低金利のカードローン【利息を抑えるコツと金利比較】

低金利のカードローン

低金利のカードローンの見極め方をご存知でしょうか。

カードローンの金利は、「実質年率4.0%〜14.0%」と表記されています。

低金利のカードローンを見極める際は、最低金利ではなく最高金利で比較することが大切です。

なぜかというと、100万円以下の小額キャッシングでは最高金利が設定される場合が多いからです。

こちら女

低金利のカードローンの利用で、利息を大幅に抑えてキャッシングがおこなえます。

低金利のカードローンは審査が厳しくなりますので、審査に自信がない場合は、低金利ではなく無利息サービスのあるカードローンを選択するのが得策です。

横浜銀行カードローン

横浜銀行は、専業主婦への貸付に対応しているだけでなく、とても低金利です。利用地域が限られますので確認した上で申込みをおこなってください。

審査時間 最短即日
実質年率 1.9%~14.6%
借入限度額 10~1,000万円

レイク

レイクは、「30日間無利息」「5万円まで180日間無利息」の無利息サービスがあります。土日祝日でも21時までの申込完了で即日融資が可能です。

審査時間 完了画面にそのまま表示
実質年率 4.5%~18.0%
借入限度額 1~500万円

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行は、審査次第ではもっとも金利が低くなる可能性があります。最大限度額1,000万円なので高額融資も可能です。

審査時間
実質年率 年3.5%~14.0%
借入限度額 10~1,000万円

低金利のカードローンは審査が厳しい!?

低金利のカードローン審査

低金利のカードローンは、金利が低いぶん審査の難易度がぐっと高くなります。

金利が低いカードローンといえば銀行カードローンになりますが、現在、銀行のカードローンは多重債務の問題により厳格審査の姿勢にあります。

ただでさえ低金利のカードローンは審査が厳しいうえに、さらに審査に通過しづらくなっているのです。

当然ながらカードローンは審査に通過しなければ融資が受けられませんので、まずは審査に通過することが前提となります。

利息を抑えるコツ【低金利よりも無利息】

ほとんどの人は、少しでも利息を抑えるために金利が低いカードローンを選んでしまいがちです。

しかし、じつは無利息カードローンを利用したほうが、利息が抑えられるケースがあるのをご存知でしょうか。

キャッシングを半年間した場合の利息

無利息(180日間※) 低金利(14.0%)
5万円 0円 2,058円
10万円 2,655円 4,119円
15万円 5,312円 6,182円

※レイクの「180日間のうち5万円まで無利息」のプランです。

とくに銀行カードローンの審査が厳しい現在は、わざわざ審査に通過しづらいような低金利のカードローンを選ぶよりも、無利息のカードローンを選んだほうが得策なのです。

ポイント

無利息でキャッシングするなら、無利息期間がなるべく長いカードローンを選びましょう。

無利息なら新生銀行レイク

新生銀行レイクのATM

「30日間無利息」「5万円まで180日間無利息」の選べる無利息サービス

レイクは、30日間もしくは5万円まで180日間の無利息サービスが自分で選択できます。

どちらか利息がより抑えられるほうを選択できるので、最良条件で無利息キャッシングがおこなえます。

1万円単位でキャッシングできる

利息を抑えて借入するなら、なるべく必要な金額だけを借入するのが鉄則です。

銀行カードローンは10万円単位の借入となり、利息が余分にかかってしまうのですが、レイクなら1万円単位で細かく借入額が設定できるので、余分な利息がかかることがありません。

無利息の即日融資も可能

低金利のカードローンは審査に時間がかかることが多いのですが、レイクであれば申込完了画面にそのまま審査結果が表示されますので、最短1時間ほどでキャッシングサービスが受けられます。

ポイント女

無利息でキャッシングするには、レイクより良い条件のところは難しいでしょう。

新生銀行カードローン レイク

  1. 「30日間無利息」「5万円まで180日間無利息」

    1万円単位でキャッシングできる

    無利息の即日融資も可能

    実質年率 借入限度額 審査時間
    4.5%~18.0% 1~500万円 申込み完了画面に表示
    土日祝日 即日融資

公式サイトはこちら

レイクで無利息キャッシング

レイクはweb申込完了後に、そのまま審査結果が表示されます。

無事に審査に通過すれば、所定の手続きに従って契約手続きをすすめていきます。

レイクの審査回答

書類提出が完了すると、「30日間無利息」「5万円まで180日間無利息」のいずれかの無利息期間を選択できます。

レイクの無利息画面

契約方法が、インターネット契約の場合はレイクのオペレーターさんから案内があり、自動契約機の場合は、手続きの途中画面に無利息の選択が表示されます。

仮審査の結果が出た時点でいくらの借入になるかが確定しますので、30日間なのか、5万円まで180日間なのかを、あらかじめ決めておくと良いでしょう。

新生銀行レイクの公式サイトはこちら

カードローン10社の金利比較

カードローン10社の金利比較

人気の銀行カードローン10社の金利を比較してみました。

最高金利
みずほ銀行カードローン 14.00%
楽天銀行スーパーローン 14.50%
静岡銀行カードローン 14.50%
横浜銀行カードローン 14.60%
三菱東京UFJ銀行カードローン 14.60%
住信SBIネット銀行ミスターカードローン 14.79%
千葉銀行カードローン 14.80%
住信SBIネット銀行ミスターカードローン 14.79%
じぶん銀行カードローン 17.50%
オリックス銀行カードローン 17.80%
新生銀行レイク 18.00%

みずほ銀行カードローンが最も低金利であるものの、25万円までのキャッシングであれば、みずほ銀行よりもレイクの無利息サービスを利用したほうが利息が抑えられます。

ちなみにみずほ銀行カードローンには無利息サービスがありませんので、少額借入をおこなうのであれば低金利のみずほではなく、無利息のレイクの利用をおすすめします。

※6ヶ月で返済したものとします。

そもそもカードローンの金利って下がるの?

同じ金融機関でカードローンの利用を続けていると、金利が下がるケースがあります。

しかしこの金利が下がるタイミングというのは、追加借入をした際になりますので、それでは利息の負担が抑えられるどころか、むしろ負担が増えてしまいます。

利息を下げることを目的としているなら、他社のカードローンへ借り換えるしかありません。

すでに利用しているカードローンの金利を下げるコツ

金利を下げるコツ

すでに利用しているカードローンの金利を下げるには、今よりも低金利のカードローンへ借り換えるのがベストです。

とはいえ、上述でも説明があるように銀行のカードローンは現在、多重債務者に対する貸付を制限している状態にあります。

つまり、すでに借入している人が新たに借入するのが難しい状態にあるのです。

今よりも金利を下げたい場合には、銀行ではなく消費者金融のおまとめローンを検討されてはいかがでしょうか。

消費者金融のおまとめローンを利用する

基本的に消費者金融は、年収3分の1を超えるキャッシングがおこなえないのですが、利用目的がおまとめの場合のみ例外となり年収3分の1を超える融資が受けられます。

消費者金融は年収3分の1を超えるおまとめローンが組めるだけでなく、借入金をまとめることで金利が下がる可能性があるのです。

利息を抑えるための借り換えを希望している場合は、「おまとめローン・借り換えで借金を一本化|毎月の返済額を減らそう」の記事を合わせてご覧ください。借り換え・おまとめに最良のカードローンを紹介しています。

住宅ローンや自動車ローンと一本化する

大手銀行などで住宅や自動車のローンを組んでいる場合は、その銀行で借入金を1本化されてはいかがでしょうか。

借入金を1本にまとめると金利が下がるケースが多く、通常よりも低金利にキャッシングサービスが受けられます。

住宅ローンが組めるほどの顧客は、その銀行にとって優良顧客となりますから、信頼性が高く審査にも通過しやすいと考えられます。

もしかしたら厳格審査のあおりを受けずに、審査に通過するかもしれません。

利息を抑えるには低金利と無利息の使い分けが大事

低金利のみずほ銀行

低金利のカードローンを利用したい、その本質は利息を抑えることにあると思います。

利息を抑えることを目的とするのであれば、低金利なのか、あるいは無利息なのかを見極めて状況に応じて使い分けることが大切です。

最も低金利が、最も利息を抑えられるわけではない

金利が1%違うだけで、100万円の利息が25,000円ほど変わると言われていますが、一概に低金利なカードローンであれば良いというわけではありません。

たとえば、その100万円を翌月には返済できるのであれば無利息のカードローンを利用したほうがいいですし、少額借入であればこちらも無利息のほうがいいことがあります。

ここで伝えたいのは、最も低金利のカードローンが最も利息が抑えられるわけではないということです。

この安易な思い込みは、損をする結果になりかねません。

お金を借入したいほどの状態にあるなら、5千円でも1万円でも、なんなら1千円でも利息を抑えたいことでしょう。

それなら希望額で借入するのを想定して、無利息と低金利のどちらが得なのかどうかを判断されてはいかがでしょうか。

その際に、低金利のカードローンは厳格審査にあることをきちんと念頭に置いてください。

どっちらがいいのか迷ったら無利息カードローン

管理人は総合的に判断した場合に、最善なのは無利息カードローンではないのかという結論に至りました。

無利息カードローンであれば厳格審査の影響を受けずに、通常よりも利息を抑えてキャッシングサービスを受けることができます。

カードローンの利息は次のような計算式に当てはめることで算出できますが、これは返済予定期間が1ヶ月伸びるだけでも、借入額が増えるだけでも、大きく利息が異なってきます。

借入残高 × 実質年率 ÷ 365日 × 月の日数 = 利息額

最初は10万円の借入のつもりだったとしても、追加でお金が必要になるかもしれません。

一括返済するつもりが急な出費で難しくなることだってあるでしょう。

あるいは希望の借入先で審査落ちすることだって考えられます。

このように、あらゆるパターンを想定して無利息と低金利のどちらがいいのかを判断するのは、面倒さを差し置いて困難だと考えられるので、迷ったら無利息カードローンを選択すれば間違いないと言えます。

低金利でキャッシングがおこなえるカードローンは、そのぶん審査が厳しくなる傾向があります。

とくに現在の銀行カードローンは厳格審査の姿勢にあるため、複数の金融業者からキャッシングしている人は、審査に通過しないといっても過言ではありません。

やはり利息を抑えてキャッシングをおこなうのであれば、無利息カードローンを利用するのがベストでしょう。

新生銀行レイクの公式サイトはこちら


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.