無利息サービスとは、一定の期間中、利息無料で借入ができることです。そのため、「借入額が少額な場合」「少しでも利息を抑えたい場合」「借入月の翌月には返済できる場合」は、無利息サービスのある金融機関を利用すると良いでしょう。

無利息期間のあるカードローン

レイク

新生銀行カードローン レイクのロゴ

レイクは、最大180日間利息無料でカードローンを利用することができます。無利息での借入希望であれば断然レイクがおすすめです。

審査時間 申込み完了画面に表示
実質年利 4.5%~18.0%
借入限度額 1~500万円

プロミス

プロミスのロゴ

プロミスをはじめて利用する人は最大30日間利息がかかりません。また、最短30分の融資スピードなので即日融資も受けることができます。

審査時間 最短30分
実質年利 4.5%~17.8%
借入限度額 1~500万円

アコム

アコムのロゴ

アコムは、契約日の翌日から最大30日間金利0円で利用することができます。さらに、友達紹介で最高1万円分のQUOカードがもらえます。

審査時間 最短30分
実質年利 4.7%~18.0%
借入限度額 1~500万円

レイクなら最大180日間無利息で借入ができる

レイクは、5万円以下の借り入れの場合、180日間利息無料で借入ができます。つまり、借入した日から半年間は利息がかかりません。

また、5万円以上の借入の場合でも、5万円分は最大180日間利息がかかりません。たとえば、限度額30万円の借入をした場合、30万円のうち5万円分は180日間利息間利息がかからなくなります。

さらにレイクは、一括返済が可能です。そのため、借入した翌月に全額返済することができるので、その場合は利息が一切かかりません。無利息サービスのあるカードローンを利用するなら、もっとも無利息期間が長いレイクがおすすめです。

30日間無利息で借入するならレイク・プロミス・アコム

新生銀行レイクは、5万円以上の借入の場合、30日間無利息借入を利用することができます。つまり、30日と180日のどちらかが選べます。そのため、返済期間が6ヶ月以上かかりそうな場合は「180日間の無利息」で。返済期間が6ヶ月以内の短期間であれば30日間無利息を利用すると良いでしょう。

また、消費者金融会社のプロミスやアコムは30日間の無利息サービスとなります。1ヶ月間は利息無料でキャッシングができるので利用しやすいと言えるでしょう。

低金利の借入と無利息キャッシングどっちがお得?

低金利がおすすめの借入

低金利で借入できる銀行カードローンは、「高額融資を受ける場合」「返済回数が多くなる場合」におすすめです。借入金の返済期間が長くなるほど、利息総額が高くなります。
そのため、低金利で借入ができる銀行カードローンであれば、できるだけ利息額を抑えることができます。

無利息サービスがおすすめの借入

反対に、「少額融資を受ける場合」「返済回数が少ない場合」は無利息キャッシングサービスのある金融機関を利用したほうが、利息額を抑えて借入することができます。

実際にシミュレーションをして検証していきましょう。

無利息と低金利の利息総額を比較

少額融資を受ける場合は、無利息サービスのある金融機関のほうが利息がかかりません。

無利息サービスで10万円の借入

レイクで借入限度額10万円で毎月1万円を返済した場合
(実質年率18.0% + 180日間無利息サービス) 

利息総額 1,543円

レイクで180日間無利息サービスを利用すると10万円の借り入れの場合、利息がほとんどかかりません。

低金利の銀行カードローンで10万円の借入

みずほ銀行カードローンで借入限度額10万円で毎月1万円を返済した場合
(実質年率14.0%)

利息総額 6,956円

低金利のみずほ銀行カードローンで10万円の借り入れをすると、利息が「6,956円」かかります。返済金額が無利息サービスのある金融機関よりも多くなります。

ポイント

10万円の借入であれば、低金利のカードローンより無利息サービスのほうが利息が安くなります。したがって、少額融資であれば低金利の銀行カードローンを利用するよりも、無利息キャッシングのほうが「得」だと言えるでしょう

無利息サービスの必要書類

身分証明書類(運転免許証、パスポート、健康保険証など)

キャッシング審査の際に必要になる書類は身分証明書のみとなります。ただし、下記の条件にあてはまる場合は収入証明書類が必要になります。

  • 銀行カードローンの利用限度額が100万円~300万円になる場合
  • 消費者金融業者から50万円の借入をおこなう場合
  • 貸金業者(=リボ払い、消費者金融業者)の借入が合わせて100万円になる場合

収入証明書類(直近2ヶ月の給与支払明細書、源泉徴収票、確定申告書など)

新生銀行レイクで100万円を超える借り入れをする場合は、収入証明書類が必要になります。

また、消費者金融業者(プロミス、アコム)で借入する場合は、限度額が50万円を超える場合、またはリボ払いや他社の借入額と今回の借入額が合わせて100万円になる場合は、収入を証明する書類が必要になるので、キャッシング審査を受ける前に用意しておきましょう。

無利息サービスの審査ポイント

少額融資で借入する場合、信用リスクが低いので比較的、審査に通過しやすいです。

10万円以下の融資額であれば、貸し手にリスクが少ないので、審査に通る可能性が非常に高いと言えるでしょう。また、このように借入額が少額な場合、即日融資が受けられる可能性が非常に高くなります。

ただし、申込情報に「虚偽の申告(=嘘)」がある場合は、審査落ちの原因となるので間違いがないように正しく記載しましょう。

高額融資の場合は、信用リスクが高くなるので審査難易度がすこし上がります。「返済能力」が審査の際に問われるので、返済できる見込みがある場合は審査に通過する可能性が高いと言えるでしょう。

とくに過去の返済履歴等が重要視してみられるので、クレジットカードやカードローンの利用滞納がある場合は、すこし審査に通りづらいかもしれません。

無利息期間のあるカードローンで今日中に借入できる?

上記に掲載されている金融機関は、審査スピードがとてもスピーディーなので即日融資できる可能性が非常に高いです。土日祝日でも21時~22時までの契約完了で今日中に借入ができます。

金融機関によって契約完了時間が異なるので申込の際に確認しておきましょう。

無利息サービスのある金融機関で専業主婦も借入できる?

収入のない専業主婦の人は、総量規制の対象となる消費者金融業者で借入ができません。しかし、総量規制対象外の銀行カードローンであればキャッシングが可能となります。

新生銀行レイクは、総量規制対象外となるので専業主婦でも利用することができます。ただし、借入限度額が50万円までと限られます。また、配偶者(夫)に一定の安定した収入があることが条件となります。