カードローンの審査では、身分証明書が必要になります。また、利用限度額によっては身分証明書以外の書類も必要になる場合があります。

こちら女

カードローンの申込をする前に必要書類があるのかを確認しましょう。

カードローンの審査に必要な書類|身分証明書・収入証明書

以下の、いずれか一点の書類が必要になります。

身分証明書

  • 運転免許証
  • 健康保険被保険者証
  • 住民基本台帳カード
  • パスポート(旅券)
  • 国民年金手帳

外国人の方は、 在留カード、特別永住者証明書でも可能です。ただし、有効期限が切れていないものが条件となります。

収入証明書類

収入証明書類は、以下の条件の場合必要になります。

消費者金融で借入額が合算して100万円を超える場合

銀行カードローンやクレジットカードの借入額は合算されません。消費者金融業者の借入額の総額が100万円を超える場合のみ収入証明書が必要になります。また、借入の合算額が100万円ぴったりになる場合も用意しなくて大丈夫です。101万円から必要になるので、借入額が越えてしまいそうな場合は、あらかじめ収入証明書を用意しておきましょう。

消費者金融業者での借入が50万円を超える場合

消費者金融業者からの借入限度額が50万円を超える場合、収入を証明する書類が必要になります。借入希望額が50万円を超える場合は、あらかじめ収入証明書類を用意しておきましょう。

銀行カードローンで100~300万円以上の借入の場合

銀行によって、収入証明書が必要になる金額が変わってきます。(※利息は含まれません。)

100万円を超える借入で必要 新生銀行レイク
200万円を超える借入で必要 みずほ銀行カードローン
三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック
300万円を超える借入で必要 三井住友銀行カードローン
楽天銀行カードローン
イオン銀行BIGカードローン
東京スター銀行カードローン
ソニー銀行カードローン
じぶん銀行カードローン

上記のように、借入先によって収入証明書が必要になる金額が変わってくるのであらかじめ把握しておきましょう。

収入証明書類

収入を証明する書類として、いずれか一点が必要になります。

  • 源泉徴収票
  • 青色申告決算書
  • 納税通知書
  • 給料の支払明細書
  • 支払調書
  • 確定申告書
  • 所得証明書
  • 年金通知書
  • 収支内訳書
  • 年金証書
  • 住民税決定通知書

年金通知書も収入を証明する書類として含まれるので、年金受給者の人でもカードローン借入が可能となります。ただし、年齢制限がありますので年齢制限内に返済が完了することが条件となります。

消費者金融業者で在籍確認なしでお金が借入したい場合に必要な書類

在籍確認とは、契約者が申込情報に記入した会社に勤めているのかを確認するためにおこなわれる電話連絡のことです。銀行カードローンの在籍確認は、必ず電話連絡でおこなわれます。

しかし、消費者金融業者は最新の給料明細書(2ヶ月以上の場合もある)または、会社名入りの健康保険証、社員証があれば在籍確認の電話連絡なしでキャッシングサービスを受けられます。

  • 給料明細書
  • 会社名入りの健康保険証
  • 社員証

※いずれか一点が必要となります。ただし、アコムは書類指定があります。

ポイント

在籍確認は、プライバシーに配慮されておこなわれますが、勤め先に連絡なしで融資を受けたい場合は、消費者金融業者での借入をおすすめします。

消費者金融業者によって、借入する際の在籍確認方法がが変わってきます。

モビット 公式サイトのWEB完結で申し込みをすると電話連絡なしで借入ができます。
プロミス WEBで申し込みをした後に、プロミスコール(0120-24-0365)に電話をして在籍確認の方法を指定する。
アコム 社名入りの保険証と最新の給料明細書の両方が必要です。

※審査状況によっては、会社に在籍確認の連絡がいく場合もあります。書類や申込情報に不備がなければ連絡はいきません。

電話連絡なしで借り入れをしたい場合は、モビットがおすすめです。モビットであればWEBのみで申し込みが完了するので、プロミスのようにあとから電話をかける必要がありません。アコムは、給料明細書と会社名入りの保険証の両方が必要となるので、パートやアルバイトの方は少し難しいかもしれません。

身分証明書と住んでいる住所が異なる場合

住所変更をおこなっていなくて身分証明書と住んでいる住所が異なる場合は、最新の公共料金明細書、携帯電話の利用明細書等で、住所が分るものがあれば良い場合もあります。また、「年金手帳やパスポートの住所を消えないペンで書き換える」と、いう裏技もありますが、これは銀行や消費者金融によって変わってくるので、一度借入先に問い合わせてみると良いです。

現在、住んでいる住所と身分証明書の住所が異なった状態で審査申し込みをすると、「虚偽申告」となって契約の取消しとなります。さらに、虚偽申告は、申込みブラックになって最大6ヶ月間借り入れができなくなります。信用情報に傷がついてしまうので、必ず正しい情報が記載されている身分証明書を提出しましょう。