多重債務で悩んでいる方は、債務整理をするまえにおまとめローンの借り換えを検討してみると良いかもしれません。おまとめローンとは、複数の金融機関からの借入金を一本にまとめることで、金利が下がり毎月の返済金額が軽減されるプランです。

ただし、おまとめローンは元金(=借入金額)が減るわけではありません。あくまで、支払い利息が小さくなるので、返済額や返済期間が軽減されるのです。

ストップ

当たり前のことですが、借りた金額はきちんと完済しなくてはいけません。

おまとめローンとは?

おまとめローンとは、複数の金融業者からの借入金を一本化できる金融商品です。借金を一本化することで毎月の返済が楽になり、金利が下がるかもしれません。

なぜ金利が下がるかというと「金利には上限」があるからです。

金利は、利息制限法によって上限金利が決められています。そのため、100万円以上の場合は、上限金利が15%になり、10万円~99万までの上限金利は18%となります。

たとえば、 プロミス35万円(18%)、アコム50万円(18%)、オリックス銀行カードローン40万円(17.8%)の合わせて125万円の借入残高がある場合、金利の上限によって金利が15%となります。

多重債務者のおまとめローンのイメージ

一社ごとの利用限度額が100万円を超えないので金利は引き下がりませんが、合算すると借入額が125万円になるので上限金の範囲を超えてしまっているため金利は15%に引き下がるのです。

こちら女

借金を一社にまとめると金利が下がる場合があるので、毎月の返済金額がぐっと下がるのです。

多重債務者はおまとめローンと債務整理どちらが得?

債務整理とは、「任意整理」「民事再生」「自己破産」「過払い金請求」などの方法によって借入金を整理することです。

任意整理 金利をカットし3年で完済する
民事再生 借入額を減額し3年で完済する
自己破産 借入金を帳消しにする

費用で比較

費用で比較をするとおまとめローンのほうがお得になります。

債権整理は、弁護士や司法書士への報酬を支払わなくてはいけないので「4万円~」と費用がかかります。
また、「任意整理」の場合、借り入れ件数によっても「着手金 + 実費等」が変わってくるので、借入業者が4社以上になる場合は、費用が10万円を超えてしまうかもしれません。

さらに「自己破産」をした場合は、裁判所に収める「予納金」も必要になるので、費用が10万円~15万円程かかります。このように、債務整理には高額な費用がかかります。

しかし、おまとめローンの場合は、こういった費用が一切かかりません。費用の面で比較をした場合、おまとめローンのほうが得だと言えるでしょう。

デメリットで比較

基本的に、借りたお金は必ず返さなくてはいけません。そのため、「任意整理」、「おまとめローン」を組んでも借入した元金が減るわけではありません。軽減されるのは「利息」のみとなります。

借金を帳消しにするなら「自己破産」の方法を取るしかありませんが、デメリットも多くあります。

自己破産のデメリット
  • 20万円以上の財産をすべて手放す(住宅、車、土地など)
  • 裁判所の手続きが必要になる
  • 就職に不利になることがある
  • ブラックリストに載る
  • 海外旅行に行きづらくなる

自己破産には、多くのデメリットがありますが、反対におまとめローンのデメリットはとても軽いです。

おまとめローンのデメリット
  • 金利が下がらないことがある
  • 他社からの借入がしづらくなる

おまとめローンの審査で、金利が下がらないとわかれば契約しなればよい話です。また、他社から借入がしづらくなりますが、まったく借入ができなくなるわけではありません。

さらに、東京スター銀行のおまとめローンの場合は、おまとめローンとは別にキャッシング枠が設けられる場合があるので、急にお金が必要になった場合でも安心です。

債権整理をおこなった場合は、社会的な信用を失ってしまうのでその後のデメリットが非常に大きいですが、おまとめローンの場合は、コツコツと返済していくことで借入金を完済できますし、社会的な信用も失わなくて済みます。

おまとめローンは費用がかからないのでとても利用しやすいです。反対に、債務整理は高額な費用がかかりデメリットも大きくなるので、一度、おまとめローンを検討してみると良いかもしれません。

多重債務者はおまとめローンの審査に通りづらい?

おまとめローンは、借金返済を目的とされているプランです。つまり多重債務を抱えているからといって審査に通りづらくなることはありません。

ただし、「信用情報に問題がある人」は、審査に通りづらくなります。

信用情報では、クレジットヒストリー(=クレジットカードの返済履歴)、借入金の返済履歴、ローンの分割返済履歴等がみられます。

ローンの返済履歴に複数回「滞納・延滞」がある場合は、「信用情報に問題あり」と判断されてしまうかもしれません。信用情報に問題がある不良債権になる可能性が高いと考えられるので、融資が受けられないかもしれません。

信用情報に自信のない方でも、一度、審査を受けてみましょう。審査は受けてみないと分りません。申込をして審査に落ちた場合でも、今後、不利になることはないので申込をしてみると良いでしょう。

多重債務者が利用するなら銀行カードローンのおまとめがおすすめ

おまとめローンを組む場合、大手の消費者金融業者、または銀行でのおまとめのどちらかとなります。

消費者金融業者は、総量規制によって年収の3分の1以上の貸付けが禁止されていますが、おまとめ関係の商品のみ「総量規制の例外」となって3分の1以上の借入が可能となります。ただし、消費者金融業者のおまとめローン商品は、貸金業者の借入金のみの利用となります。つまり、消費者金融業者は、銀行カードローンの借入金はおまとめできないので、両方の借入金をおまとめできる銀行カードローンのほうがおすすめです。

また、消費者金融業者のおまとめの場合、金利が上限金利ギリギリの場合となるケースが多いのですが、銀行カードローンの場合、上限金利を下回る金利での借入が可能となります。

多重債務者が利用するなら銀行カードローンでおまとめするのが良いと言えるでしょう。