借入限度額は、審査によって決められます。また、返済能力があると判断されれば限度額の引き上げも可能となります。

こちら

どのくらいの条件で、どれだけ借入できるのか、年収や条件と借入限度額について参考にしてみてください。

銀行カードローンの借入限度額はいくらなの?

借入限度額を決める際に貸金業法で決められた総量規制という法律が前提です。銀行系のカードローンでは、総量規制対象外なので適応外なのですが、消費者金融は総量規制の対象のため、年収の3分の1までしか借りれないという法律があります。総量規制については別ページを参考にしてください。

では、総量規制対象外の銀行カードローンの限度額や、総量規制対象適応内での消費者金融の限度額について紹介します。たとえば、以下の条件の方は借入限度額 133万円という審査結果になりました。

例 A子さん(年齢 28歳)

税込年収 400万円
勤続年数 6年
雇用形態 正社員
他社からの借入額 0円
借入希望額 150万円
居住形態 持ち家あり(実家)

借入限度額 133万円

審査では、上の項目から順に重要視されています。申込記入欄に記入した情報と過去の返済履歴等の信用情報をもとに審査がおこなわれます。

上記の条件で、信用情報に問題がなければ、おおよそ年収の3分の1程度の借入が可能となります。ただし、住宅ローン、車のローン、借入金がしっかりと返済できていない場合や、クレジットヒストリーに問題がみられる場合は、借入額が大幅に減るか、もしくは融資を受けられないかもしれません。

借入限度額は、申込情報と借入先が加入している加入指定信用情報機関が管理している個人情報をもとに返済能力が調査されて決まります。

したがって、年収1,000万円以上あるからと言って高額な融資が受けられるわけではありません。もっとも重要なのは過去の返済履歴などの信用情報です。

こちら女

このように、当サイトが調査した結果、信用情報に問題がなければ、おおよそ年収の3分の1程が借入限度額になるケースが多いことが分りました。

借入限度額は増額できる?引き上げできる?

返済能力が認められれば、借入限度額が増額できる可能性は十分にあります。

借入限度額の増額の方法は、メールや電話で案内が来る場合もあれば、自分で引き上げを要求することもできます。

借入限度額の増額方法

  • メール、または電話で案内がくる
  • 引き上げの要求をする(再申込)

限度額の増額は、信販会社によって判断されます。一度も、滞納なくきちんと返済ができていれば、返済能力が認められて限度額の増額が可能となるケースが多いです。しかし、一度でも滞納がみられる場合は限度額の増額は厳しいでしょう。

借入限度額の引き上げはいつからできる?

借入限度額の引き上げは、新規契約から半年以上経過している「優良顧客」が対象となります。契約してすぐの引き上げ要求は、優良顧客かの判断が難しいので引き上げできない可能性が高いです。

銀行は、お金を貸して発生した利子で利益を得ています。きちんと返済してくれて、なおかつ何度も借入をおこなってくれる顧客は「優良」と判断されます。また、他社からの借入がないことも判断材料の一つです。これらのプロセスをクリアできていれば、優良顧客と判断されて銀行側から限度額引き上げの提示がきます。また、契約直後の引き上げの要求も通る場合もありますが、そこまで高額な増額が望めないと思うので、しばらく経ってから申立をするのが良いでしょう。

長期間利用していないと限度額が減らされる?

長期間利用がない場合でも限度額は減らされません。以前、利用していた限度額と同じ融資額まで借り入れが可能となります。

ただし、利用状況によっては減額されている場合があります。カードローン会社は定期的に利用状況をチェックしています。返済に滞納がみられた場合や、他社からの借り入れ状況なども把握されています。これらの利用状況に「問題あり」と判断された場合、限度額が減少されることもあります。

基本的には、長期間利用がない場合でも限度額は減らされませんが、過去の利用状況に問題があった場合は利用停止、または限度額の減少がおこなわれているかもしれません。

利用状況に心当たりがある方は、再度、利用する前に限度額を確認すると良いでしょう。

銀行カードローンの最低限度額と借入限度額

銀行名 借入限度額
新生銀行レイク 最高1~500万円まで
オリックス銀行 最高800万円まで
みずほ銀行 最高10~1000万円まで
東京三菱UFJ銀行 最高10~500万円まで
三井住友銀行 最高10~800万円まで
楽天銀行 最高10~500万円まで
東京スター銀行 最高10~500万円まで
イオン銀行BIG 最高10~800万円まで
ソニー銀行 最高10~800万円まで

借入限度額は、銀行によって変わってきます。みずほ銀行が最高の1,000万円までの借入が可能となりますが、返済能力があることが前提となります。

また、銀行の最低限度額は10万円以上になるケースが多いです。10万円を下回る借入を銀行カードローンでしたいのであれば「オリックス銀行」または「レイク」で借入しましょう。

ただし、専業主婦の場合はオリックス銀行で借入ができないので、10万円を下回る借入を希望する場合はレイクでの借り入れとなります。