審査に通過しやすいカードローン 大手消費者金融の通過率

「どうしてもお金が必要。このままでは今月を乗り切れない」

そんな切羽詰まった状況に置かれているなら、確実に審査に通るカードローンを選択したいものです。

しかしここで「審査が甘い・審査が緩い」と書かれているカードローンを選択してはいけません。

なぜなら、こういった文言が広告に記載されているカードローン会社のほとんどが違法貸付業者、いわゆるヤミ金にあたるからです。

真っ当な貸金業者であれば、きちんと審査をおこなった上での貸付になります。

カードローンの利用は、借入したらそれで終わりというわけではなく、その先に返済という役目も備わってくるため、利用後のこともしっかり頭に入れておく必要があります。

違法業者からのキャッシングは、取立て行為や、違法金利による貸付という後々のデメリットが大きくなりますので、お金を借りるなら必ず審査がおこなわれる貸金業者を利用しましょう。

とはいえ、一概にカードローン会社といっても、いくつもの金融業者があります。

審査が甘いカードローン会社はありませんが、審査通過率が高いカードローン会社はあります。

審査に通過する自信がない場合は、成功率が高いカードローン会社を選択するのがベストではないでしょうか。

大手の消費者金融で審査に通過しやすいのはどこ?

大手の消費者金融の審査通過率をみることで、審査に通過しやすいカードローン会社がわかります。

また審査通過率が高いカードローン会社は、キャッシングが受けやすいだけでなく、現状の信用状況を確認することもできます。

「最近、銀行カードローンの審査を受けたが落ちてしまった。消費者金融なら審査に通過するのだろうか。」

このような人は、もっとも審査通過率が高いカードローンを利用し、それでも審査に落ちてしまった場合は、借入できる状態ではないといえるでしょう。

ポイント女

結論からいうと、信用情報に不安要素があるならアコムで、そうでなければプロミスを選択することをおすすめします。

アコムの成功率は「44.8%〜50.2%」

2017.1 2017.2 2017.3
新規申込数 39,500 39,485 44,525
新客数 17,689 18,399 21,476
新規貸付率(%) 44.8 46.6 48.2

CMの「はじめてのアコム」というキャッチーなフレーズの影響があってか、新規申込数はアコムがもっとも高いです。

正直なところ、サービス性はプロミスのほうが高く、アコムにはこれといった大きな特徴がないようにおもっていましたが、トップクラスの審査通過率がアコムの最大のウリであるといえます。

プロミスの成功率は「41.0%〜44.2%」

新規申込数 39,548 46,033
新規顧客数 16,783 20,242
成約率(%) 42.4 44.0

プロミスは、今年度の前期の平均値が43.45%に対して、後期に入り42.32%とやや低下しています。前期では積極的な貸付をしていたのですが、後期に入り貸付をセーブしている傾向にあります。

しかし最近のプロミスは、審査通過率が年々増加しているので、今後も上がっていくことが予想されます。そのため、今年度はさらに積極的な融資姿勢が期待できます。

アイフルの成功率は「41.4%〜46.5%」

無担保成約率(%) 45.9 47.0 47.5
申込件数 34,127 37,109 29,102
新規獲得件数 15,673 17,458 13,833

アイフルは新規契約が増加している傾向にあり、アコム、プロミスに次いで3位の新規成約件数があります。

新規成約件数が前年度よりも23%の約4万4,200件に増加しているため、今もっとも積極的な貸付をおこなっている金融業者といっても過言ではありません。

レイクの成功率は「36.0%〜37.7%」

レイクの成功率

銀行系のレイクは、総量規制以上の借入を希望する人が多く、高額なキャッシングを受ける人が多いことから、ほかの銀行系のカードローンと比べると成約率が小さくなります。

しかし実際に私が利用したところ、はじめてのキャッシングで利用限度額100万円の融資が受けられたので、信用情報に問題がなければ十分に審査に通過するといえます。

消費者金融の通過率まとめ

消費者金融の通過率まとめ

レイクを除く、大手の消費者金融のデータをまとめてみたところ、審査通過率がもっとも高いのはアコムだということが分かりました。

申込数 新規成約数 成功率
アコム 199,253 94,967 47.56%
プロミス 179,686 76,158 42.32%
アイフル 163,224 71,929 43.90%

※上述のグラフは2016年10月〜2017年2月のIR情報です。

アコムの成功率は、他社のカードローンよりも頭一つ抜ける高さがあります。審査に通過しやすいカードローンを選ぶなら、アコムで間違いないでしょう。

審査に自信がないならアコム

アコムの画像

審査に自信がなく、確実に通過したいのであればアコムを選択しましょう。アコムは今もっとも貸付に積極的な金融会社であると同時に、申込件数もトップクラスです。

誰もが利用している安全なカードローン会社を選択するなら、アコムをおすすめします。

アコムでのキャッシングを希望する場合は、「アコムの審査ポイントと特徴」の記事も合わせてご覧ください。

金利が低くて審査に通過しやすいカードローンを選択するなら「プロミス」

プロミスの画像

プロミスとアコムの成約率には5パーセントほどの開きがありますが、プロミスは銀行系の中でもっとも金利が低いです。

実際のところ100人中4.7人か、4.2人が審査に通過するという差はほとんどないように思いますが、金利の差の開きは大きなものになります。

たとえば100万円のキャッシングをした場合、アコムよりもプロミスのほうが1年あたりの利息が2,000円小さくなるのです。長期間利用していくごとに、この差はもっと大きなものになります。

審査に自信がないならアコムですが、その後の返済のことも考えて選択するならプロミスです。

プロミスでのキャッシングを希望するなら、「プロミスでお金を借りる!【審査ポイントと特徴】」の記事も合わせてご覧ください。

消費者金融の通過率は年々伸びている

大手の消費者金融は、過払い利息の返還請求の問題により一時大きな負債を抱えていましたが、銀行や企業などの金融支援を受け、現在では完済しているところがほとんどです。

赤字状態から脱出した消費者金融は、今後さらなる成約率の向上が期待できます。

その一方、銀行カードローンは過剰貸付により破産者が相次いだことで金融庁から警告を受けている状態にあります。つまり、現在の銀行カードローンは成約率がかなり低下しているのです。

これにより今後は銀行カードローンが縮小化していき、消費者金融は拡大していくと考えられます。

今キャッシングをするなら間違いなく、銀行系の消費者金融を選択するのがベストです。