おまとめローンは、複数業者の借入金を一社にまとめることで、毎月の返済が楽になり返済額が低くなるメリットがあります。

しかし、反対に月々の返済額を減らすと返済期間が長くなることで支払総額が多くなってしまうかもしれないデメリットもあります。

こちら

おまとめローンを契約するなら、返済計画をしっかりと立てて上手に利用しましょう。

おまとめローンのメリットとデメリット

おまとめローンには、多くのメリットがありますがデメリットもあります。そのため、デメリットも把握したうえで検討してみると良いでしょう。

おまとめローンのメリット

金利が下がる

金利は、利息制限法によって上限が定められているので借入額によって変動します。そのため、複数の金融機関からの借入金を1社にまとめた場合、利息が下がるかもしれません。

金利の上限

10万円以上 100万円以上
18% 15%

たとえば、消費者金融業者からの借入残高80万円(18%)、クレジットカードのリボ払い(18%)の借入残高があるとします。この場合、おまとめローンを組むと借入額が110万円になるので、金利が15%に下がります。

ポイント女

また、上限金利が15%となるのですが、金利は金融会社によっても変わってくるのでさらに下がる可能性もあります。

毎月の返済額が少なくなる

金利が下がることで毎月の返済額が少なくなります。

例 金利18%で借入残高の合計が110万円の場合

おまとめローンの金利変動イメージ

おまとめ前 毎月3万円の返済
おまとめ前 金利減少で毎月の返済額が22,767円になる

(東京スター銀行の場合)

上記の条件でおまとめローンを組むと金利が下がるので、7,233円利息の支払額が軽減されます。利息が減少することで毎月の返済額や返済総額も減少します。

複数業者の借入金を一社にまとめることができるので返済計画が立てやすい

たとえば、3社から借入している場合、毎月3回返済をおこなわなくてはいけません。また、借入先によって返済日が異なるので「いつどのくらいのお金を返済しているのか」「返済期間はどのくらいなのか」を把握できなくなってしまう方が多いのではないでしょうか?

うっかり口座にお金を入れ忘れてしまったり、返済日を過ぎて振込返済をおこなってしまうと、延滞損害金が発生してしまいます。返済はおこなっているが借入残高はしっかりと減少しているのか?利息だけの支払いで終わっていないかなど、複数業者から借入金があると返済のめどが立たなくなってしまいます。

借入金を一本化することで、しっかりと返済計画を立てることができるので借入残高を確実に減少させることができます。

保証人不要で借入ができる

カードローンの利用は、金利に保証料が含まれているので保証人は必要ありません。そのため、保証人不要でおまとめローンを組むことができます。保証人を立てる必要がないので利用しやすいメリットがあります。

おまとめローンのデメリット

支払回数が増えると総額利息が高くなる場合がある

支払回数を増やすと総額の利息が高くなります。そのため、おまとめローン後に返済額の負担を減らしすぎると、返済回数が増えるので返済金額が高くなってしまいます。

ストップ

おまとめローンによって金利が高くなるわけではなく返済期間が長くなることで金利の総支払額が多くなるということです。

おまとめローンはあくまで借入残高を完済させることを目的としたプランとなります。そのため、毎月返済額ギリギリで支払いをおこなっている方が、おまとめローンを組むと毎月の返済額が増加するかもしれません。

希望額が借入できるのかは審査次第となる

たとえば、110万円の借入希望額で審査を受けた場合でも、与信審査によって「80万円までの借り換えなら可能」と審査回答がでるかもしれません。つまり、借入金の全額をおまとめできるかは、審査次第となります。

審査によって利用限度額が決まるので、信用情報に不安要素がみられる場合、勤続年数が短い場合は、希望額の借入が難しいかもしれません。

借入額によっては金利がそこまで下がらない

100万円以上の借入残高をおまとめした場合、金利が下がる可能性が高いです。しかし、もともと低金利の銀行カードローンを利用している場合や借入残高が少ない場合は、そこまで金利が下がらないかもしれません。そのため、おまとめをしても毎月の返済額が減少しないことがあります。

借入金の返済が遅れている人はおまとめローン審査に通らない?

借入金の返済の遅れは、指定信用機関に情報がのこってしまいます。1~3回滞納や延滞を繰り返している人は「与信に問題あり」と判断されておまとめローンの審査に通りづらいかもしれません。

ですが、融資が受けられるかは審査を受けてみないとわかりません。多重債務で返済が苦しい人は、毎月の負担が減る可能性があるので、一度おまとめローン審査を受けてみると良いでしょう。