雇用形態が派遣社員・契約社員の場合でも、安定した収入があればカードローン審査に通る可能性が十分にあります。

しかし、カードローン審査に通過するためには在籍確認のプロセスをクリアする必要があります。派遣社員の人は、在籍が固定されていないため正規雇用の人よりも在籍確認をクリアするのが難しいと思われます。

ポイント

雇用形態が派遣社員・契約社員の場合は、在籍確認で審査落ちしないためのポイント抑えて申込をしましょう。

派遣社員・契約社員がカードローン審査で注意したい在籍確認

派遣社員・契約社員の人がカードローン審査でもっともネックな点が在籍確認です。在籍確認とは、申込先の勤務先にしっかりと勤めているかを確認するために電話連絡がおこなわれることをいいます。

派遣社員の場合は、登録している派遣会社(=派遣元)と勤め先の会社(=派遣先)のどちらの申込情報を記入すればよいのか難しいですよね。借入先や条件によって異なるので正しいほうで記入しましょう。

消費者金融系カードローンは派遣元・派遣先のどちらでも可能

消費者金融業系カードローンでキャッシングする場合は、「派遣元・派遣先」のどちらの勤務情報でも構いません。ただし、在籍確認が取りやすいほうを記入することをおすすめします。

派遣先が複数個所ある場合は「派遣元」の申込情報を記入すると良いでしょう。また、派遣先が固定している場合は「派遣元・派遣先」のどちらか在籍確認が取りやすいほうを記入しましょう。

キャッシング申込の際に「派遣元・派遣先」の両方の情報を記入する必要はありませんが、在籍確認が取れなかった場合は、もう一方の会社情報を聞かれる場合もあります。

ポイント女

念のためにカードローンの審査を受ける際は、両方の会社情報を把握しておくと良いでしょう。

銀行カードローンは基本的には「派遣先」の申込情報を記入する

銀行カードローンで融資を受ける場合、基本的には「派遣先」の申込情報を記入する必要があります。銀行カードローンは消費者金融業者よりも審査がすこし厳しいので、しっかりと派遣先に勤めているのかの確認ができなくてはいけません。そのため、「派遣元」に在籍確認をしても実際に勤めているかがわからないので「派遣先」の情報を求められる場合が多いです。

派遣先が固定していない場合は「派遣先」の申込情報を記入しても在籍確認のプロセスをクリアできない可能性が高いので、消費者金融のほうを利用すると良いかもしれません。

勤務先の電話番号は担当部署を記入すると良い

勤務先の電話番号を記入する際は、担当部署の電話番号を記入すると良いでしょう。従業員数が多い会社の代表番号を記入すると、在籍確認が取れない場合があります。

在籍確認がクリアできないと、カードローン審査に通過しません。そのため、なるべく確実に在籍確認がクリアできる電話番号を記入するのがもっとも良いと言えるでしょう。

在籍確認がクリアできるか心配なら消費者金融業系カードローンの利用がおすすめ

在籍確認のプロセスがクリアできるか心配なら、大手消費者金融系カードローンを利用すると良いでしょう。大手消費者金融会社は、「直近1ヶ月の給与支払い明細書」「会社名入りの保険証」の両方、またはいずれかを用意すれば在籍確認の電話連絡なしで融資を受けることができます。

在籍確認の電話連絡なしで融資を受けるための必要書類

  • 直近1ヶ月の給与支払い明細書
  • 会社名入りの保険証

ただし、与信審査によって在籍確認の電話連絡が必要だと判断された場合は在籍確認がおこなわれるかもしれませんが、信用情報に問題がなければ書類のみで在籍確認がおこなえるケースが多いです。

大手消費者金融業者であれば、書類のみで在籍確認がおこなえるので在籍確認のプロセスをクリアできる可能性が非常に高いと言えるでしょう。

年収の3分の1以上借入するなら銀行カードローンの利用がおすすめ

銀行カードローンは総量規制対象外なので年収の3分の1以上借入が可能となります。反対に貸金業者(=消費者金融会社、クレジットカード会社)は、総量規制の対象となるので年収の3分の1までの利用限度額となります。

また、銀行カードローンはキャッシング会社よりも金利が低いので低金利での借入が可能です。高額融資を受けるなら銀行カードローンで申し込みをすると良いでしょう。

派遣社員がカードローンを利用する際に収入証明書類は必要になる?

収入証明書が必要になる場合は以下の場合です。

銀行カードローン 限度額100万円~300万円を超える場合
消費者金融系カードローン 50万円を超える借入の場合
他社の借入と今回の借入の合算額が100万円になる場合

条件にあてはまる場合は、カードローン審査の際に収入証明書類が必要になります。また、銀行カードローンは金融機関によって収入証明書が必要になる金額が異なります。そのため、銀行カードローンを利用する際は収入証明書が必要になるのか事前確認しておくと良いでしょう。