数年前までは、自己破産後7年で情報が消えるといわれていましたが、現在では5年です。債務整理後から5年経過していればお金が借入できるかもしれません。審査を受けてみないことにはキャッシングできるかどうか分らないので、まずは審査を受けてみるといいでしょう。

取引事実に関する情報

内容 債権回収、債務整理、保証履行、強制解約、破産申立、債権譲渡等
登録期間 当該事実の発生日から5年を超えない期間(ただし、債権譲渡の事実に係る情報については当該事実の発生日から1年を超えない期間)

自己破産後のカードローンによる借入の注意点

自己破産した日からではなくて金融機関が届け出を出してから5年

自己破産の登録開始年月日は金融会社により違ってきます。正確には自己破産が裁判で決定した日から5年ではなく、金融機関が届け出をしてから5年経過すると事故情報が消えます。金融機関のなかには、届け出の期限ギリギリである自己破産が決定した日から1年間後に届け出をするところもあるので注意してください。

債務整理の記録が消えているかは、個人信用情報機関で情報を開示してみることができます。心配な人は、自分の信用情報を調べてからキャッシングの申し込みをするといいでしょう。

自己破産先の金融機関の審査は通りづらい

自己破産した先の金融機関や関連会社は、顧客情報が残っている場合があるので審査に通らないケースが多いです。とくにクレジットカード会社は、ほぼ顧客情報が残っているので審査落ちしやすくなります。同グループの関連会社も情報を共有しているので、「破産手続きをした金融会社の情報」と「申込先の金融会社の情報」を照らし合わせて、きちんと調べてから申し込みをしましょう。

自己破産後にお金を借りるなら大手消費者金融業者がおすすめ

自己破産後にお金を借りるなら大手消費者金融業者をおすすめします。

実際に「クレジットカード会社や銀行の審査は通らなかったけど、大手の消費者金融業者なら審査に通過した」というケースが非常に多くあります。自己破産後に借入するのであれば、消費者金融業者がよいといえるでしょう。

ただし、上記の注意点をクリアしていることが条件となります。信用情報に債務者の自己破産情報が残っている場合は、さすがに消費者金融業者からのキャッシングも難しくなります。

しかし極まれに「自己破産後2年しか経過していないが10万円なら借入できた」という人もいるので、少額融資であれば借入できるかもしれません。

このケースは貸し手にリスクが大きくなるので通らないケースのほうが多いですが、ダメもとで審査を受けてみるともしかしたら審査に通過するかもしれません。

消費者金融で審査を受けてみる場合は、「消費者金融カードローンのおすすめと審査ポイント」を合わせてご覧ください。

ポイント

消費者金融業者で審査に落ちたら、おそらくクレジットカード会社、銀行では審査に通らないと認識していいでしょう。

旦那が自己破産経験あり!?クレジットカードやカードローン審査に通る?

契約者本人に収入があれば審査に通るケースもあります。

専業主婦で旦那さんが自己破産の経験がある場合は、審査に通りづらくなります。審査は、「契約者の信用情報」と「旦那さんの信用情報」をもとにおこなわれます。旦那さんの信用情報に金融事故があると、クレジットカードやカードローンの審査に通過するのが難しいと言えます。

しかし、収入がある主婦であれば審査に通るケースがあります。この場合、契約者本人の信用情報をもとにおこなわれるので審査に通過する可能性は十分にあります。

ですが、カード会社や銀行によっては、家族の情報まできちんと調べるところもあるので一概には言えません。審査を受けてみないことには、通過するかどうかは分らないのです。すこし心配なようでしたら、銀行やカード会社によって審査の難易度が変わってくるので、なるべく難易度が低い金融会社で審査を受けてみるのも一つの手だと思います。

ポイント女

専業主婦で旦那さんがブラックの場合は審査に通るのが難しいですが、収入がある主婦の方であれば審査に通過する可能性が十分にあると言えるでしょう。

自己破産経験がある人は車のローンや住宅ローンに通らなくなる?

住宅ローンの場合は、自己破産後10年は審査を受けないことをおすすめします。5年で信用情報から消されるのですが、住宅ローンの場合は借入額が大きくなるので審査がとても慎重におこなわれます。

自己破産から10年経過していない場合は、その間に頭金をできるだけ貯めてなるべく少ない金額で借入ができるようにするのが良いでしょう。

住宅ローンは、高額な金額をとても低金利で借りることができます。銀行の立場から見ると、リスクがとても高いので、きちんと返済できる信用のある人にしかお金を貸せません。なるべく信用してもらえるように、クレジットカードの枚数を減らしたり、キャッシングの利用をしないようにすると良いです。

返済できる見込みがあると認めてもらえれば、自己破産の経験があっても住宅ローンに通る可能性はあります。

車のローンの場合は、5年以上経過していて審査基準を満たしていれば契約ができるかもしれません。収入は200万円以上で、勤続年数は2~3年が必要となっています。ですが、200万円以上のローン契約になるとハイリスク取引になるので、住宅ローンよりかは審査に通りやすいですが、クレジットカードの審査よりも審査が難しくなります。

住宅ローンも車のローンもできるだけ、頭金を貯めて審査を受けることをおすすめします。

闇金業者からの借入は絶対に辞めましょう

このように自己破産をしてもローン審査に通る可能性は十分にあるので、闇金業者からの借入は絶対に辞めましょう。闇金業者は貸金業法を守らない無登録の金融会社です。違法な取り立て、違法な金利での貸付けが考えられるので闇金からの借入はおすすめしません。