申し込みブラックとは、短期間に複数の金融業者から申込をすると、金融事故者(ブラックリスト)と同じ扱いになって、あらゆるローン審査に通りづらくなることを言います。

ストップ

当然ですが、審査に通らなければカードローンサービスを受けることはできません。しばらくは、事故情報が残るのでカードローン審査を受けるのを控えましょう。

申し込みブラックになるとなぜカードローン審査に不利になるのか?

複数の金融会社から、同時に申込をすると「信用」を失ってしまうからです。

自分を貸し手にたとえて考えてみてください。

自分だけにお金を貸して欲しいと頼んでいる人と、複数の人にお金を貸して欲しいと頼んでいる人とでは、後者の人は信用できませんよね。お金を貸しても返って来ないリスクが高く感じられませんか?それと同じことが言えるのです。

「複数の金融機関に申し込む=信用リスクが高い」と判断されて融資が受けられなくなるのです。

はてな女

このように、お金の貸し借りは、与信取引(信用)によって成り立ちます。そのため、過去に一度も滞納経験がない人でも、信用を失ってしまい借入ができなくなってしまうのです。

申込ブラックになると最大6ヶ月間カードローン審査に不利になる

申込情報の登録期間は、貸金業法によって「最大6ヶ月間」と定められています。

したがって、申込ブラックの情報は最大6ヶ月間消えません。申し込み情報が残っている限りは、金融事故者と同じ扱いになるのでカードローンの審査に不利になります。

審査に通った場合でも、借入限度額が10万円以下になるケースが多いですし、銀行カードローンの審査には通りません。

また、申込ブラックの期間中に再度、申込をおこなった場合は記録が上書きされてさらに期間が長引きます。審査に通る可能性は非常に少ないので、信用が回復するまで待った方が良いと言えるでしょう。

申込ブラックの情報は取り消せない

申込ブラックの情報は取り消せません。

申込情報は、金融業者が保管するのではなくて個人情報取扱業者によって管理されます。そのため、申込先の金融業者に「取消依頼」をしても情報が保管されているのは信用機関になるので不毛な行為と言えるでしょう。

また、信用機関の情報取消がおこなえるのは、申込に誤りがあった場合のみです。たとえば、本人の同意なく第三者によって勝手に申込がおこなわれた場合は「取消」が可能です。

したがって、同意の上で申し込みをした場合は、契約の取消はおこなえません。

信用機関で申込情報は共有されている

よく「申込先の金融業者がちがうのになぜ複数業者から申込をしたのがばれるの?」と疑問をもつ人が多いのですが、それは信用機関で情報が共有されているからです。

カードローン審査は、政府の管理下に置かれている個人信用情報機関の保有する個人データをもとにおこなわれます。

したがって、申込先の金融機関が異なる場合でも、情報を提供する信用機関は同じなので複数業者から申込をしたことがばれてしまうのです。

同時申し込みによる申し込みブラックのイメージ

カードローンの契約は、申込者の情報を個人情報機関に提出して照合したうえで、保証会社によって審査がおこなわれます。そのため、複数業者から同時に申込をおこなった人は、「与信に問題あり」と判断されて審査に通過しなくなるのです。

このように金融機関は、共通の情報機関を利用しているので異なる金融業者から申込をした場合でも知られてしまうのです。

1ヶ月に3社以上の申込は「申込ブラック」になる可能性が高い

1ヶ月に3社以上の金融業者に申込をすると、申し込みブラックになり金融事故として扱われる可能性が非常に高くなります。とくに、銀行カードローンは消費者金融業者よりも審査が厳しいので2社以上の申込でも、申込ブラックになる可能性があります。

消費者金融業者でしたら、1ヶ月に2社までの申込なら審査に通過した例があります。たとえば、大手消費者金融業者「プロミス」「アコム」は、保証会社がちがうので同時に申込をしても少額であればキャッシングできたという人が多くいます。

審査に通過したが希望した借入額より少なかった場合は、プロミスとアコムなら1ヶ月に2社申込をしても審査に通過するかもしれません。

また、1ヶ月間に2社以上審査に落ちてしまった場合は翌月になるまで待ちましょう。ある程度、期間を空けて審査難易度の低い金融業者で審査を受ければ借入ができるかもしれません。

審査は受けてみないと通過するか分りませんが、見境なく審査を受けると信用を失ってしまうので辞めましょう。

滞納経験がない人でも申し込みブラックになる

「滞納経験がない人」「勤続年数が長い人」「高年収の人」などの優れた信用情報を持っている人でも、複数の金融業社から同時に申込をおこなうと申込ブラックになります。

カードローン審査は、過去の信用情報と申込情報をもとにおこなわれます。過去の信用情報に問題がない場合でも申込情報に問題がある場合は、「与信に問題あり」と判断されて審査落ちするケースは少なくありません。

滞納経験がない人でも申込ブラックになる可能性は十分にあるのです。信用情報に問題がないのに審査に通らないという人は、もしかしたら申込ブラックが原因かもしれません。