銀行や消費者金融業者が取り扱っているおまとめローン商品は、おまとめローンや乗り換えプラン、乗り換えローンという呼び方をしますが、借金を一本にまとめるということには変わりありません。つまり、貸金業者や銀行機関の呼び方が違うだけです。

ポイント女

だだし、申込先の金融機関が銀行か消費者金融業者かでは、おまとめローンに違いがあります。

消費者金融業者で取り扱っているおまとめローンは、銀行カードローンの借入残高金をまとめることができません。つまり、消費者金融業者でのおまとめの場合、「貸金業者(=リボ払い、消費者金融)の借入残高金のみ」おまとめが可能となります。

したがって、消費者金融業者と銀行カードローンの両方の借入金を一本化する場合は銀行カードローンのおまとめプランがおすすめです。

おまとめローンと借り換えローンの図

  • 消費者金融業系カードローンと銀行カードローンの借入残高をおまとめする場合 → 銀行カードローン
  • 消費者金融のみの借入残高をおまとめする場合 → 消費者金融系カードローン

消費者金融と銀行カードローンのおまとめローンの違い

銀行カードローンでのおまとめローンのメリットとデメリット

消費者金融業者と銀行カードローンの両方の借入残高金を一本におまとめしたい場合は、銀行カードローンを利用しましょう。

銀行カードローンは、高額借入が可能なのでおまとめローン関係のプランを取り扱っていない金融会社でも借り換えが可能となります。

銀行カードローンでのおまとめローンのメリット
  • 追加借入が可能
  • 総量規制対象外なので年収の3分の1以上おまとめが可能
  • 消費者金融業者の借入金もおまとめできる
  • 低金利でおまとめができる

東京スター銀行のおまとめローンは、追加借り入れが可能となります。審査によっておまとめローンとは別にカードローンの利用枠が設けられる場合があります。そのため、緊急でお金が必要になった場合でも安心です。

また、銀行カードローンは総量規制の対象外となるので年収の3分の1以上の借入ができます。そのため、おまとめローンを取り扱っていない銀行カードローンでも借り換えが可能となります。さらに、銀行カードローンの借入残高金だけでなくて消費者金融業者やクレジットカードのリボ払い等の借入金もおまとめができるので、複数業者からの借入金を一本化することが可能です。

また、銀行は低金利でおまとめができるので金利が下がる可能性が高いです。おまとめローンをするなら銀行でのおまとめが利用しやすいと言えるでしょう。

銀行カードローンでのおまとめローンのデメリット
  • 消費者金融業者に比べると審査が厳しい

銀行カードローンは、消費者金融業者よりも低金利でおまとめローンが組めるので審査がすこし厳しくなります。また、借入希望額が借入できるかは審査によって決まります。

与信審査の結果次第では、借入希望額が200万円のおまとめである場合でも100万円までの利用限度額なら可能となるかもしれません。ですが、審査は受けてみないとわからないので、審査に自信のない方でも一度、申込をしてみると良いでしょう。

消費者金融業者でのおまとめローンのメリットとデメリット

消費者金融業者は、貸金業者からの借入残高金のみおまとめが可能です。そのため、銀行カードローンの借入金はおまとめができないので注意してください。

消費者金融業者でのおまとめローンのメリット
  • 総量規制の「例外」となるので年収の3分の1以上おまとめが可能
  • 銀行のおまとめプランよりも審査に通過しやすい

消費者金融業者は、貸金業法の総量規制によって年収の3分の1以上の貸付けが禁止されています。しかし、おまとめローンのみ総量規制の「例外」となって年収の3分の1を超える借入限度額の利用が可能となります。

また、銀行のおまとめローンよりも審査に通過しやすいので審査に自身のない方は、消費者金融でおまとめローンを組むと良いでしょう。

※ただし、大手消費者金融業者のなかでモビットのみおまとめローンのプランを取り扱っていません。そのため、モビットで借り換えをした場合は年収の3分の1までとなります。

消費者金融業者でのおまとめローンのデメリット
  • 銀行カードローンの借入金はおまとめできない
  • 100万円未満のおまとめはあまり利息が下がらない
  • 追加借入ができない

消費者金融業者は、貸金業者の借入金のみおまとめが可能です。つまり、クレジットカードのリボ払いや消費者金融業者での借入金であればおまとめが可能ですが、銀行カードローンの借入金は「除外」となるのでおまとめができません。

また、利息制限法によって定められている上限金利ギリギリの金利になるので、100万円未満の金額のおまとめの場合そこまで利息が下がりません。

100万円以上の借入の場合は、上限利息が15%になるのでおまとめをした場合、利息が低くなるかもしれません。一度、返済総額を計算したうえでおまとめを検討してみると良いでしょう。

消費者金融業者でのおまとめは、返済を終えるまでは追加借入ができません。つまり、100万円のおまとめローンを組んで、コツコツ返済して返済額が30万円になった場合でも、追加で融資を受けることができません。あくまで返済を目的としたプランになるので、キャッシング枠が設けられていないのです。また、おまとめローン返済中は他社からの借入も難しくなります。

デメリットを把握したうえで消費者金融業者でのおまとめを検討してみましょう。