モビットは総量規制対象外?おまとめローンとして借り入れするには?

三井住友銀行グループのモビットは、総量規制対象外ではなく、法規制の対象になるカードローンです。

モビットと同グループであるプロミスは、総量規制の対象になりますが、例外貸付として総量規制を超えたおまとめローンにも対応してもらえます。

しかしその一方で、モビットはおまとめローン向けの商品を取り扱っていませんので、総量規制を超えた借り入れがおこなえません。

では、なぜモビットはおまとめローンが利用できず、プロミスは利用できるのでしょうか。

これには総量規制ができた背景と、三井住友銀行のサービス内容の差別化を図った戦略が関係していると考えられます。

モビットは総量規制の対象になる!おまとめローンは不可

モビットの写真

モビットなどの消費者金融は、総量規制により借入額が年収3分の1までに制限されています。

消費者金融は、総量規制により貸し付け額が制限されているものの、その借り入れがすべて総量規制の対象になるわけではなく、総量規制を超えたキャッシングができるケースもあります。

緊急を要する場合は総量規制を超えた借り入れが可能

総量規制が完全に施行される以前、総量規制が導入されるのと同時に借り入れができなくなった人が、ヤミ金業者に流れるのではないかという懸念が生まれました。

とくに個人事業主が総量規制により借り入れができなくなれば、資金繰りがさらに厳しいものになるとされ、個人事業主が事業資金として借り入れする場合においては総量規制の対象外になると決定づけられました。

主に事業者に向けた貸付は総量規制の対象から外れ、個人向けのローンはあくまで総量規制の対象になるとされていましたが、この改正案に対して条件の緩和を求めるコメントが多数寄せられました。

この意見が反映された形で個人向けの「緊急貸付」が新たに設けられ、緊急を要する貸付資金に対しては、総量規制の例外と除外になるという内容が総量規制に加えられたのです。

おまとめローンは緊急貸し付けに該当する

おまとめローンは、いわゆる多重債務者向けのローンプランになります。

返済が苦しい状態にあるというのは、緊急時の貸し付けが必要であると判断されますので、総量規制の例外となる貸し付け「おまとめローン」に該当されます。

つまり、おまとめローンは総量規制の例外貸し付けに該当しますので、消費者金融でも年収3分の1を超えた融資が可能となるのです。

モビットはおまとめローン向けの商品を取り扱っていない

消費者金融でも総量規制を超えたキャッシングができるとはいえ、すべての消費者金融がおまとめローンに対応しているわけではなく、モビットではおまとめローン向けの商品の取り扱いがありません。

残念ながら、モビットでは借入金をおまとめできないどころか、総量規制を超えた融資にも対応してもらえないことになります。

モビットで総量規制を超えた借り入れができないのはなぜ?

モビットで総量規制を超えた借り入れができないのはなぜ?

モビットでおまとめローン向けの商品の取り扱いがないのは、三井住友銀行グループの戦略的なサービス内容の差別化が背景にあると考えられます。

カードローンには、どれも差異がないように感じている人が多いと思います。

カードローンは審査が厳しい甘い、金利が高い低いという部分だけで判断されがちですが、じつは各カードローンでそれぞれコンセプトがあり、それに沿った内容でサービスが展開されているのです。

では、三井住友銀行グループの属性の違いをみてみましょう。

モビット 在籍確認の電話連絡なしで会社にバレずに利用できるを強みにしている
プロミス 当日キャッシングを強みに持ち、審査のスピード性が高い
三井住友銀行 多種多様な借り方ができ、メガバンクならではの安心感がある

これを属性に合わせて訴求すると、次のようになります。

  • 会社への在籍確認なしで借り入れするなら「モビット」
  • 消費者金融で即日融資を受けたいなら「プロミス」
  • どの属性にも該当する間違いないカードローンを選ぶなら「三井住友銀行」

三井住友銀行グループは、あらゆる属性に応じられるように各カードローンのコンセプトが分けられており、様々なニーズが獲得できるような仕組み作りがされています。

激戦区のカードローン業界で、幅広いニーズの顧客が獲得できれば、それだけ高利益が見込めるからです。

モビットは在籍確認の電話連絡なしを強みに持っているから

モビットは、会社への電話連絡なしで借り入れができるというのを強みにしていますが、この在籍確認の方法は、少額融資だからこそ対応できるサービスになります。

借入額が高額になるケースが多いおまとめローンでは、モビットの強みが損なわれてしまいかねません。

モビットでおまとめできないのはコンセプトの不一致を防ぐため

モビットでおまとめローンが利用できないのは、三井住友銀行グループの戦略的な理由があるだけでなく、こうしたコンセプトの不一致も関係しているのではないかと考えられます。

モビットは自社の強みを正確に認識しており、それを唯一無二の訴求ポイントにしているからこそ、オリコン顧客満足度ランキングのノンバンクカードローン部門で総合第一位を獲得しています。

モビットでは総量規制を超えたおまとめローンが利用できませんが、満足度の高いサービスが期待されます。

消費者金融で総量規制を超えた借り入れを希望される場合は、「総量規制オーバーでも借りれる!年収3分の1以上借りれるカードローン」の記事も合わせてご覧ください。総量規制をオーバーした借り入れができるおすすめの消費者金融を紹介しています。

アイフルなら「かりかえMAX」で年収3分の1以上キャッシングできる

  • 土日や祝日でも22:00まで即日融資が受けられる
  • 在籍確認が取りづらい場合は対応してもらえる
  • 「かりかえMAX」で年収3分の1以上キャッシングできる

申し込みはこちら