プロミスでお金を借りる!【審査ポイントと特徴】

プロミス

  1. プロミスのロゴ

    2004年6月、プロミスは戦略的提携を理由に三井住友フィナンシャル・グループの傘下に入りました。現在では「SMBCコンシューマーファイナンス株式会社」に社名を変更して完全子会社として独立しています。また、プロミスは「365日即日融資可能」「在籍確認の電話連絡なしで借入可能」「最短30分審査回答」「WEB完結」「30日間無利息」「レディースキャッシング」などでサービスがとても充実しています。あらゆるサービスを展開するプロミスは、はじめてキャッシングをする人でも利用しやすいと言えるでしょう。

    • 即日融資
    • 低金利
    • スマホ完結
    • バレない
    実質年率 借入限度額 審査時間
    4.5%~17.8% 1~500万円 最短30分
    申込資格 即日融資 専業主婦
    20~69歳 ×
    スマホ完結 総量規制対象外 在籍確認
    × あり

公式サイトはこちら

※電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
※対象金融機関は200行以上あります。
※30日間無利息は、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

プロミスの特徴

  • 65日即日融資が可能
  • 30日間利息無料で借入がおこなえる
  • 郵送物一切なしでスマホ完結が可能

365日即日融資が可能

プロミスは、1年中いつでも即日融資が可能です。平日はもちろん、土日祝日でも休まず審査をおこなっているので、365日即日融資を受けることができます。

さらに、最短30分の審査スピードがあるので、どこよりも早く借入がおこなえます。消費者金融で即日融資を受けるならプロミスがおすすめです。

30日間利息無料で借入がおこなえる

Eメールアドレスを登録し、WEB明細を利用すると借入後から30日間は利息がかかりません。

無利息サービスのあるカードローン会社は「最大30日間利息無料」と表記されている場合が多く、ぴったり30日間分の利息が無料にならないことがあるのですが、プロミスはまるまる30日間分の利息が無料になります。

この30日間は追加借入の利息分も無料になるので、他社のカードローン会社よりも無利息サービスの条件がとても良いです。無利息で借入できるカードローン会社を探しているならプロミスが良いでしょう。

郵送物一切なしでスマホ完結が可能

パソコンや、スマホなどのWEBのみでカードローン契約がおこなえます。

さらに、2015年11月よりカードレス(カードなし)で利用ができるようになったので、以前よりもWEB完結がおこないやすくなりました。

たとえば、以前までは振込がおこなえない15時以降の時間帯は自動契約機でキャッシュカードを発行しなければいけなかったのですが、カードなしで契約がおこなえるようになったことで15時以降のWEB完結契約が可能になりました。

また、カードが郵送されてこないので、家族にカードローンの利用がばれてしまう心配もありません。郵送物一切なしでスマホ完結がおこなえる非常にハイスペックなカードローンです。

ポイント女

プロミスは「即日融資したい人」「家族や会社にばれないで借入したい人」「無利息借入をしたい人」におすすめの消費者金融業者です。

プロミスの審査ポイントと特徴

プロミスのATMの写真

銀行カードローンで審査落ちしてもプロミスなら審査に通る?

信用情報に問題があるかたは、プロミスの審査にも通過しません。よく、「銀行カードローンよりも、消費者金融のほうが審査に甘い」と認識しているかたが多いですが、これは大きな間違いです。

確かに銀行よりも、消費者金融業者のほうが審査通過率は高いですが、これは銀行よりも、消費者金融業者のほうが借入額の範囲が小さい(年収の3分の1まで)からです。

当然ながら、信用情報に問題があるかたは、消費者金融業者の審査にも通過しないケースが多いでしょう。しかし、審査は受けてみないことにはわかりません。中には、「銀行カードローンの審査に落ちたが、消費者金融業者の審査なら通過した」というかたもいるので、まずは審査を受けてみると良いでしょう。

ブラックリストでも審査に通る?

ブラックリストに載っている場合は、プロミスの審査に通りません。しかし、5年経過すれば指定信用情報機関に保有されている金融事故情報が消えるので借入ができます。

例外として、5年経過していない場合でも10万円以下の少額融資であれば審査に通るかもしれません。審査に通過するかは受けてみないと分らないので、申込をしてみると良いかもしれません。

「仮審査」と「本審査」の違い

仮審査では、独自のノウハウにより、与信審査(信用審査)がおこなわれ、本審査では、本人確認や在籍確認がおこなわれます。

プロミスの仮審査に通過すれば、よほど本審査で落ちることはないですが、書類に不備があった場合や在籍確認がクリアできなかった場合は、本審査で落ちてしまうかもしれません。本審査をおこなう前に、現住所と身分証明書の住所が同じか、必要書類はきちんと用意できているかを確認して書類提出をおこないましょう。

会社や家族にばれないで借入する方法

勤め先への在籍確認の電話連絡や郵送物が原因で家族や会社の人に借入が知られてしまうケースがありますが、プロミスは「郵送物なし」「在籍確認なし」での借入が可能なので、会社や家族にばれないでキャッシングサービスを利用できます。

プロミスの在籍確認

プロミスの在籍確認は、基本的に勤め先への電話連絡でおこないますが、申込完了後すぐに電話で相談をすると、在籍確認への対応を柔軟におこなっていただけます。

WEB申込後に、プロミスコールセンターに「勤め先への電話連絡なしで借入したい」と電話で伝えましょう。

ただし、契約者の信用情報に不安要素がある場合は在籍確認の電話連絡がおこなわれることがあります。在籍確認の電話連絡をおこなうかは与信審査によって決まるので、審査を受けてみないことには分りません。万が一、勤め先への電話連絡がおこなわれる場合でも事前に在籍確認をおこなうと連絡があるので心配ありません。

プロミスの郵送物
郵便物なし WEB申し込み カード郵送なし
◯(自動契約機で受取)
ok

プロミスは、WEB完結の場合は申込のときに「郵送物なし」を選択すれば郵送物が一切届きません。

WEB完結以外の申込の場合は、ローン契約機でキャッシュカードを発行すると自宅に郵送物が届きません。利用明細もWEBや電話で確認できるので契約後も郵送物が届きません。また、プロミスは自動契約機の台数が金融機関の中で最も多いです。自動契約機が自宅近くにあるので誰もが利用しやすいと思います。

プロミスの必要書類

50万円まで 本人確認書類
51万円~ 本人確認書類、収入証明書類

※希望融資額と他社からの借入残高の合計が100万円を超える場合は「収入証明書類」が必要になります。
※お借入総額により収入証明書類(源泉徴収票等)が必要です。

本人確認書類

  • 運転免許証
    (運転免許証をお持ちでない方は、パスポートまたは健康保険証+1点(例:住民票)をご用意ください)
    ※外国籍の方は、「在留カード」または「特別永住者証明書」(法令により、有効とみなされる期間内は外国人登録証明書を含む) をあわせてご用意ください。

収入証明書類

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 給料明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)
    ※個人事業主の方は確定申告書(写し)等が必要です

今日中にプロミスで借入する方法

プロミスで即日融資を受ける場合は、14時までに契約が完了しているかで条件が変わってきます。

平日14時までに契約完了

WEB完結(瞬フリ)

14時までの契約完了で「Web完結」が可能です。プロミスは口座指定がないのでほとんどの銀行で振込キャッシング(口座振替)がおこなえます。契約完了後、お手持ちの口座キャッシュカードで提携ATMからお金が引き出せます。

平日14時以降・土日祝日の即日融資の方法

WEB完結(瞬フリ)

「三井住友銀行」または「ジャパンネット銀行」のネットバンキングに登録していることが条件となります。ネットバンキングに登録していない場合でも、5分ほどで登録が完了するので即日融資が受けられます。22時までの契約完了で即日融資が可能となります。

自動契約機での審査

平日14時以降・土日祝日は、WEB申込後に自動契約機(※)で審査を受けます。自動契約機が閉まる22:00(一部21時)までに契約手続きが完了すると即日融資可能です。申込から契約完了まで最短90分はかかるので遅くても19時30ごろまでには申込をおこないましょう。

ただし、審査時間は人によって異なります。利用者によっては審査に時間がかかることがあるので今日中に借入ができない場合もあります。

こちら女

プロミスは、WEB申込後に電話で「即日融資希望」と伝えると優先的に審査をおこなってくれます。22時までに契約が完了しなければ即日融資が受けられないので、間に合うか心配な人は優先的に審査をおこなってもらいましょう。

プロミスの申込方法

プロミスは「WEB完結」または「自動契約機」での申し込みで自宅郵送物なしで即日融資が可能です。

WEB完結申込(郵送物なし、即日融資可能)

  1. WEB申し込み(口フリを選択) 
  2. 審査回答がメールで届く
  3. 必要書類を写真で撮って送付
  4. 契約完了後、指定口座にお金が振り込まれる
  5. 提携ATMでお金を引き出す

自動契約機での契約(郵送物なし、即日融資可能)

  1. WEB申し込み(口フリを選択) 
  2. 審査回答がメールで届く
  3. 必要書類を持って自動契約機でキャッシュカードを受取る
  4. 提携ATMでお金を引き出す

プロミスの返済方法

プロミスの最低返済額

30万円以下 借入残高 × 3.61%
50万円~100万円以下 借入残高 × 2.53%
100万円以下 借入残高 × 1.99%

※1,000円未満切り上げ

プロミスの最低返済額は、「借入残高×パーセンテージ」となります。そのため利用残高によって最低返済額が変動します。たとえば、10万円借入した場合は「10万×3.61%」となって最低返済額は「3,610円」になります。最低返済額を下回らなければ、延滞利息金は発生しません。

返済期日は毎月一定日になります。

プロミスの返済方法

プロミスの返済方法は、「口フリ(口座振替)」「提携ATM」「自動契約機」の3パターンがあります。

口フリ 指定口座から自動的にお金が引き落とされます。(手数料無料)
提携ATM(自動契約機) 提携先のATMでいつでも返済が可能です。
自動契約機 自動契約機で返済が可能です。(手数料無料)

「口フリ」「自動契約機(プロミスATM)」での返済は、手数料無料で利用ができます。返済方法は自分で選択できます。

提携先のATM

三井住友銀行本支店ATM、イーネットATM、ローソンATM、セブン銀行ATM

提携ATMの利用手数料(返済、借入)

1万円以下 108円
1万円~ 216円

コンビニATMの利用は上記の手数料が発生します。

その他のプロミスのポイント

プロミスは年収の3分の1以上借入ができる?

プロミスは、総量規制の対象となるので年収の3分の1以上借入ができません。年収の3分の1以上借入ができるのは、総量規制対象外になる銀行カードローンのみです。ただし、「おまとめローンサービス」を利用する場合は例外となります。他社の借金をプロミスでまとめて返済する場合は、「総量規制の例外」となるので年収の3分の1を超える金額の借入が可能です。

プロミスはおまとめローンが可能?

プロミスは、おまとめローン可能です。ただし、プロミスのおまとめローンは利用限度額が300万円になります。借入額が50万円を超える場合は収入証明書類が必要になるので、あらかじめ書類を用意した上で申込をするとスムーズに契約がおこなえます。

プロミスは専業主婦でも借入が可能?

プロミスは、専業主婦への貸付けをおこなっていません。専業主婦で借入したい場合は、銀行カードローンであれば借入可能です。

ただし、銀行カードローンの中でも、三井住友銀行、オリックス銀行、りそな銀行は専業主婦への貸付けをおこなっていません。その他の銀行カードローンでしたら借入できます。
大手消費者金融業者は専業主婦への貸付けをおこなっていないので、専業主婦の人は銀行カードローン会社で借入をしましょう。

プロミスは学生でも借入できる?

20歳以上で、なおかつアルバイトなどで一定の安定した収入があれば学生の人でも申込が可能です。ただし、年齢が20歳に達していない場合は利用資格の対象になりません。

20歳未満の場合は、「契約の取消」がおこなえるので貸し手にリスクが大きいのです。そのため20歳未満で契約できる銀行カードローン、消費者金融業者はありません。キャッシングサービスの利用は20歳になるまで待ちましょう。

プロミスの貸付条件
融資額 実質年率 利用対象
1~500万円 4.5%~17.8% 20歳以上69歳以下
遅延損害金 返済期間 返済方式
20.0%(実質年率) 最終借入後原則最長6年9ヶ月・1~80回 残高スライド元利定額返済方式
担保・保証人
不要

マネナビの【オススメNO.1】
三井住友銀行カードローン

  • 土日祝日でも即日融資が可能
  • 借入限度額800万円
  • 審査時間が最短30分で早い

公式サイトはこちら


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.