アイフルでおまとめローン
総量規制超える借り入れ可能

多重債務者の救済処置の方法として、おまとめローンというものがあります。

おまとめローンは、複数の借入金がひとつにまとめられるだけでなく、通常よりも金利が下がる可能性があるので、返済の負担が少なくなり上手に活用することで早期完済が望めます。

アイフルには、おまとめローン向けのプランがあり、総量規制の例外となるので年収3分の1を超える借入金をまとめることも可能です。

アイフルのおまとめローンは総量規制を超える借り入れが可能

アイフルのおまとめローン契約書の写真

通常、消費者金融のカードローンは、総量規制により貸付額が年収3分の1までに制限されています。

しかし、おまとめローンを利用する場合に限り、総量規制の例外となるため年収3分の1を超える融資も受けられるのです。

つまり、借入金の合計が年収3分の1を超える場合においても、アイフルで借入金をまとめることが可能になります。

審査が厳しい銀行よりもアイフルのおまとめがおすすめ

少し前の話になりますが、アイフルなどの消費者金融は、過剰な貸付により自己破産者が相次いだことが社会的な問題となり、貸付額を制限した総量規制という法律が施行されました。

現在では銀行カードローンが、かつての消費者金融と同様の状態にあるとされ、この事態を重く受け止めた金融庁が警告を鳴らし、銀行側は審査の厳格化を発表しました。

つまり、今の銀行カードローンは審査が厳しく、とくに多重債務者への貸付が難しい状態にあるのです。

恐らくすでに借入がある人に対しては、ほぼほぼ審査通過しないといっても過言ではありません。

今まで、おまとめローンをおこなうなら低金利の銀行カードローンというのが一般的でしたが、審査に通過しなくては意味がありませんので、最近ではおまとめローンなら消費者金融というのが常識になりつつあります。

おまとめローンは独立系消費者金融のアイフルが一人勝ち

プロミスやアコムなどの消費者金融でもおまとめローンがおこなえるものの、銀行の傘下に置かれているため、高利益が見込めるおまとめローンは銀行が受け持てるような体制が整えられています。

プロミスやアコムなどの消費者金融で、銀行カードローンの借入金をおまとめすることができないのは、こうした背景があるからです。

そもそも、おまとめローンに対応してもらえる消費者金融が少ない中で、アイフルはとくに特徴的で銀行カードローンの借入金もまとめられるという他社との大きな差を持ちます。

貸金業者だけでなく銀行の借入金もおまとめできるのは、銀行の傘下に入ることなく独立系を貫いているアイフルだからこその差別化を図ったサービスといえます。

ポイント女

銀行と消費者金融の良いところだけを兼ね備えた、アイフルのおまとめローンは、まさに一人勝ちの状態にあります。

           

アイフルの「おまとめMAX」「借り換えMAX」でおまとめローン

アイフルでおまとめローン

アイフルには、貸金業法に基づく「おまとめMAX」と、「借り換えMAX」という2つのおまとめローン向けのプランがあります。

すでにアイフルの利用があるなら「おまとめMAX」で、初めての利用なら「借り換えMAX」になります。

いずれのプランを選択した場合にも、アイフルは確実に金利が下がるプランの提案をしてもらえます。

アイフルは確実に金利が低くなる保証がされているわけですから、借り換えをおこなわなければもったいないくらいです。

「おまとめMAX」の場合

おまとめMAXは、すでにアイフルを利用したことがある人向けのローンプランです。

上限金利が15.0%と低く、これは大手の銀行並みに低金利になります。

おまとめローンは金利が下がることが大切になりますので、アイフルのおまとめMAXであれば利息がぐっと下がる可能性が大いに考えられるでしょう。

実質年率 12.0%~15.0%
貸付限度額 1万円~500万円
使用用途 アイフル及び他社借入金の借換え
担保・連帯保証人 不要
必要書類 本人確認書類、源泉徴収票等収入を証明する書類
貸付対象者 アイフルを利用したことがある方
満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で当社基準を満たす方

「借り換えMAX」の場合

アイフルの利用がはじめての場合は、借り換えMAXになります。

おまとめMAXと比べると上限利息が2.5%上がるものの、アイフルは必ず現在利用しているカードローンよりも利息が下がるプランを提案してもらえます。

実質年率 12.0%~17.5%
貸付限度額 1万円~500万円
使用用途 アイフル及び他社借入金の借換え
担保・連帯保証人 不要
必要書類 本人確認書類、源泉徴収票等収入を証明する書類
貸付対象者 アイフルを初めて利用される方
満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で当社基準を満たす方

アイフルでおまとめ・借り換えする流れ

アイフルのおまとめ・借り換えは、web上ですべてのやり取りができるので、アイフルに来店する必要なく手続きがおこなえます。

web申込

まずはアイフルの公式サイトからweb申込みをおこないましょう。

申込画面

webにオペレーターへ電話連絡をして借り換え・おまとめをしたい旨を伝えると、その人の条件に合ったローンプランを提案してもらえます。

アイフルにはおまとめ・借り換え向けのローンプランが2つあり、アイフルの利用が初めてであれば「かりかえMAX」を、すでにアイフルの利用があるなら「おまとめMAX」の案内がされます。

オペレーターさんの案内に承諾すると仮審査へと移ります。

仮審査の回答

アイフルの仮審査の回答は、通常のカードローンと同様に最短30分で得られます。審査が混み合っているとやや回答が遅れる場合もありますが、早々に結果が分かるケースが多いです。

仮審査に通過すると再度、オペレーターさんから電話連絡が入り、必要書類や在籍確認、残高証明などの案内があります。

最適なローンプランの提案

先ほど案内のあった情報をもとに最適な返済プランを提案してもらえます。金利や毎月の返済額などの条件に納得がいった上で、次の本審査へとすすんでいきます。

在籍確認がおこなわれる

基本的にアイフルは在籍確認がおこなわれますが、場合によっては在籍確認がおこなわれないケースもあります。

もしもアイフルからの在籍確認を避けたいのであれば、仮審査後のオペレーターさんからの電話連絡が入った際にその旨を伝えるといいでしょう。

勤務先への電話連絡ではなく、書類提出で在籍確認に対応してもらえるかもしれません。

必要書類の提出

アイフルでおまとめ・借り換えをおこなう場合は、本人確認書類と合わせて収入を証明する書類の提出が必要になります。

アイフルは各金融会社の借入残高を提出する必要はあるものの、残高が分かる携帯画面のスクリーンショットや、携帯カメラで撮影した明細書などでいいので、わざわざ金融会社に残高証明書を発行してもらう必要はありません。

借入額を証明する書類

これらの書類をあらかじめ用意しておくと手続きがスムーズにおこなえます。

本審査に通過後アイフルが各金融機関へ振込みをおこなう

本審査に通過すると、通常のカードローンであればそのまま指定した口座にお金が振り込まれるのですが、おまとめ・借り換えの場合は、アイフルが各金融機関へ返済をおこないます。

利息の支払いをおこなう

アイフルのおまとめは、元金の返済のみしかおこなわれないため、端数分の利息はその金融会社の返済日に自分で振り込みに行く必要があります。これを怠ると延滞記録が残ってしまいますので、くれぐれも忘れないように気をつけましょう。

これですべてのおまとめ・借り換えの手続きが終了します。利息を返済したあとは、とくに完済証明書等の書類をアイフルに提出する必要はないので、必要最低限のやり取りだけでおまとめ・借り換えがおこなえます。

郵送物なしでおまとめ・借り換えをしたい方へ

アイフルのATM

基本的にアイフルの店舗もしくは無人契約機へ来店する必要はありませんが、自宅への郵送物等を避けたいのであればこれらの店舗へ来店してその場で受け取ることも可能です。

アイフルでおまとめローンをする注意点

アイフルでおまとめローン注意点

アイフルのおまとめローンは非常に魅力的な内容になっていますが、当然ながら注意するべき点がいくつかあります。あらかじめ理解した上で、アイフルのおまとめローンを利用するようにしましょう。

追加借入ができない

アイフルに限らず消費者金融のおまとめローンは、完済を目的としたローンプランになりますので、追加借入ができません。

返済を重ねても限度額内の追加借入ができないことを理解した上で、利用するようにしましょう。

借入金を他社の返済に充てると契約違反になる

アイフルのおまとめローンの契約規約には、「融資金は既存のお借入のご返済のみに充てられること」になっていますので、他社から追加借入するのは原則として違反ではなく、アイフルから受けた融資金を返済に充当すると契約条件に違反したとして、一括返済が求められるケースがあります。

アイフルのおまとめをおすすめしない人

アイフルATMの写真

アイフルでおまとめローンを組むことで、今よりも確実に金利が低くなるローンプランを提案してもらえるのですが、最低金利が12.0%になりますので、現在利用中のカードローンがこの金利よりも低くなる場合においては、アイフルのおまとめローンを利用することができません。

おまとめローンを利用する場合には、金利が下がらないケースに注意しなければいけないのですが、アイフルであれば確実に金利が下がり返済負担が減少するローンプランを提案してもらえます。

返済負担を減らすには、アイフルより良い条件のところは難しいでしょう。

アイフルなら「かりかえMAX」で年収3分の1以上キャッシングできる

  • 土日や祝日でも22:00まで即日融資が受けられる
  • 在籍確認が取りづらい場合は対応してもらえる
  • 「かりかえMAX」で年収3分の1以上キャッシングできる

公式サイトはこちら