帯に電話がかかってきます。

基本的にはアイフルから職場や自宅に電話がかかってくることはありませんが、何日経っても電話が通じない場合は、自宅や職場にかかってくるケースがあります。

自宅や職場への電話連絡を避けたい場合は、アイフルからの電話を無視しないようにしましょう。

3ヶ月の返済遅れ

アイフルの連絡を無視し続け、3ヶ月以上の返済の遅れがあると裁判に発展してしまいます。

裁判所から督促状が届き、さらにこの通知を無視して期日が来てしまうと、「公正証書による強制執行」により、給料所得や車などの財産が差し押さえられてしまいます。

給料が差し押さえになると、当然ながらこの事実が勤務先に知られてしまうことになるので、そうなる前に早々に返済をしておくべきです。

ストップ

3ヶ月以上の滞納は、財産が差し押さえられてしまいます。

アイフルから自宅や職場に電話がかかってくる?

上述でも説明があるように、アイフルから自宅や職場に電話がかかってくるケースは、契約者本人と電話連絡が取れない場合に限られます。

そのためアイフルと契約者の間で、きちんと連絡が取れている状態であれば、アイフルから自宅や勤務先に電話がかかってくることはありません。

アイフルから督促状が届いたら?

簡易裁判所を通してアイフルから督促状が届いたら、一刻も早く手を打たなくてはいけません。

そのまま放置してしまうと確実に差し押さえになりますので、まずは「督促異議申立書」を記入して裁判所へ送り返し、異議申し立てをおこないます。

これは督促状が届いてから、2週間以内におこなう必要があります。

督促異議を申し立てると訴訟手続に移行し、最終的には話し合いのもと和解が成立して残金を分割で支払っていくことになるケースが多いです。

アイフルの遅延損害金の計算式とシミュレーション

アイフルの遅延損害金

これはアイフルに限った話ではないのですが、カードローンの返済が遅れると利息とは別に遅延損害金が発生します。

遅延損害金とは、いわゆる延滞料のようなもので返済が遅れれば遅れるほど、その金額は大きくなります。

返済が遅れそうな場合は、あらかじめ遅延損害金がどのくらいかかるのかも、きちんと把握しておくといいでしょう。

アイフルの遅延損害金年率 20.0%

遅延損害金計算方法 

借入残高×遅延損害金年率÷365日×返済期限後の経過日数
例:50,000円×0.20%÷365日×1日=27円

※円未満の端数は切り捨てになります。

1日あたりの遅延損害金の早見表

        

5万円 27円
10万円 54円
20万円 109円
30万円 164円
40万円 219円
50万円 273円
100万円 547円

アイフルで返済が遅れると元金が増えてしまう!?

返済が遅れたとしても、翌月に支払う返済額は変わりません。

しかし返済金は「遅延損害金・利息・元金」の順に充当されるため、遅延損害金が発生するとなかなか元金が減らずに、むしろ増えてしまう結果になりかねません。

たとえば元金40万円で返済が1ヶ月遅れると、返済したにも関わらず元金が1,570円もプラスになってしまうのです。

アイフルの返済の遅れは、信用情報に傷が付くだけでなく、元金が増えて返済が延びてしまう可能性があることを理解しておくといいでしょう。

どうしても返済が遅れそうならアイフルで支払い相談を

アイフル契約機の内部

どうしてもお金が用意できなく返済がおこなえない場合には、すぐにアイフルに電話をかけて支払についての相談をしましょう。

電話をすることでアイフル側も返済が遅れる旨を承諾してくれますので、その後にしつこく電話がかかってきたり催促ハガキが届いたりするのを回避できるかもしれません。

返済が遅れるからといって強引な取立て等はおこなわれないので、こちらも心配する必要はありません。

とはいえ、遅れれば遅れるほど遅延損害金の額が膨れ上がっていきますので、1日でも早い返済をおこなうことが大切です。