カードローンやクレジットカードの返済を滞納すると、延滞記録として個人情報機関に登録されてしまいます。このような延滞情報は、金融事故として扱われて、いわゆるブラックリストに載ってしまいます。

ストップ

金融事故情報は最大5年間消えません。この期間中はあらゆるローン審査に通りづらくなります。

返済状況に関する情報

内容 入金日、入金予定日、残高金額、完済日、延滞等 契約継続中及び完済日から5年を
登録期間 契約継続中及び完済日から5年を超えない期間
(ただし、延滞情報については延滞継続中、延滞解消の事実に係る情報については当該事実の発生日から1年を超えない期間)

ブラックリストで借入するなら大手消費者金融業者がおすすめ

ブラックリストの期間中に借入するなら大手消費者金融業者であれば審査に通過するかもしれません。

銀行カードローン・クレジットカード会社・大手消費者金融会社の中で、比較的、審査通過率が高いのは「大手消費者金融会社」になります。そのため、金融事故者の方でも10万円以下の少額融資であれば審査に通過するかもしれません。

反対に、消費者金融業者の審査に落ちたのであれば、銀行カードローンもクレジット会社の審査に通過するのは難しいといえるでしょう。

ブラックリスト後のカードローン借入の注意点

ブラック情報が消えたのかは、個人信用情報機関の信用情報を開示してみることで確認することができます。しっかりとブラック情報が消えてからの確認であれば問題ありませんが、確認していない方は申し込みの際に注意しましょう。

ブラック情報は登録日からカウントされる

個人信用情報機関(JICC・CIC)は、加盟する金融機関から情報の登録を受けてから個人信用情報に「延滞情報」を登録します。つまり、金融機関から情報を受けて登録された日から最大5年経過しなければ事故情報は消えません。

カードローン会社によっては、金融事故日から3ヶ月経過してから延滞情報の登録をおこなったという事例があります。そのため、ブラック情報は、金融事故をおこした日からではなく登録をおこなった日から最大5年とカウントされるので注意しましょう。

ブラック情報が消えたら貸金業者で信用を作る

ブラック情報は、最大5年で記録が消えます。でも安心してはいけません。

ブラック情報が登録されている間に一度も「クレジットカードを発行していない場合」「携帯電話を分割購入していない場合」「カードローン会社から借入していない場合」は、信用情報が真っ白の状態になります。このように信用情報が真っ白な状態を「スーパーホワイト」と言います。

一見、信用情報がまったくないほうが審査に有利かと思われますが、反対にスーパーホワイトの状態だとカードローン審査に通過しづらくなってしまうのです。

なぜかというと、カードローン審査する側からは「ホワイト」であることは「事故情報が消えた」という回答に結びつくためです。そのため、信用情報が真っ白だとローン審査に不利になるのです。

お金の貸し借りは、与信(=信用)によって成り立ちます。つまり、「与信情報がない」ということは信用できるかわからない相手と判断されてしまうのです。信用できるかわからない相手にお金を貸すことはできないですよね。したがって、「信用リスクが高い」と判断されて審査に落とされてしまう可能性があります。

スーパーホワイトの状態だと住宅ローンやマイカードローン、銀行カードローンなどの審査難易度が高い金融機関で融資を受けることが難しくなります。そのため、事故情報が消えたら、比較的審査に通過しやすいと言われているクレジットカードや消費者金融などの貸金業者で契約をして信用を積み重ねていきましょう。

ok女

しっかりと滞納なく返済ができていれば、信用情報が回復してローン審査に通過しやすくなります。

ブラック情報の登録機関

ブラックの情報は以下のように登録内容によって記録が残る期間が異なります。

自己破産 最大5年〜10年
調停・任意整理・裁判和解 最大5年
長期延滞 最大5年
一定期間内に複数社申込み 最大6ヶ月
失踪や放置 最大5~10年

上記のものはすべて金融事故情報として信用機関に残ります。延滞や債務整理だけがブラックとして扱われるわけではありません。1ヶ月以内に3社以上申込みをおこなうと「申し込みブラック」になり最大6ヶ月間ローン審査に通りづらくなります。

また、専業主婦の場合は配偶者がブラックだとカードローン審査に通りづらくなります。自分の信用情報と配偶者の信用情報の両方がローン審査のときにみられるので注意しましょう。

ブラックリストの経験がある人はマイカーローンや住宅ローン審査に通らなくなりますか?

ブラックリストの期間中は、審査に通りづらくなりますが信用情報が回復すれば審査に通る可能性が十分にあると言えます。その際は、下記のことをおこなうとよりローン審査に有利になります。

クレジットカードをキャッシング枠なしでつくる

スーパーホワイトの状態だと審査に通りづらくなるので、まじは信用情報を作りましょう。

比較的、審査に通りやすいと言われている消費者金融のクレジットカードを作ることで信用を積み重ねることができます。その際に、注意する点が「キャッシング枠なし」で契約することです。キャッシング枠は使用してなくても付いているだけでローン審査に不利になる場合があります。

住宅ローンやマイカーローン審査を受ける前に、審査に通りやすいクレジットカードを利用して信用を積み重ねておきましょう。

頭金を貯める

ローン審査を受ける前に頭金を貯めておくことがおすすめです。自動車ローンは車自体が担保になるケースも多いので頭金はそこまで大きく関係してきませんが、住宅ローンは借入額ができるだけ少ないほうが審査に有利になります。

なるべく借入額が少ないほうが融資を受けられる可能性が高くなります。頭金をしっかりと貯めておいてローン審査に挑みましょう。