安全に即日融資するなら、銀行カードローンか消費者金融での借り入れとなります。

総量規制の法律によって年収の3分の1以上の借入をする場合は、銀行カードローンでの借り入れになりますが、審査が消費者金融よりも少し厳しいので、年収の3分の1以下の借り入れで、審査に通るか少し不安な場合は消費者金融で即日キャッシングサービスを受けましょう。

こちら

消費者金融業者は、銀行カードローンよりも審査に通過しやすいと言えます。

即日融資の審査通過率を上げるポイント

即日融資は、借入額が少ないほうが審査に通りやすくなります。

借入額が多いと審査に時間がかかってしまいます。そうなった場合、2~3日の間、借り入れをするまでに時間がかかってしまうこともあるので、申込日にお金が借りられなくなってしまいます。即日融資をする場合は、なるべく少額での借り入れにしましょう。また、しっかりと返済ができていれば、融資額を増額することがあります。

ポイント女

借入額は、後から増やすことができるので、なるべく少ない金額で借りるのがベストです。

即日融資の審査にかかる時間

消費者金融 30分~1時間
銀行カードローン 最短40分~

審査スピードは、銀行カードローンや消費者金融によって違います。銀行カードローンよりも消費者金融の方が審査スピードが速いので、即日融資に向いています。とくにプロミスは、審査スピードが最短30分と早いだけでなく、30日間無利息で借入ができるので、人気の消費者金融業者です。

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

また、銀行カードローンの新生銀行レイクやUFJ銀行カードローンバンクイックは、消費者金融業者に近いスピードで審査をしており、すぐに審査結果がわかります。銀行カードローンで即日融資をするならレイクかバンクイックがおすすめです。

審査スピードには個人差があるので、人によって時間が前後します。同じ銀行カードローンからの借り入れでも、審査状況によっては、2~3日審査に時間がかかる人もいるので、なるべく即日融資に向いている金融業者から借入をしましょう。

即日融資の審査で見られるポイント

  • 年齢
  • 勤続年数
  • ローンの返済履歴
  • 職業
  • 他業者からの借入
年齢は20歳以上

年齢は、20歳以上となります。また60~70歳まで借入が可能ですが、金融機関によって借入できる年齢が変わってくるので、事前に確認した上で申込をしましょう。20歳未満の場合は、ほとんどの業者で借入ができません。中小規模の金融業者でしたら、借入ができる場合もありますが、親の同意書が必要になってきます。

20歳を過ぎていれば、学生でも借り入れが可能です。ただし、アルバイトや派遣社員など一定の収入があることが条件となります。

勤続年数が長いと審査に有利

最低でも1~2ヶ月勤めていることが条件となります。勤続年数が1ヶ月未満の場合は、審査に落ちるケースが多くあります。最低でも1、2ヶ月は勤めてから審査を受けることをおすすめします。また勤続年数が長いほうが、信頼性が高くなるので審査に有利だと言えます。

ローンの返済履歴は一番重要な審査ポイント

一番重要な審査ポイントは、ローンの返済履歴です。他社から借り入れがある場合でも、しっかりと返済ができていればお金を借りることができます。しかし、長期的な滞納が見られる場合は審査に通りづらくなる傾向があります。また、過去5年間のクレジットカードの返済履歴も指定個人情報機関によって審査されます。

しかし、審査基準は銀行や貸金業者によって変わってくるので、過去に滞納があったからと言って必ずしも審査に通らなくなってしまうわけではありません。あくまで信頼性をみているので、その後しっかりと返済ができていれば審査に通過する可能性は十分にあります。ただし、銀行カードローンは、審査が厳しいので過去に滞納がある方は、消費者金融業者での借入をおすすめします。

職業 在籍確認が取れない職業は不利

しっかりと勤め先に在籍していることが確認できないとお金を借りることができません。例えば、イベントコンパニオン、風俗嬢、ホスト、キャバクラ嬢、日雇いの仕事をしている人でも勤め先にしっかりと在籍確認が取れればお金を借りることができますが、勤めていることが証明できなければ借入が難しいかもしれません。また在籍確認は、電話でおこなわれるので勤務先に人がいなければいけません。昼間にお店に人がいない場合は、夕方以降でも借り入れができる金融業者がおすすめです。

他業者からの借入金額

消費者金融業者は、3社以上の借り入れがあると、総量規制の規定を越えてしまう恐れがあるので借入できないケースが多くあります。複数業者から借入をしている場合は、年収の3分の1以上借入ができる銀行カードローンがおすすめです。

また、銀行カードローンでも即日融資は可能です。ただし、銀行によって借入できる時間帯が異なるので、申し込み時間には注意しましょう。

申し込み時間の詳しい詳細が知りたい人は、別ページを参考にしてみてください。

上記の条件を満たしていたほうが、審査に有利になります。またカードローンの場合は、保証人や担保は必要ありません。

保証人や担保はカードローンには必要ありません

カードローンの契約は、信用取引になるので保証人や担保は必要ありません。カードローンの契約に必要なのは、身分証明書と勤務先の情報です。また高額の借り入れの場合は、収入証明書が必要になってきます。銀行カードローンの場合は100~300万円を越える場合、消費者金融業者は他社業者との借入金額が100万円を越える場合に必要になります。