金融業者からお金を借りるときは、必ず在籍の確認を取ることが義務づけられています。そのため、基本的には在籍確認なしでお金を借入できないのですが、在籍確認への対応を柔軟におこなっていただくことは可能です。

こちら

申込完了後すぐにコールセンター相談をすることで、在籍確認への対応を柔軟におこなっていただける消費者金融業者もあります。

会社に在籍確認なしでお金を借りる方法

勤め先に連絡なしで借入したい場合

消費者金融業者のプロミス、アコム、モビットであれば在籍確認なしで借入ができる方法があります。

プロミスで在籍確認なしでお金を借りる方法

WEB申込み後に、「在籍確認なしでの借入希望」と、伝えます。
申込完了後すぐにコールセンター相談をすると、在籍確認への対応を柔軟におこなっていただけます。電話での在籍確認に対して要望がある場合、申込完了後すぐに相談しましょう。

モビットで在籍確認なしでお金を借りる方法

公式サイトから「WEB完結申し込み」で、申込をおこなうと在籍確認なしで借入ができます。
その際は、最新の給料明細書、または会社名入りの保険証のどちらかひとつが必要になります。

アコムで在籍確認なしでお金を借りる方法

アコムは、勤務先が休日で在籍確認が取れない場合のみ対応が可能です。WEB申し込み後に、電話連絡で在籍確認なしの希望を伝えます。アコムは、「最新の給料明細書」と、「会社名入りの保険証」の両方が必要になります。

なぜ在籍確認がおこなわれるの?

「本当は、もう会社を辞めてしまっているのに在籍している。」と、虚偽申告をする人を見抜くためです。

最新の給料明細書、または会社名入りの保険証だけでは実際に勤めているのか正確な判断ができません。じつは、2日前に退職しているなんてことも考えられますからね。

そのため、在籍確認に必要な書類を提出した場合でも、書類のみでは、信用情報に問題がある人や、申告に疑いがある人などの見分けがつかないため勤め先に確認の連絡をする必要があります。

信用情報に疑いがある人の判断は審査会社が判断しますが、特徴として勤続年数が短い人や転職が多い人、過去の返済履歴に金融事故(クレジットカード、携帯電話の滞納)がある人が挙げられます。これらの信用リスクを総合的に判断するために在籍確認がおこなわれます。

在籍確認の連絡は、プロミスやアコムといった金融名は名乗らないで担当者の個人名でおこなわれます。用件が第三者に知られてしまわないように配慮されて連絡がくるので、在籍確認がきても会社に疑われないケースが多いです。

たとえば、本人が不在の場合「○○さんはいますか?」と聞いて、「○○は今席を外しています」と、言われれば在籍の確認が取れたことになるので、用件は伝えられずに「またかけなおします」と、電話を切ります。

ですが、「○○はいません」と、電話に出た担当者が答えた場合は、在籍しているのかが分りません。そういった場合は、「いつ頃戻られますか?」と、質問を切り返して「夕方ごろには戻ります。」と、返答があれば在籍している確認が取れたことになります。

しかし、工場勤務やアルバイト勤務の場合だと自分宛てに会社に連絡がくることはあまりないですよね。そういった場合は、名前の指定もできますし、男女の指定も可能です。

たとえば、自分と同じ名前にしていすれば、すこし不謹慎ですが「父親が急病で兄から連絡が来た」と、言えば疑われる心配はありません。

在籍確認で失敗しないためのポイント

在籍確認がクリアできないと審査に通過しません。在籍確認のプロセスをクリアするためのポイントを抑えましょう。

派遣社員の人は勤務先ではなく登録先の派遣会社の情報を記入する

登録先の勤務先を記入した方が印象が良いですが、勤務先の企業が大きい場合、派遣の人の情報を把握しきれていないかもしれません。在籍確認で時間がかかってしまうと審査の返答が遅くなる可能性があるので、なるべく登録先の派遣会社を記入した方が良いかもしれません。

勤務先の情報は正確に記入する

勤務先の情報に誤りがある場合、在籍確認に時間がかかってしまいます。厳しい金融機関だと虚偽申告とみなされてしまいそのまま審査落ちになりかねません。勤務先の情報は、きちんと正確に記入しましょう。

働き先の従業員数が多いときは部署の電話番号を記入する

勤め先の会社の従業員数が多い場合、会社の代表先の電話番号では電話の取次ぎができない可能性が考えられます。自分が働いている部署の電話番号を記入すると在籍確認がスムーズにおこなわれるでしょう。

自宅の在籍確認は携帯電話でも可能

自宅に電話がかかってくるのが困る場合や固定電話がない場合は、携帯電話で本人確認をすることができます。こちらは、柔軟に対応してもらえるので希望の番号を記入しましょう。

また「在籍確認は自宅だけではだめなのか?」といった意見もあるのですが、必ず、勤め先、自宅の両方の確認が必要となります。ただし、専業主婦の場合は自宅の在籍確認のみとなります。

専業主婦が自宅への在籍確認を切り抜ける方法

専業主婦の方は、自宅に在籍確認の電話があります。でも、固定電話がない場合や、自宅に電話が来てほしくない人は、「明細書」で在籍確認ができる銀行カードローンを選びましょう。

カードローン会社によっては公共料金の明細書や、クレジットカードの利用明細書などの書類でも在籍確認がクリアできる金融業者があります。

自宅に在籍確認の電話が来てほしくない人は、書類のみで在籍確認がおこなえるキャッシング会社を利用するのがいいでしょう。