雇用形態がアルバイトやパートの場合でも、一定の安定した収入があればキャッシングをすることができます。

とはいえ、カードローンの審査基準は多岐に渡りますので、あらかじめ条件を確認したうえで審査を受けるといいでしょう。

アルバイトやパートでもカードローン借入ができる条件

下記の条件にあてはまっている場合は、カードローン審査の条件を満たしています。

  • 20歳を超えている
  • 一定の安定した収入がある

条件を満たしている場合は、消費者金融系カードローン、もしくは銀行カードローンのどちらのカードローンも利用することができます。

ただし、上記の条件を満たしいれば希望の金額が借入できるわけではりません。カードローン審査には、信用情報や勤続年数が重要になってきます。

アルバイトやパートのカードローン審査ポイント

信用情報に問題がない

カードローン審査では「クレジットヒストリー(=クレジットカードの返済履歴)」「携帯電話機種の割賦金の支払い履歴」「カードローン借入の返済履歴」などの信用情報が審査のときの判断材料となります。

そのため、過去に「延滞や滞納」の経験がある人は審査に通りづらいかもしれません。審査の難易度は利用限度額に応じて変わってきます。つまり、借入額が大きいほど審査の難易度が高くなるので、信用情報に自信のない人は借入希望額を少なく見積もりましょう。

勤続年数

カードローン審査では勤続した年数が重要視されます。「勤続年数が長い=仕事を辞める可能性が低い」と判断されるからです。つまり、勤続年数が長いと返済の見込みがあると判断されやすくなるのです。

そのため、短期的に高額な金額を稼ぐ人よりも長期的に安定した収入がある人のほうが与信(=信頼性)が高くなります。とくに、銀行カードローンは低金利で高額融資が受けられるため、勤続年数が重要視してみられます。働いて1年未満しか経過していない場合は、消費者金融系カードローンで融資を受けたほうが良いかもしれません。

アルバイトやパートのカードローン審査に通りづらい人の特徴

下記の条件にあてはまる人は審査に通過しづらいかもしれません。

働いて一ヶ月経過していない

働き始めて日が浅い場合は、カードローン審査に通過しづらくなります。借入してすぐに仕事を辞めてしまう可能性が非常に高く感じられてしまうからです。

また、カードローンの利用は継続的な収入がある人にしかおこなえません。つまり、勤続して1ヶ月経過していない場合は、継続的な収入とは呼べません。カードローン審査を受ける場合は、少なくとも3ヶ月以上は勤務をしてから申込みをすると良いでしょう。

身分証明書類がない

カードローン審査では必ず身分証明書の提示が必要となります。そのため、運転免許証・パスポート・健康保険証などの身分証明書がない場合は、融資を受けるのが難しいと言えます。

また、住民票は身分証明書として認められません。住民票だけでは本人だと断定するのが難しいからです。

アルバイトやパートのカードローン審査通過例

実際にカードローン審査に通過した人の例をご紹介します。

消費者金融系カードローン審査通過例Aのケース

月収入 約8万円
勤続年数 11ヶ月
年齢 21歳
職種 コンビニ店員
雇用形態 アルバイト
借入額 15万円
使用目的 大学の卒業旅行

勤続年数が一年未満と短いですが、消費者金融系カードローン審査した人の例です。
借入額が少額だったのが良かったのかもしれません。このケースのように勤続年数が短い人は、少額融資を希望したほうが良いかもしれません。

消費者金融系カードローン審査通過例Bのケース

月収入 6万円
勤続年数 2年3ヶ月
年齢 31歳
職種 スーパーレジ
雇用形態 パート主婦
借入額 10万円
使用目的 生活費

月収額が少ないですが、勤続年数が長いため審査に通過した人の例です。毎月の収入が10万円以内でも、しっかりと勤続年数があれば審査に通過すると言えるでしょう。

銀行系カードローン審査通過例Cのケース

月収入 27万円
勤続年数 6年8ヶ月
年齢 29歳
職種 パチンコ店員
雇用形態 アルバイト
借入額 80万円
使用目的 交際費

このCのケースのように、しっかりと勤続年数があって収入があれば、高額融資を受けることができます。年収の3分の1以上の借り入れも望める可能性が十分にあると言えるでしょう。

アルバイトやパートは収入証明書なしでの借入が可能?

消費者金融系カードローンの場合は、50万円以下の金額の借り入れ、または他社借入の合算額が100万円以内であれば収入証明書なしでキャッシングサービスを受けることができます。

また、銀行カードローンの場合は、借入限度額が100万円~300万円未満であれば収入証明書不要でカードローンを利用することができます。

消費者金融系カードローンは、貸金業法によって収入証明書が必要になる金額が決まっていますが、銀行カードローンは銀行によって収入証明書が必要になる金額が違います。

そのため、収入証明書なしでカードローンサービスを利用したい場合は、借入先の情報をもとに判断していきましょう。また、三井住友銀行カードローンは、限度額300万円以下まで収入証明書が必要ありません。収入証明書なしで借入するならどちらかの金融機関で申し込みをするのが良いかもしれません。

アルバイト先への在籍確認なしで借入する方法

在籍確認とは、実際に勤め先に勤務しているかを確認するためにおこなわれる電話連絡のことです。つまり、職場にカードローン会社から電話があります。

基本的には、在籍確認は電話連絡でおこなわれるのですが、モビットの場合は、書類のみで在籍確認が可能です。また、その他の消費者金融業者でも申込完了後すぐに電話で相談をすると、在籍確認への対応を柔軟におこなっていただけます。

したがって、在籍確認なしでの借入が可能となります。在籍確認なしで借入したい場合は、(モビット・プロミス・アコム)などの大手消費者金融会社を利用すると良いでしょう。