カードローン審査に落ちた原因でもっとも多いのは「過去の返済履歴」です。

過去にクレジットカードや携帯電話料金、借入業者からの滞納や延滞が複数回あった場合は、金融事故者として扱われて審査のときにネガティブな印象をあたえてしまいます。

しかし、返済実績が優秀なのにローン審査に落ちてしまうと、すこし不安になりますよね。

金融会社に電話をして問い合わせても、審査に関する情報は第三者に提供してはいけないとされているので、契約者であっても審査落ちの原因を教えてくれません。

こちら女

そこで考えらる審査落ちの原因と理由を解説していきます。当てはまった場合は、もしかしたらそれが審査に落ちた原因かもしれません。

カードローン審査に落ちた原因と理由

同時に何社も申し込みをした

複数業者に同時申し込みをした場合、審査に落とされてしまうケースが多くあります。とくに多いと言われているのが2~3社以上の同時申し込みです。金融業界では、これを「申し込みブラック」といって金融事故者(=ブラック)として扱われます。最大6ヶ月間はブラック情報が消えないので、しばらく待って再度申し込みをすることをおすすめします。ブラックの期間中に再度申し込みをおこなうと、情報が上書きされてさらに期間が長引いてしまいます。

勤続年数が短い

まだ「働き始めて数ヶ月の人」や「入社したての人」は、勤務年数が短いことが審査落ちの原因かもしれません。勤続年数が短いと、返済の途中で勤務先を退社してしまって返済が滞る可能性が考えられられます。そのため、信用リスクが高いと判断されて審査に不利になってしまうのです。反対に、長期的に勤めている人の方が信用リスクが低いと判断されて審査に有利になります。

消費者金融業者系カードローンの場合は、3~6ヶ月以上、銀行カードローンの場合は1~3年は勤めてから審査を受けると良いでしょう。

返済能力の範囲を超えている

申込者の与信状況から判断される「極度額(=借入できる限界範囲)」を超えてしまっているのかもしれません。複数のカードローン会社から借入している場合、「これ以上は極度額を超えてしまうので追加融資できません」という合図かもしれません。

審査基準を満たしていない

借入審査は、「年収」「年齢」「雇用形態」「居住形態」「勤続年数」「信用情報」「クレジットヒストリー(=クレジットカードの返済履歴)」などをもとに保証会社のスコアリングして審査をおこなっていきます。スコアリングシステムによって算出された点数が基準を満たしていなかったのかもしれません。

申込書類に虚偽申告があった

書類に不備があった場合や申込情報に「虚」があったことが原因で審査に落ちてしまったのかもしれません。申込書類は、確実な情報を正確に書きましょう。悪意がなくても、申し込みに不備や嘘の情報があると、信用が失われて審査落ちの原因となります。

収入がない

カードローン審査は、安定した収入があることが条件となります。実家暮らしで両親に高額収入がある場合でも、契約者に収入がない場合は審査に通りません。審査が緩いクレジットカードでも、収入がないと難しいです。安定した収入を得てから、再度申し込みをしましょう。

スーパーホワイト

スーパーホワイトとは、返済履歴等の情報がまったく残っていない人のことです。この場合、「債務整理(=自己破産)の経験がある人」か「一度もクレジットカードやローン契約を結んだことがない人」かのどちらかとなります。

債務整理をおこなった場合、最大5年間情報が残りますが、登録期間を終えると記録データが消えます。つまり、情報が真っ白(=ホワイト)になるのです。一度もクレジットカードやローン契約を結んだことがない人と同じ状態になります。

金融機関は、どちらの状態でスーパーホワイトになっているのかの判断をすることができません。もしかしたら、債務整理経験者なのかもしれないと考えられるので、信用リスクが高くなるのです。

結果、保証会社の判断によって審査落ちになってしまうかもしれません。スーパーホワイトだと考えらる人は、難易度の低い消費者金融系カードローンやクレジットカードでキャッシングをして信用を重ねてから、再度申込をおこないましょう。

過去の滞納履歴を見る方法

過去の返済履歴は、JICC(日本信用情報機構)もしくはCIC(指定信用情報機関)で個人情報を開示してみることができます。自分の信用情報は、大丈夫なのか?信用情報が原因で審査に通らなかったのか?気になる人は、一度見てみると良いかもしれません。

開示するには手数料として1,000円かかりますが、手続きはそこまで難しくありません。JICCは、スマホから申し込みができますが、CICはパソコンからの申し込みのとなるので注意してください。

金融事故は、5年間消えないと言われています。過去の返済履歴が原因で審査に落ちた場合は、情報が消えるまで待ちましょう。