プロミス

プロミスで増額したいなら、まずは増額審査の条件を満たしているかどうかが大切です。

しかし増額審査を受ける前に、まずはどのくらいの追加キャッシングが受けられるかを確認しておく必要があります。

プロミスは総量規制の対象にあたるため、プロミスと他社の消費者金融業社からの借入総額が、年収の3分の1を超えるようであれば増額できないからです。

プロミスでの増額融資と総量規制の関係

プロミスは利用限度額の増額(増額融資)に対応しています。

ただし、プロミスは消費者金融業者にあたるため、総量規制の法律の対象になります。年収の3分の1までの融資になるので、この範囲を超えている人は増額融資が受けられません。

プロミスでの増額融資

たとえば、プロミスなどの消費者金融からの借入総額が、次のようなケースは増額融資が受けられません。

例 年収300万円

消費者金融からの借入総額100万 増額融資不可

プロミスからのキャッシングが次のようなケースであれば、増額融資が受けられます。

消費者金融からの借入総額50万 増額融資可能

  

プロミスは、総量規制を超える貸付が法律により禁止されています。総量規制を超える金額を借入したい場合は、銀行のカードローンを利用しましょう。

銀行カードローンのおすすめと審査ポイント」のページでおすすめの銀行カードローンを紹介していますので、そちらを合わせてご覧ください。

プロミスの増額融資の審査ポイント|利用限度額の増枠について

総量規制の範囲内であっても審査に通過しなければ、利用限度額の増額融資は受けられません。

審査ポイントを満たしているかを確認していきましょう。

4〜6ヶ月以上の返済実績がある

プロミスに限った話ではないのですが、借入先の金融業者から追加融資を受ける場合、あるていどの信用が重要になります。この信用の判断ができる期間の目安が4〜6ヶ月です。

これくらいの使用履歴があれば、あるていど信用できる人なのか、否かを判断することができます。使用期間内に他社の金融業社から借入をおこなっていたり、返済の遅れがあった場合は、追加融資を受けるのが難しいと考えられます。

借入中に返済の遅れがない

借入中に返済の遅れがある場合は、プロミスからも、他者の金融業社からも融資を受けるのが難しくなります。カードローンで借入をおこなって1日でも返済の遅れがあると、5年先まで事故情報、いわばブラックリストに延滞情報が残ってしまうので気をつけましょう。

返済の遅れがなければ限度額引き上げがおこなえる可能性が高いため、増額審査を受けてみるといいでしょう。

追加融資を受けても返済できる

返済能力は、キャッシングをおこなう上でもっとも重要なポイントです。

プロミスは、申込者の信用情報機関のデータをもとにスコアリングによって借入するかの判断をおこないます。このシステムは非常に性能が高いため、返済能力の有無が瞬時にわかります。

このときに返済できる能力がないと判断された場合は、当然ながら融資が受けられないですし、返済できる能力があると判断されれば追加融資が受けられる可能性が十分にあります。

ポイント女

本人がもっとも生活状況を分かっていると思うので、追加融資を受けても返済していけるのであれば審査を受けてみてはいかがでしょうか。

増額の見込みがなければ限度額の増額審査を受けないほうがいい

増額審査で不利な情報が発覚した場合、カードローンの利用が停止される恐れがあります。

そのため増額融資の条件に当てはまっていないようであれば、プロミスで増額審査を受けずに他社の消費者金融業社のキャッシングを利用したほうがいいでしょう。

とはいえ、返済実績が足りないという理由から、他社のカードローンを選択するのであれば、審査に通過する可能性は十分にある考えられますが、そうでない場合は審査に通過するのが非常に難しい状況にあると考えられます。

すでにカードローン審査に通過するのが難しい状態にあるなら、残念ながらそのまま現状をやり過ごすほかありません。

プロミスで限度額の増額融資を受ける方法

プロミスで限度額の増額融資を受けるプロセスは、最初の審査の時とまったく一緒です。

プロミスでお金を借りる!【審査ポイントと特徴】」のページでプロミスの審査に関して詳しく紹介していますので、合わせてご覧ください。

プロミスは、インターネット申込から優先的に審査をおこなっているため、WEBからの申込をおすすめします。
  1. プロミスの公式サイトからWEB申込をおこなう
  2. メール、もしくは電話で審査回答が届く
  3. 必要書類の提出
  4. 増額審査の回答が届く
ポイント女

プロミスの増額融資は通常と同じように審査がおこなわれるため、最短60分ですぐに増額キャッシングが受けられます。

在籍確認はおこなわれる

基本的に増額融資の場合も在籍確認はおこなわれます。どうしても在籍確認を避けたい場合は、書類提出で勤め先への在籍確認をおこなっていただける場合もあるので、その旨をプロミスに伝えるとよいでしょう。

ただし在籍確認をおこなうか、否かの判断は保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス)がおこなうため、確認までに時間がかかることがあります。急ぎで融資を受けたい場合は、通常の在籍確認のプロセスを受けたほうがよいと思います。

申込当日の増額も受けられる

プロミスは最短30分で審査回答が届きます。早く審査回答を得たい場合は、その旨をプロミスに伝えれば優先的に審査をおこなっていただけます。

また30分を経過しても審査回答が来ないと不安に思う人が多いようですが、審査が混み合っているだけなので問題はありません。プロミスは、他社の金融業社と比べてみても審査スピードが格段に速いです。早く審査回答が得られる確率が高いので、急ぎの人でも安心です。

50万円以上の借入は収入証明書が必要

プロミスで50万円以上の借入をおこなう場合、収入証明書の提出を求められます。借入額が50万円を超えている場合はあらかじめ収入証明書を用意しておきましょう。

また前回審査を受けてから3年以上経過している場合は、再度、収入証明書を提出する必要があります。そのほかにも勤め先が変わっている場合も収入証明書の再提出が必要になるため、あらかじめ用意しておくとよいです。