一度、審査に落ちて再度、同じカードローン会社から審査を受けたい場合、最大6ヶ月は期間を空けてから申込をしましょう。契約情報は、保有個人データによって6ヶ月以内に削除することが義務づけられています。つまり、半年を経過すれば申込情報が消えているので審査に通過する可能性が高くなります。

申込みに関する情報

内容 本人を特定する情報(氏名、生年月日、電話番号及び運転免許証等の記号番号等)、並びに申込日及び申込商品種別等
登録期間 申込日から6ヵ月を超えない期間

6ヶ月以内に再度、申込をすると審査に落ちやすくなる

申込情報は、犯罪防止のために6ヶ月以内に削除することが義務づけられています。しかし、データが削除される前に再度、申込をおこなうとデータが書き換えられて最新情報が残ります。

また、データが削除される前に再度、申込をすると審査に通過しないケースが多くあります。「前回、審査に通過していない=与信に問題がある」と、判断されて再び審査に落ちてしまう可能性が高いのです。さらに、データが上書きされて、また半年間データが残ってしまいます。

一度、審査に落ちると他の金融業者でも不利になる!?

カードローンの審査は、申込をした金融会社でおこないません。内閣府の管理下に置かれている指定信用情報機関によって審査がおこなわれます。

したがって、申込情報は、申込をしたカードローン会社に情報が残るのではなくて、個人情報取扱事業者によって管理されてます。他の金融機関から申し込みをしたときに、同じ信用情報機関を利用していたら審査に不利になるかもしれません。

分りやすくいうと、貸金業者のA社で申込をした場合、信用機関Bが審査をおこないます。A社に審査に落ちたので、違う貸金業者のC社で申込をした場合でも同じ信用機関Bによって審査がおこなわれることがあるのです。A社で審査落ちすると、C社の審査を受けたときにネガティブな印象を与えてしまいます。

再申込み

他の金融機関の審査にも影響がでるかもしれないので、しばらく待ってから審査を受けるか、または難易度の低い金融業者での借入がおすすめです。

たとえば、銀行カードローンの審査を受けて通過しなくても、消費者金融業者での審査なら通過するケースがあります。銀行カードローンよりも、消費者金業者の方が審査に通過しやすいのです。

申込情報を削除する方法はない?

インターネット上の情報では、「申し出をすれば申込情報を消してもらえる」と、いった内容の書き込みもありますが、これは間違いです。

申込情報を削除、または変更できるのは内容に誤りがあった場合です。保有個人データ第27条の「利用停止、削除」によって削除が可能となります。

本人の同意なしに申込がされた場合は申し込み内容を削除することができますが、本人が同意した上で申込をした場合は削除することができません。

その他のケースでは、カードローンを契約して一度も延滞していないのに「延滞」の情報が載っていた場合などは保有個人データを変更することができます。

したがって、申込情報は最大6ヶ月経過しないと消えません。カードローンを再度、申込する場合は半年以上の期間を空けましょう。

ストップ

「申し出をすれば申込情報を消してもらえる」と、いった内容は間違いです。申込情報は最大6ヶ月経過しないと消えません。