借金があっても借りたい!他社で借りててもお金借りる

すでに借金がある状態でも、新たに借入したいと考える人は意外と多いものです。

結論から言うと、一度も滞納することなくカードローンを利用しているのであれば、他社から融資が受けられる可能性は十分にあります。

その借入が4社目であろうと、5社目であろうと借り入れに成功している事例は多くありますし、実際に管理人も4社からキャッシングをしていた過去があります。

成功事例があるとはいえ、カードローン選びに失敗すると審査に通過せずに融資が受けられない状態に陥ってしまいますので、カードローン会社は正しく選ぶことが大切です。

慎重にカードローンを選び、どうか他社からの借入を成功させて、現状の苦しい状況を打破してください。

すでに借金があるなら銀行カードローンでの借入は諦めるべき

カードローンのキャッシュカード写真

低金利という理由から、多くの人が選択するであろうカードローンが銀行になります。

しかし銀行のカードローンは、現在、厳格化審査の姿勢にありますので、すでに2社も3社も借入がある人に対しては絶対にお金を貸しません。

新たに借入したいのであれば、銀行という選択肢は捨てる必要があります。

借入したことがない消費者金融でキャッシングが鉄則

銀行カードローンが貸付に対してより厳しさを増す一方で、消費者金融は審査の通過率がだんだん右肩上がりになっており、とくに新規顧客に対しての貸付に積極的な姿勢にあります。

そのため新たに借入するなら、一度も借入したことがない消費者金融でキャッシングするのがベストです。

「でも、それって総量規制に引っかからないの」と思われるかもしれませんが、消費者金融でも総量規制の例外により、年収3分の1を超えるキャッシングが可能となります。

総量規制超えてもキャッシングできる消費者金融

すでに総量規制オーバーの状態にあっても、消費者金融でキャッシングサービスが受けられます。

とはいえ、すべての消費者金融で総量規制超えの融資に対応してもらえるのではなく、規制を超えても借入ができる消費者金融はごく一部と限られています。

総量規制内の借入であれば、どの消費者金融を選んでも構いませんが、総量規制を超える借り入れをするなら貸金業法に基づく例外貸付をおこなっているプロミスか、アイフルを選択しましょう。

ポイント女

総量規制超えのキャッシングするには、アイフルかプロミスを選択する必要があります。

プロミスなら総量規制超えのキャッシングが可能

プロミスのキャッシュカード写真

CMなどでもお馴染みのプロミスは、通常のキャッシングだけでなく、総量規制における年収3分の1を超える借入がある人でも、300万円までの融資に対応してもらえます。

プロミスの公式サイトからweb申し込みをすると、すぐにプロミスから確認の連絡があります。

この折り返しの電話がかかってきた際に「総量規制を超える融資を希望している」という旨を伝えると詳しい案内をしてもらえます。

アイフルなら総量規制超えの融資が受けられる

アイフルのキャッシュカード写真

東証一部上場企業のアイフルは、「かりかえMAX」というローンプランにより、年収3分の1を超えた借入金がある状態でも、キャッシングサービスが受けられます。

プロミスと同様に、web申込を済ませるとアイフルから確認の電話連絡がありますので、その際に年収3分の1を超える融資を受けたいという旨を伝えるといいでしょう。

そうするとアイフルから「かりかえMAX」についての詳しい案内をしてもらえますので、契約者がローンプランの内容に納得次第、審査へと移行していきます。

レイクなら無利息サービスで借入直後の返済負担が少ない

レイクのキャッシュカード写真

レイクは銀行系のカードローンであるものの、もともとは消費者金融だったため、銀行と消費者金融の良いところだけを兼ね備えているカードローンとなっています。

銀行でありながら融資に対してとても積極的な姿勢にあり、顧客に寄り添った対応をしてもらえます。

レイクなら「30日間無利息」「5万円まで180日間無利息」の選べる無利息サービスが利用でき、キャッシング直後の返済負担がとても少なくなるのが特徴的です。

モビットなら家族や会社にバレずにキャッシングできる

モビットのキャッシュカード写真

モビットは、アイフルやプロミスのように年収3分の1を超えるキャッシングに対応していませんが、在籍確認が勤務先への電話ではなく書類でおこなえたり、郵送物なしでキャッシングサービスが受けられるので、家族や会社にバレずにカードローンが利用できます。

4社からのキャッシングに成功した【管理人の体験談】

4社のキャッシングに成功 管理人の体験談

管理人は、上述で紹介しているアイフル、プロミス、レイク、モビットの4社でキャッシングサービスを受けたことがあります。

もうすでに完済していますが、はじめはレイクで100万、その次にモビットとプロミス、最終的にはアイフルでそれぞれ50万ずつのキャッシングをして、当時の借入合計額は250万円でした。

管理人の場合は、レイク以後は欲しいものを購入するために借入していたのではなく、すべて返済に充てるためのものでした。

もちろんレイクで、毎月きちんと返済をしていたのですが、最少返済額だけの返済ではほとんど元金が減っておらず、そのことに気づいた時にはすでに返済が苦しい状態、いわゆる多重債務の状態にありました。

借入当初は、返済を続けていけば借金が減ってそのうち完済できると思い込んでおり、まさか自分が多重債務者になるとは思いもしませんでした。

4社の借入はできる!その際に返済計画の見直しを図ることが大切

管理人が身を持って経験しているので、滞納することなくカードローンの返済ができているのであれば、恐らく4社からの借入はできると言えます。

しかし、借入できるかどうかも大切ですが、その目的が何で、今後どのように返済してくべきなのかも同時に考えていく必要があります。

借入目的が、私欲の為のなのか、生活の為なのか、あるいは借金返済の為の借入なのか。

あなたが、これから新たに借入する理由が借金返済のためなら、返済計画の見直しを図ることをおすすめします。

返済計画の見直しならアイフルで相談を

アイフルでは、通常のキャッシングサービスだけでなく、返済負担を減らしたローンプランの提案をしてもらえます。

具体的にいうと、アイフルは「かりかえMAX」で現在の金利よりも、低金利で借入できるローンプランを提案してもらえるのです。

管理人も2社目の借入の時点で、アイフルに相談していれば4社から借入することなく、もっと早く完済できていたのではないかと後悔しています。

無計画な借入はじわじわと後の生活を苦しめてしまいますので、少し面倒かもしれませんがこれを機にローンプランの見直しを図ってはいかがでしょうか。

アイフルのwebに「借金返済のためにローンを組みたい」という旨を伝えると、親身に相談に乗ってもらえるだけでなく、最適な完済プランが提案されます。

すでにある借入金をアイフルが立て替えてくれて、アイフル1社への返済で済みますので、返済がラクになり確実に借入金が減っていきます。

アイフルの申し込みはこちら