外国人の方でもキャッシングサービスを受けることができます。その場合は、「永住許可」を確認できる書類が必要になります。

こちら

永住許可があり、一定の安定した収入が本人、または配偶者にあればお金を借りることができます。

外国人がキャッシングサービスを受けるときに必要な書類

キャッシングサービスを受ける場合は、本人を証明書類が必要となってきます。借入する前に一度必要な書類があるかを確認しましょう。

永住許可を確認できる書類

運転免許証

有効期限 お手持ちの運転免許証をご確認ください。

在留カード

有効期限 資格取得から7年

特別永住者証明書

有効期限 資格取得から上限6年

パスポート

有効期限 資格取得から上限10年

健康保険証

有効期限 お手持ちの健康保険証の有効期限をご確認ください。

いずれか一点が必要になります。在留カード、特別永住者証明書、パスポート、健康保険証は、現在有効のものに限ります。書類があらかじめ揃っていることを確認したうえで、申し込みをすると良いでしょう。

ポイント女

必要書類があって条件をクリアしていれば、外国人の方でもお金を借りられます。

外国人の人がお金を借りられる条件
  • 永住許可がある
  • 20歳以上である
  • 一定の安定した収入が本人、または配偶者にある

上記のことが条件となります。外国人の方でも書類や条件をクリアしていれば、銀行カードローン、消費者金融のどちらでも融資を受けられます。

外国人がお金を借りるときに固定電話や保証人は必要?

即日融資希望の場合は、固定電話番号が必要になることがありますが、携帯電話番号でもキャッシングサービスを受けられます。また、携帯電話番号のみで契約をする場合は、公共料金の明細書や携帯電話料金の利用明細書などの、現住所を示す書類が必要になる場合があります。カードローン会社によって異なりますが、事前に用意しておくと契約がスムーズにおこなえます。

また、保証人を用意する必要はありません。住宅ローンや車のローンは保証人が必要になる場合がありますが、カードローンは無担保ローンなので保証人不要で融資を受けられます。

カードローンの審査で必要になるのは「書類」と「一定の安定した収入」のみです。ただし、過去の信用情報をもとに審査がおこなわれるので、書類と一定の安定した収入がある場合でも審査に通過しない場合があります。過去の信用情報に問題がなければ審査に通過しやすいです。