「専業主婦は収入がないからカードローンが利用できないの?」
そんなことはありません。専業主婦も職業として認められるので、カードローンでお金を借りることができます。

専業主婦で借入するなら銀行カードローンを利用しましょう。ただし、中には専業主婦への貸付けをおこなっていない銀行カードローンもあるので申込の際に注意してください。

総量規制対象外とは?

総量規制とは、借り過ぎ・貸し過ぎを防ぐために設けられた規制です。具体的には、貸金業者からの借入残高が年収の3分の1を超える場合は、新規の貸付けをしてはならないという内容になります。

専業主婦は、総量規制の対象になる貸金業者(消費者金融業者)では、年収の3分の1以上の貸付が禁止されているため、キャッシングサービスを受けることができません。

しかし、銀行カードローンであれば総量規制の対象から外れるため、年収の3分の1以上の貸付がおこなえます。専業主婦でお金を借りるなら、銀行カードローンを利用しましょう。

専業主婦が借りれる総量規制の図

ポイント女

このように銀行カードローンなら年収の3分の1を超える借入が可能なので、収入のない専業主婦の人でも利用することができます。ただし、配偶者に継続的な収入があることが条件となります。

総量規制対象外で専業主婦が利用できる銀行カードローン

総量規制対象外の銀行カードローンなら、専業主婦の人でも利用ができますが、中には専業主婦への貸付けをおこなっていない金融機関もあります。申し込みの際に注意しましょう。

専業主婦でも利用可能な銀行カードローンと限度額

下記の銀行カードローンであれば専業主婦の人でも利用することができます。

ただし、どうしても普通に働いている人よりも返済能力が低いと判断されてしまうので、借入できる限度額が1〜50万円に限定されるケースが多いです。専業主婦がカードローン会社を選ぶときは、限度額を把握しておくことが大切です。

みずほ銀行カードローン 限度額30万円
新生銀行レイク 限度額50万円
三菱東京UFJ銀行カードローン 限度額30万円
ソニー銀行カードローン 限度額10万円
楽天銀行スターカードローン 限度額50万円
イオン銀行BIGカードローン 限度額50万円
セブン銀行カードローン 限度額50万円

この中でも、とくに専業主婦に人気の高い銀行カードローンは、みずほ銀行カードローンです。みずほ銀行カードローンは、女性専用のレディースローンがあるうえ、プライバシーへの配慮が徹底されているので家族に借入がばれてしまう心配もありません。また、レティースローンを利用している人限定で、住宅ローンに関する説明会などを定期的に開催しています。

専業主婦向けの嬉しい特典があるので、借入するならみずほ銀行カードローンをおすすめします。

専業主婦が利用不可能な銀行カードローン
  • りそな銀行カードローン

最近では、専業主婦への貸付をおこなっている銀行カードローンがほとんどですが、りそな銀行カードローンでは専業主婦への貸付をおこなっていません。申込をおこなわないように気をつけて下さい。

専業主婦で借入する場合は旦那の同意書が必要?

銀行カードローンは、配偶者の同意書不要で借入がおこなえるうえ、契約者の情報は個人情報保護法により第三者に情報が提供されることはありません。つまり、旦那さんに契約に関する情報が知られてしまう心配もないので安心です。

先ほど専業主婦は消費者金融業者では借入がおこなえないといいましたが、旦那さんの同意書があれば借入できる配偶者貸付という制度があります。

専業主婦/主夫は、総量規制の例外として、配偶者と合算して、(二人分の)借入れが(二人分の)年収の3分の1まで借入れを行うことができます。ただし、そのためには、配偶者の「同意書」、配偶者との婚姻関係を示す書類(住民票又は戸籍抄本。事実上の婚姻関係の場合、住民票(続柄に、「夫(未届)」、「妻(未届)」など、未届の配偶者である旨の記載があるもの))、(一定金額以上の場合)配偶者の年収を証明する書類を提出する必要があります。

ストップ

旦那さんの同意書があれば、専業主婦でも貸金業者で借入ができます。しかし、ほとんどの金融業者で専業主婦(配偶者)への貸付けをおこなっていません。

配偶者貸付けは、書類提出や確認作業によって事務作業が悪化したため、取り扱っていない金融機関が多くあります。また、配偶者の同意書が必要になるため旦那さんに借入することが知られてしまうことから、配偶者貸付けの利用をネックに思う専業主婦がほとんどでした。

このように、「利用する人が少ないこと」「利益があまり見込めないこと」から、現在では配偶者貸付けをおこなっている金融業者はほとんどありません。やはり専業主婦は、銀行カードローンを利用するのが良いといえますね。

カードローンの利用は怖くないのか?

はじめてキャッシングを利用する人で「お金を借りるのって怖い」とイメージされる方がとても多いのですが、カードローンの利用は、クレジットカードを利用する感覚とそこまで違いがありません。

クレジットカードは、毎月しっかりと利用した額を支払っていれば手数料が発生しません。しかし、リボ払いで支払いをした場合、手数用が発生します。

銀行カードローンも同様で、お金を借りたレンタル料として利息手数料が発生します。クレジットカードのリボ払いの場合「平均金利が15.0%」となります。また銀行カードローンも「平均金利が15.0%」と、なるので金利に大きなちがいがありません。

つまり、銀行カードローンを利用するのも、クレジットカードを利用するのもそこまで違いがないと言えるでしょう。

銀行カードローンとクレジットカードの相違点と言えば、「ポイントの有無」くらいだと思います。クレジットカードを利用した場合、ポイントが加算されて商品や現金化ができますが、カードローンの場合はポイント制度がありません。

その他にクレジットカードとカードローンに相違点はありません。

よく、返済が遅れると「ヤクザみたいな人が家におしかけてこないか?」と不安に思う方もいますが、それはヤミ金からの借り入れのみとなります。

金融業を営むものは、内閣府の管理下に置かれるため業者登録をする必要があります。

しかし、闇金は業者登録をおこなっていないので「貸金業法」や「銀行法」の法律を犯して貸金業務をおこなっているのです。ヤミ金は、法律が通用する相手ではないので、取り立てのために自宅に押しかけてくることがあるかもしれません。

しっかりと業者登録がおこなわれている貸金業者や銀行でしたら「取り立て禁止法」によって取り立て行為が一切禁止されているので安心です。

たとえば、「クレジットカードを滞納してヤクザが家におしかけてきた」という話を聞いたことがないですよね。滞納が遅れた場合でも、はがきが一通自宅に届くくらいです。

また、クレジットカード会社は消費者金融業者と同じ貸金業者にあたるので、同じ法律のもとで金融業務をおこなっています。つまり、消費者金融業者での借入もクレジットカード会社の利用も違いはないのです。

このように、しっかりと法律によって守られているのでカードローン会社の利用であれば安心だと言えるでしょう。