免許証のみで借入するなら、銀行カードローンの利用がおすすめです。

銀行カードローンは、100万円までの利用限度額なら、運転免許証のみで融資が受けられます。
用意するのが面倒な収入証明書類は、必要ありません。

また、中には300万円の融資を免許証のみで借入できる銀行カードローンもあります。

免許証のみでいくらまで借入できる?銀行カードローン別比較

運転免許証のみで借入できる範囲は、銀行によって異なります。

免許証のみで借入できる範囲

三井住友銀行カードローン 10~300万円まで
りそな銀行カードローン 50~300万円まで
イオン銀行BIGカードローン 10~300万円まで
楽天銀行カードローン 10~300万円まで
東京スター銀行カードローン 30~300万円まで
ソニー銀行カードローン 10~300万円まで
三菱東京UFJ銀行バンクイック 10~200万円まで
みずほ銀行カードローン 10~200万円まで
新生銀行レイク 1~100万円まで

上記のように、銀行カードローンは、300万円までの借入なら免許証のみで融資が受けられます。

ただし、専業主婦の方の場合は、借入できる範囲が異なります。配偶者の同意書不要で、免許証のみで借入ができますが、1~50万円までの利用限度額になるケースが多いです。

300万円の融資を免許証のみで受けるなら三井住友銀行カードローンがおすすめ

三井住友銀行カードローンは、300万円の融資を免許証のみで受けられるだけでなく、即日融資・低金利にも対応しています。スムーズに契約が進み、審査に通過すれば、今日中に融資が受けられる可能性もあるでしょう。

また、それだけでなく、低金利で利用できるのもメリットのひとつです。高額の借入になると、支払う利息が高くなりますが、低金利で利用できる銀行カードローンなら安心です。300万円の融資を免許証のみで借入するなら、三井住友銀行カードローンを利用すると良いでしょう。

消費者金融でも免許証のみで借入できる?

消費者金融会社でも、運転免許証のみで借入ができます。ただし、銀行カードローンよりも借入範囲が小さくなるので、その点だけ注意しましょう。

免許証のみでキャッシングできる範囲

消費者金融 50万円まで

消費者金融は、50万円までのキャッシングであれば、免許証のみで融資が受けられます。50万円を超えるキャッシング(51万~)は、源泉徴収票や、住民票、などの収入証明書類の提出が必要になるので、免許証のみで融資を受けられません。銀行カードローンよりも、審査に通過しやすくなるので、審査に自信のない方は消費者金融業者で審査を受けると良いかもしれません。

本人になりすまして免許証のみで借入するのも可能?

当然ですが、なりすましてお金を借りる行為は犯罪です。現在では、審査の精度が非常に高くなっているので、なりすましてカードローン審査を受けても、通過する可能性はとても低いと言えるでしょう。

銀行カードローンでは、必ず在籍確認がおこなわれます。勤務先に電話連絡をして在籍していることが分れば、審査クリアとなるのですが、本人確認書類の名前と、在籍確認の際の名前が違うと保証会社(審査をおこなう会社)に怪しまれます。

また、申込の際に他社からの「借入金額・借入件数」を記入する欄があります。もし、運転免許証の持ち主が、他社のカードローンを利用していた場合、リボ払いの支払いがある場合、などは申告しなくてはいけません。

しかし、これは本人しか知りえない情報です。たとえ家族であっても第三者が知ることはできません。このことを知らずに、「借入なし」と記入した場合、虚偽申告(嘘の申告)とみなされて審査に落ちます。

金融機関は、共通の信用機関から信用情報(個人情報)を得ているので、このような虚偽の申告があった場合でも、すぐに分るような仕組みになっています。

運転免許証のみで借入できるのは便利な反面、少し怖い気もしますが、このようにしっかりと対策が取られているので安心です。

ポイント女

万が一、運転免許証を落としてしまった場合でも、勝手にカードローンを契約して、悪用することは出来ないようになっているので問題ないでしょう。